子供のあせも 保湿ケアだけで治せるか?【非ステロイドで効果的な薬とは?】

Sponsored by Google

暑い季節になると、小さなお子さんのいるお宅は殆どの方が
あせもにお悩みになるかと思います。

あせも

我が家も同様で、上の子は大したことはないのですが、
下の0歳児の赤ん坊が…

あせも自体はひどくなかったのですが、
寝ている間に掻いてしまうんですよね…
傷になってしまい、そこが何とも痛そうになってしまっています。

うちの下の子のように、ひっかいてしまい、傷がつくと
そこから細菌が入り込んだりしますから、
2次的被害が広がる可能性もあります。

たかがあせもと言ってもしっかり対策してあげなくてはいけません。
皆さんは、お子さんにあせもが出来てしまったら、
どのように対処してあげていますか?

効果が高いと言われるお薬は
ステロイド系が多いですよね。

でも、ステロイドって…やっぱり副作用が怖くて
小さな子供に使うのは抵抗がある方が多いと思います。

そこで、非ステロイドでも
ある程度効果が期待できるものはもちろんありますので
ご紹介したいと思います。

また、あせもはお薬を塗るだけではなかなか良くならなかったり、
一時良くなってもまた繰り返してしまう事が多いものです。
お薬と一緒に注意すべきケアについてもお話したいと思います。

 

我が家の基本のあせも対策

お子さんにあせもが出てきてしまったら、
まずはそれ以上あせもがひどくならないように、
しっかりあせもの基本の対策を行ったうえで
お薬を塗るなど治療してあげましょう。

あせもの対処法の基礎の基礎、
一番大事なのは肌を清潔に保つこと
つまり、汗をこまめに拭いてあげる事です。

汗

しかし、タオルで拭いてあげても、
なかなか皮膚のべたつきまでは取れないですよね。
だからと言って1日に何度もお風呂に入れるのは大変すぎます。

濡れたタオルなどを使うのが一番でしょうが、
我が家はタオルを1日に何枚も洗濯するのが面倒なのと、
外出時にぬれタオルを持ち歩くのは大変という事もあり、
お尻拭きや手口拭きを使用していました。

これだと面倒がなく、さっと出して拭いて捨てるだけなので、
こまめに汗を拭くのが苦ではありません。
ともかく気になったらすぐに拭いていました。

 

それから、お昼寝後は
一度シャワーを浴びさせるようにしています。

睡眠中は寝汗びっしょりです。
石鹸で洗うまではせず、ただぬるいシャワーを浴びさせ、
手で軽くこすり、汗を洗い流してあげるだけで良いと思います。

たったこれだけの事なのですが、
我が家の子達はあせもはできてもそれほどひどくなりません。

上の子は、暑い季節になるとあせもが出る前から
上記の事をすることで、殆どあせもは出なくなりました。

 

意外?あせもには保湿ケアも大事

あせもが出来るとよく皮膚をふき取ってあげる必要がありますよね。

そこで、1点注意が必要になります。
それは何かというと、皮膚の乾燥です。

拭いてばかりいると肌が荒れ、余計あせもがひどくなったり
治りにくくなったりしてしまうのです。

ですから、あせもが出来てしまった時には
先に述べたように皮膚を清潔にし、
その後、保湿をしっかりしてみてください。
夏場ですから、あまりべたつかないローションなどが良いと思います。

程度の軽いあせもでしたら、
肌をよく洗うプラス保湿であせもが無くなる事もあるそうです。

 

非ステロイドであせもに効果のある市販薬

しっかり肌を清潔に保ち、保湿を行っても
多くの場合はなかなかあせもは治らないでしょう。
その場合は塗り薬などで対応した方が良いと思います。

放置してかきむしり傷などできたら
もっと大変な状態になってしまうからです。

ステロイドを含む薬には抵抗がある親御さんが多いと思いますので、
非ステロイドで、一般的に市販されているお薬をいくつかご紹介します。

 

 レスタミンコーワパウダークリーム

クリームですがベトつかず、使いやすいと思います。

 

 こどもムヒソフト

かゆみ止めで、保湿にも優れており、赤ちゃんも使えるのでおススメです。

 

 ピジョン 薬用ナップ

これは塗り薬ではありません。
消炎剤と保湿剤が配合された濡れティッシュです。

これであせもの気になる部分をよく拭いてあげると良いでしょう。

【参考】赤ちゃんのあせも予防 何をしたらよい?

 

まとめ

夏場はどうしても子供はあせもが出来やすいですよね。
子供は痒いと「ダメ」と言ってもどうしても掻いてしまいます。

赤ちゃんならなおさらですよね。

あせもをひっかいて最悪な状態になってしまう前に
しっかり対策をしてあげたいものです。

まずは汗をかきっぱなしにせず、頻繁に拭いてあげる事。

そして保湿を忘れずに、
ひどければお薬でなるべく早く治してあげましょうね。

Sponsored by Google

コメントを残す