子供のヘルパンギーナ初期症状とは?【治療法とは?】

Sponsored by Google

毎年夏になると猛威を振るうヘルパンギーナ
ヘルパンギーナは夏風邪の代表と言っても良いほど、毎年大流行しますよね。

風邪

子供が夏風邪をひいたときにまず疑われるのがヘルパンギーナです。
ヘルパンギーナの初期症状と治療法についてお話しします。

 

ヘルパンギーナってどんな病気?初期症状は?

ヘルパンギーナとは、特に夏場に流行する急性咽頭炎です。

のど

原因となるウイルスは
主にコクサッキーウイルスとエンテロウイルスによるものが多く、
2-4日の潜伏期間ののちに発症します。

症状としては、39度前後の高熱が突然出て、
のどの奥に水泡が出てきます。

口の中にできた水泡がつぶれると、食べ物や唾を飲み込むときに
激痛を伴うことが多いため、食欲不振や脱水症状を
起こしてしまうことがあります。

また、ヘルパンギーナによる発熱で
熱性けいれんをおこすこともあるようです。

高熱や痛みなどの症状が強いものの、
重症化することは少ないようです。

 

ヘルパンギーナの初期症状はのどの奥の痛みから始まります。
初めはのどが赤くはれ、そのあと赤い発疹が現れ
症状が進むと水泡が現れ、いずれつぶれます。

水泡がつぶれると口内に強い痛みを感じるようになるので、
この時期が子供にとっては一番つらい時期かもしれません。

口内炎と高熱だけという症状が出た場合には
ヘルパンギーナの可能性が高いと言えます。

また、同じように口の中に水泡が出る病気で手足口病がありますが、
手足口病は手足に発疹が現れたり、口腔内でも
舌や歯茎などに水泡が現れるという特徴があるので、
すぐに見分けがつくようです。

【参考】幼児の手足口病感染 予防法とは?
【参考】手足口病の感染予防法 自宅でできる注意点とは?

 

ヘルパンギーナの治療法

ヘルパンギーナの治療は基本的には
対処療法だけで回復することがほとんどです。

ヘルパンギーナには有効なワクチンや特効薬はないので、
しっかりと水分と栄養を摂ることが回復への近道です。

水分

特に治療をしなくても、数日で熱も下がり
1週間ほどで症状も軽快するようです。

ヘルパンギーナに限ったことではありませんが、
風邪をひいたときにはとにかく水分を摂るということが重要になってきます。

しかしヘルパンギーナはのどの痛みを強く感じることが多いため、
脱水症状を併発した場合には点滴などが必要になってきます。

小さな子供はのどに痛みを感じると、
水分や食事を摂らなくなってしまうことがあるので、
重湯やゼリーなど、栄養と水分を一緒に摂取できるものを与えてあげると
良いかもしれません。

 

ヘルパンギーナ 大人も発症する?

基本的には乳幼児に感染することが多い病気ですが、
ヘルパンギーナの原因となるウイルスは数種類存在するので、
大人に発症することもあります。

症状は子供よりも強く出ることが多く、
38度以上の高熱とのどや全身の痛みなど
インフルエンザに似た症状が出ることがあるようです。

ウイルスに感染した子供から親へと感染するというケースがほとんどです。

ウイルスに感染した子供のお世話をする際にも、
食器や箸などを共有しない、うがい手洗いを徹底するなど
気をつけなくてはいけません。

ヘルパンギーナはとても感染しやすい感染症なので、
保育園幼稚園に通う子供がいる家庭では、
日頃の予防や対策を徹底したいものです。

 

まとめ

夏は夏バテなどから体力が落ち、免疫が低下していることが多いため、
ヘルパンギーナだけではなく、あらゆるウイルスに感染しやすく、
症状も重篤化することも多いようです。

いつもに比べ元気がない、熱などの症状が出ているときには、
早めに小児科を受診するようにしてくださいね。

Sponsored by Google

コメントを残す