幼稚園の夏休みがちょっと憂鬱?子供との過ごし方とは?

Sponsored by Google

子供が幼稚園に通い始めると、
お母さんはグッと自分の時間が増えますよね。

子供

子供が幼稚園に行っている間の短い時間であっても
自由な時間が少しでもあれば
「子育てが楽になったな~」
と感じられる事と思います。

そんな自由な時間を満喫していたお母さんの中には
夏休みが近づいてくると、ちょっと憂鬱に感じる方もいらっしゃると思います。

せっかくできたほんのひと時の自由時間が、
またなくなる日々が戻ってくるのです。

正直言いますと、私も夏休みや冬休み、
多少面倒に感じてしまう事があります。

うちの子は活発ですから、毎日公園に連れていけ連れていけとうるさいですし、
夏休みの思い出づくりのためにお出かけの計画を立てたり、
給食もありませんからお昼後も毎日作らなくてはいけません…
1ヶ月も家に居られると、遊ぶネタも尽きてきます。

そんなお母さんにとってはちょっと大変な夏休み、
憂鬱にならずに楽しく子供と過ごす方法、ちょっと考えてみませんか?

 

お父さんがいない日でも子供を気軽に連れていけるお出かけスポット

夏休み中でもお父さんがお仕事お休みの日は、
家族全員でお出かけするなど予定があって
それほどすることに困らないというご家庭が多いと思います。

または、優しいお父さんがお子さんを連れ出して
お出かけしてくれるというお家もあるでしょう。

しかし、残念ながら殆どのご家庭では
お父さんが家にいるのはせいぜい週に2日です。

我が家のように週に1日しか休みがない家庭も結構あるでしょう。
つまり、夏休みの殆どをお母さんと子供たちだけで過ごすことになるのです。

毎日近所の公園ばかりで飽きてしまったというお母さん
多いと思います。

では、お母さんだけでも気軽に子供を連れて行けて、
子供たちも楽しめるスポットにはどんな所があるでしょうか?

 

 ショッピングセンター

デパート

お買い物もかねて、スーパーではなく、
少し大きなショッピングセンターに行ってみましょう。

たいていキッズスペースがありますよね。
そこである程度の時間遊んでもらうのも良いと思います。

幼稚園くらいになると、子供同士で遊ぶ遊び方を覚えていますし、
子供同士で遊ぶ方が楽しいと感じる子供も多いはずです。

小さい子に怪我などさせないよう監督しながら、
涼しいショッピングセンターで少しは時間をつぶせると思います。

 

 子育てサロン

サロン2

夏休み中はお休みする子育てサロンもありますが、
常設の子育てサロンであれば夏休み中もやっています。

私は雨の日など、よく幼稚園の娘も連れて子育てサロンに行きます。
私の地域のサロンでは、夏祭りなどもやってくれて
とても楽しむことが出来ます。

 

 乗り物

電車

目的が無くても、特に男の子なら電車や地下鉄に乗るだけで
テンションが上がったりしますよね。

隣町まで電車で行って戻ってくるだけでも十分喜んでもらえます。
私は同時に公共の乗り物に乗る時のマナーも教えました。

 

このあたりが、お金もかからず
気軽にお出かけ出来る所かなと思います。

特に子育てサロンや児童館のような場所に行くと、
地域で行う夏祭りなど子供向けのイベントのパンフレットなどが
沢山置いてありますので、今後お出かけする場所の
情報収集もすることが出来ます。

ですから夏休みの始めの方で
一度行っておくことをおススメします。

 

お家で過ごす日に退屈しない対策とは?

気軽にお出かけ出来る場所があるとはいえ、
さすがに毎日お出かけするのは疲れてしまいます。

それに無理に毎日お出かけする必要はありませんよね。
お家で過ごしても夏休みの思い出を作る事はできます。

子供と家にいるとどうしても退屈しがちという方は以下のような事を
試してみてはいかがでしょうか?

 

 一緒にお料理をする

料理

料理と言っても包丁を持たせる必要はありません。

私は子供におにぎりを作らせたり、
ピザを焼いてトッピングを自分でさせるなどよくしています。

料理を楽しくすることで、
食べ物を残さないようになったというお子さんも結構います。

 

 工作

工作

牛乳パックやラップの芯、食品トレーなど
身近な物で作れるおもちゃを一緒に作ってみてください。

一緒に作品作りで良い経験が出来ますし、
出来上がったおもちゃで飽きるまではしばらく
遊んでくれるでしょう。

【参考】幼稚園が春休み子供との過ごし方は?

 

まとめ

子供たちにとっては楽しい夏休み、
でも親にとってはちょっぴり大変な事もありますよね。

毎日毎日お家で一緒…
正直もうすることが無い…

それでも良いと思います。

子供達はお母さんと一緒に居られるだけで嬉しいものです。

近所や家の中でも十分楽しむことはできます。
ほんのちょっとした工夫でも子供にとっては
スペシャルな思い出になるのです。

自転車の練習に付き合ってあげたり、
お家のお手伝いをしてもらったりするなどして、
何か一つ出来るようなるにしてあげるのも素晴らしい事かなと思います。

Sponsored by Google

コメントを残す