子供の夏風邪 種類と予防法とは?

Sponsored by Google

夏風邪というのはその名の通り
夏にひく風邪の事を言います。

風邪

なんとなく、季節が夏で暖かいという事もあり、
それほどひどくならないのではないかと、
夏風邪を甘く見ている方も多いと思います。

しかし、特に子供がかかりやすい特有の夏風邪の場合、
ただの夏風邪では片づけられないものがいくつかあります。

インフルエンザ等と同じようにかかったら
しばらく幼稚園や学校に行けないものもあるのです。

症状も、高熱が出たり、食べ物がたべられないほど喉が痛くなったり
体中に水ぶくれが出来たりと結構辛い症状が出てしまいます。

せっかくの楽しい夏をそんな辛い夏風邪で
台無しにしたくないですよね。

そこで、毎年夏に流行る子供特有の夏風邪をいくつか紹介しますので
しっかり予防して夏風邪対策してあげましょう。

 

子供がかかりやすい夏風邪

特に子供が感染しやすいと言われている夏風邪。
以下のような症状が現れたらすぐに病院に連れて行ってあげてください。

 

 咽頭結膜熱(プール熱)

「アデノウイルス」というウイルスに感染することで起こります。
そのためこの病気を「アデノ」と呼ぶお医者さんもいます。

聞いたことありませんか?

これは感染すると症状が無くなってから
2日間は学校などに行ってはいけないと定められています。

主な症状は喉の痛み、発熱、そして結膜炎です。
但し、結膜炎に関しては症状が現れない人もいるようです。

 

 へルパンギーナ

「コクサッキーウイルス」をはじめとする
いくつかのウイルスが原因となります。
主な症状は喉の痛み、喉の奥に水疱ができる事、
そして38℃以上の高熱です。

特に熱は40℃を超えるような
高熱になる事もあるため注意が必要です。

 

 手足口病

手足口病もへルパンギーナと同じ「コクサッキーウイルス」
「エンテロウイルス」が主な原因です。
そのため症状もへルパンギーナに少々似た点があります。

それは喉に水疱ができる点です。
但し、手足口病の場合、口内だけではなく、
手や足にも水疱や発疹が出来ます。

時には手・足・口以外の部位(背中など)に
発疹が出来る事もあるようです。

熱は出るケースと出ないケースがあります。
喉の痛みはへルパンギーナよりは軽いケースが多いようです。

【参考】幼児の手足口病感染 予防法とは?

 

上記が子供がかかりやすい夏風邪の代表的な3つです。
いずれもウイルスが原因であるため、抗生物質は効きません。

ですから、病院に行ってもお薬を出されずそのまま帰されるか、
喉の痛みがひどい場合は鎮痛剤、熱がひどい場合は解熱剤など、
症状を和らげるお薬しか出してもらえません。

病気を根治するお薬は無いのですが、
いずれも自然に1週間程度で治ります。

 

病気別の夏風邪予防法

では上記の各病気別に予防法を紹介したいと思います。
しっかり覚えて予防してあげてください。

 

 咽頭結膜熱(プール熱)

飛沫感染、接触感染、プールに入る事でも感染します。

ですから、手洗いうがいはもちろんの事、
家族やお友達同士でバスタオル等を共用しない事も重要になります。

プールから上がった時にはなるべく早くシャワーを浴び、
よく目を洗う事を徹底してください。

 

 へルパンギーナ

飛沫感染、接触感染が主な感染の原因となりますので、
手洗いうがいの徹底、食器やタオルなどの共用を避ける事が重要です。

 

 手足口病

へルパンギーナと同じく飛沫、接触により主に感染するため、
手洗いうがい、食器やタオルを共用しない事が基本です。

 

また、①~③いずれの病気の場合も
病気が治癒したのちもしばらくの間、
便の中にウイルスが出てきます。

ですから、用便後にしっかりと手洗いをさせるようにしないと
他の人に感染を広げる原因になるので注意しましょう。

また、患者のお子さんがまだ小さく、オムツをしている場合は
オムツの処理をする親御さんも手洗いは徹底してください。

 

まとめ

夏はインフルエンザの流行もない季節ですから、
皆さん少々風邪予防に油断しがちですよね。

しかし、夏風邪は感染力が強く、
毎年何かしらが流行します。

せっかくの夏休み、楽しいレジャーが中止になったりしないように
しっかり夏風邪対策したいですね。

また、咽頭結膜熱はプールでうつる事が多いですから、
お子さんがプールに行った日にはシャワーを早く浴びる事と、
目をしっかり洗う事を忘れないでください。

Sponsored by Google

コメントを残す