子供が幼稚園プールを嫌がる場合の対応法は?

Sponsored by Google

猛暑が続く中、
幼稚園でもプールが始まります。

プール

子供たちは大喜びですよね。
でも中にはプールを嫌がる子もいます。

ママがどんなに説得しても、「入りたくない!」
酷い時には、「幼稚園いかない!」なんて言い出すことも。

これから小・中とプールの授業は続いていくものだし、
どうにかプールに慣れさせたいものです。
そこで子供が幼稚園プールを嫌がる場合の対応法について
お話ししたいと思います。

 

幼稚園プールを嫌がるのはなぜ?原因は?

基本的に子供って水遊びが大好きですよね。

プール2

よっぽど怖い思いをしたとかトラウマがない限りは
風邪をひいていようが、けがをしていようが
「プールに入りたい!」という子が大半だと思います。

それに幼稚園に入園するまでは、夏になればお家でプール遊びをしたり、
近所の公園でお水遊びをさせたりしていませんでしたか?

その時は楽しく遊んでいたのに、幼稚園プールだけを嫌がる…
なぜなのでしょう?

 

例えば、今まではママが一緒だったから水が怖くなかったけど、
ママがそばにいないために、水に対する恐怖心が出てきてしまったり、
ビニールプールは大丈夫でも、普通のプールに入るのが初めてで怖いという場合もあります。

または、お友達同士でプールに入るため、
大人数でプールに入ることに抵抗を感じてしまうということも考えられます。

そして子供たちが一斉にプールに入るので、
顔や頭に水がかかってしまうことはしょっちゅうですよね。

顔に水がかかることを嫌がる子は
幼稚園のプールを嫌がることがあります。

後はただ単純にプール遊びよりも他の遊びが好きだとか、
疲れていてその気になれないなど考えられる原因はたくさんあります。
でも、どんな理由にせよ、プール遊びを好きなってくれれば解決です(*^^*)

 

幼稚園プールを嫌がる場合の対応法

お家を出る前にいくら「いやだ」と言っていても、
プールを目の前にすれば楽しんでしまうという子がほとんどだと思います。

プール3

プールカードにプールの参加可能と親が書いてしまえば、
後は先生が何とかしてくれます。

でも、水が苦手、怖いという子に限っては
そう簡単にはいきませんよね。

こういう場合に無理に参加させてしまうと、
逆効果になったりすることもあります。

無理やりプールに入れられれば、楽しめるはずありませんもんね。
中にはそれが原因で登園拒否をするようになる子もいるようです。

気分ではなく、何か原因があって嫌がっている場合は、
問題を解決してしっかり納得させてあげることが大事ですよね。

 

お水が怖い、苦手という時にはお家でもお水に慣れることが出来るように、
お風呂に20cmほどお水をはって遊ばせてあげると良いですよ。

幼稚園のプールのお水はあっても膝くらいまでです。
同じような状況を作ってあげて、転んでも沈まないし、
おぼれないから怖くないということを、教えてあげると良いと思います。

基本的に子供って水遊び事態は大好きで、
転んでお水の中に潜ってしまったり、
足が立たないという状況が怖いだけなので、
怖くない状況で水遊びの楽しさを教えてあげることで、
ほとんどの子のお水嫌いが治ります。

 

しかしお水嫌いでない場合や、お水嫌いを克服できたとしても、
それでもプールを嫌がる子はいると思います。
そんな時は先生に任せてみても良いと思います。

プールカードに参加可能と書いても、
すごく嫌がるようであれば無理に入れることはないと思いますし、
先生と一緒にお友達のプールを見学しているうちに
プールに入りたいと思うようになるでしょう。

幼稚園生活3年間を通して、一度もプールに入らないという子は
いないと思いますよ(*^^*)

 

まとめ

初めての事や、初めての状況だと子供は
どうしても踏みとどまってしまうことが多いですよね。

特に年少さんのうちはプールを嫌がる子も多いようですが、
自然に「入りたい」という気持ちになるまで
ゆっくり見守ってあげても良いと思います。

Sponsored by Google

コメントを残す