乳糖不耐症って何?赤ちゃんの治療法は?

Sponsored by Google

赤ちゃんはしばしば下痢をしてしまうことがあります。
しかし、下痢が長引いてしまうと心配になりますよね。

赤ちゃん

下痢をしていても、まだおっぱいを飲んでいる赤ちゃんであれば、
「おっぱいを飲んでいれば脱水にはならないから大丈夫…」
と少し安心できますが、実はそうでもありません。

実は母乳やミルクをあげることが下痢を長引かせている原因だった
という事もあるのです。

それが「乳糖不耐症」という物です。
ご存じですか?

大人でも乳糖不耐症になる事はありますが、
乳児が乳糖不耐症になるとより厄介だったりします。

乳糖不耐症とは一体どのような病気で
どのように治療したらよいのでしょうか?

赤ちゃんのいるお母さんはしっかりと覚えておきましょうね。

 

乳糖不耐症って何?

乳糖不耐症というのは、簡単に言うと、
牛乳やミルクなどを分解する酵素が不足してしまっているために
牛乳やミルク、母乳をうまく消化できなくなってしまう状態の事
を言います。

酵素

うまく消化することが出来ない為に
乳製品や母乳、ミルクを口にすると下痢をしてしまうというわけです。

これは子供や赤ちゃん特有の症状というわけではなく、
大人でも起こります。

「牛乳を飲むとお腹がゴロゴロする」
という方、よくいますよね。
その多くは乳糖不耐症であると考えられます。

 

この乳糖不耐症には、生まれつきのケース
胃腸炎などを起こして下痢をした際に乳糖を消化する酵素が無くなってしまい、
そのために起こる後天的なケースとがあります。

先天的なものはまれで、殆どの場合は
胃腸炎などの後に起こる後天的なものだそうです。

ですから、下痢をしてお医者さんに行って治療を受けたのに
なかなか下痢が治らないという場合、そもそもの下痢から
そのまま乳糖不耐症が原因の下痢に移行している可能性もありますので
注意が必要です。

 

赤ちゃんが乳糖不耐症になってしまった場合の治療法

乳糖不耐症はミルクや母乳にも含まれる「乳糖」を分解する酵素が無いために、
ミルクや母乳を飲んでも消化できないために起こります。

そのため、卒乳済の子供や大人であれば、
しばらく乳製品を摂取しなければ自然に治ってしまいます。

 

しかし、まだおっぱいやミルクを飲んでいる赤ちゃんには致命的です。

まだ卒乳していない赤ちゃんが乳糖不耐症になってしまった場合は
どのように治療するのでしょうか?

まず、まだ栄養の多くを母乳やミルクから得ている赤ちゃんの場合は
乳糖を含まない特殊なミルクに切り替えるか、
乳糖を分解する酵素をミルクに混ぜて服用するかという事になります。

これは医師の指導の下で行い、体重の減少などが見られないか
しっかり確認しながら進めていく必要があります。

 

それから、ある程度離乳食が進み、
多少ミルクや母乳を飲まなくても問題なさそうな赤ちゃんの場合、
しばらくの間ミルクや母乳をやめてみます。

これもお母さんが自己判断でミルクや母乳をストップするのは
止めた方が良いと思います。

 

また、注意しなくてはいけないのは、母乳育児のお母さんで、
乳糖を含まない特殊ミルクに切り替えた場合です。

後天的な乳糖不耐症は一時的な物なので、
しばらくすれば治ります。

特殊ミルクに切り替えている間も、定期的に母乳は絞るなどしておかないと、
乳糖不耐症が治った後に母乳に戻そうとしたときに
母乳が出なくなってしまうという事もあり得ますので、
おっぱいのお手入れを忘れないようにしましょう。

 

まとめ

乳糖不耐症自体は先天性でない限り、
それほど怖いものではありません。

しかし、赤ちゃんにとっては一時的とは言っても
大好きなおっぱいやミルクを飲めなくなってしまうのですから大変です。

赤ちゃんが下痢をして、治療をしても長引く場合、
乳糖不耐症の可能性がありますので、もう一度病院に行ってみましょう。

乳製品を止めると治るからと言って、
自己判断でミルクや母乳をストップすることはしないでください。

Sponsored by Google

コメントを残す