幼稚園の先生を怖がる?子供が幼稚園の先生と合わない場合の対処法は?

Sponsored by Google

楽しいはずの幼稚園ですが、
子供が幼稚園に行きたがらないということはよくある事です。

子供

幼稚園に入りたてのお子さんでしたら、
お母さんと離れたくないという理由で泣いてしまう事もあるでしょう。

しかし、お子さんが幼稚園に行きたがらない理由は
それだけではありません。

「幼稚園の先生が怖い」
という理由も結構あるあるです。

幼稚園の先生と親御さんが合わずにトラブルになるという話はよく聞きますが、
通っているお子さん自身が先生と合わないという事もあるのです。

幼稚園の先生も人間で、一人一人性格が違いますから、
合う合わないがあるのは当然かもしれません。

大人であれば「合わない人ともうまい事やっていく」
ある程度その術も知っていますが、
幼稚園児にはそれは難しすぎますよね。

もしお子さんが幼稚園の先生と合わない場合
親はどのように対処してあげたら良いでしょうか?

一緒に考えてみましょう。

 

子供が幼稚園の先生を怖がる理由

「先生が怖くて幼稚園に行きたくない」
と子供が言い出す時、いくつかのパターンに分かれると思います。

すぐに理由がわかるパターンは主に以下の2つがあると思います。

どちらかに当てはまる場合は、
その理由に応じて対処してあげましょう。

 

 今まであまり人に怒られたことがないのでびっくりしている

最近は育児本などで「叱らないで育てる」事をテーマにしたものも多く、
いわゆる「がみがみうるさい親」はかなり少なくなっていると思います。

中には本当に子供に対して全く叱ったり怒ったりせず、
注意するときの口調もかなり優しい口調の方がいますよね。

そのようなお母さんに育てられたお子さんの場合、
はっきりと叱るタイプの先生を怖がってしまう事もあるでしょう。

先生は厳しい言い方をするかもしれないけれど、
あなたの事を思って言っているという事をしっかりと伝えてあげましょう。

 

 家では良しとされてきたことで叱られてどうしたら良いかわからない

お家の教育方針と幼稚園の教育方針が
全てにおいて100%合致している事は少ないと思います。

また、お家とは違い、幼稚園は集団生活だからこそ
NGとなってしまう事もあるはずです。
小さなお子さんにはまだそのあたりの事情は理解できません。

ですから、家でいつもこうしているのに…
と困惑してしまい、普段通りに生活していたらまた叱られるのではないか
とビクビクしてしまうお子さんもいます。

これに関しては、まずは園の指導方針
親がしっかり理解することが必要です。

また、「このようなケースではこのように指導する」等という事を
先生とよく意思疎通を図りましょう。

そして家とは違う部分については、
その都度お子さんに説明をするしかないでしょう。

【参考】幼稚園に行きたくない!という子供 親の対処法は?

 

子供が幼稚園の先生と合わないと感じた時の対処法

では、理由がよくわからず、ともかく子供が先生を怖がり、
合わない様子の場合はどのように対処したら良いでしょうか?

子供

今後のお子さんの幼稚園生活の事も考え、
園とトラブルにならないように対処したいですよね。

まずは率直に先生に相談してみるのがやはり一番だと思います。

その時
「子供が先生の事を怖いと言っているのですが、
うちの子にどんな叱り方しているのですか?」
なんてストレートすぎる言い方は避けましょう。

「子供が幼稚園から帰ってくると、どうも元気が無くて…
何か幼稚園でうまくいかないことがあるようなのですが、
話してくれないのでわかりません。
先生何かお気づきの事があったら教えて頂けませんか?」

というような言い方だとトラブルにはなりにくいです。

先生も厳しく叱った記憶があれば
「実はこんなことがあって…」
と話してくれると思います。

察しの良い先生であれば
「私が怒りすぎたのかしら…」と言ってくれる場合もあるでしょう。

もし先生がお子さんを叱る理由がこれで分かれば、
お子さんにも
「こういう事をすると幼稚園では叱られるんだよ」
という事をしっかり伝えてあげると良いですね。

 

あとは、最悪ですが、
厳しい指導、しっかりとしたしつけとは言いがたい先生も
いないとは言えません。

怒る

つまり、虐待とまではいかなくとも、
先生側に本当に問題があるケースです。

万一そういう先生だとしたら
相談したとしても自分に都合の悪い事は言いませんから、
真実を知る事はできません。

その場合、面倒に思う方も多いと思いますが、
同じクラスの子のお母さん同士、ある程度情報を共有すると良いと思います。

何もママ友になってベタベタする必要は無いのです。
幼稚園の送り迎えで会った時、参観日で会った時など、
「うちの子が先生の事怖いっていう事があるんだけど、
他の子は先生とうまくやれているのかな?」

とちょっと話を聞いてみると良いと思います。

本当に問題のある先生であれば
「うちの子も怖がっている」
とか、こういう怒り方をするらしいなどという話が出てくるはずです。

もし本当に先生に問題がありそうなのであれば、
園長先生などに報告するなどの対処をすることになるでしょう。

 

まとめ

幼稚園での出来事は基本、親には見えません。

ですから「先生がすごく怖い…」
と子供が泣きながら帰ってきたら
「うちの子に何したの?!!」と不快になるお母さんも多いと思います。

しかし、そこは一旦冷静になって、
なぜ叱られたのか、何が怖いのか考えてあげ、
それに応じた対処をしてあげましょう。

中には幼稚園でも、厳しい先生もいます。

子供に泣かれると親はどうしても弱いですから
「担任を変えてほしい」なんて思ってしまう方もいるかもしれませんね。

先生が虐待まがいの事をしているのであれば別ですが、
そうでないのなら、少し厳しい先生にお任せするのも私はおススメです。

最初は泣くことも多いと思いますが、それを乗り越えて卒園する頃には
お子さんは見違えるようにたくましくなるはずです。

お母さんは先生に都度相談するなどして連携を取りながら、
お子さんを上手に励ましてあげられたら一番かなと思います。

Sponsored by Google

コメントを残す