一人っ子でもわがままと言われないように育てるには?【上手なしつけ方】

Sponsored by Google

一人っ子というと、悪い印象の事を言われてしまいがちなため、
心を痛めていたり、育て方に悩む親御さんも多いと思います。

子供

よく言われるのは「一人っ子はわがまま」ですよね。
私の周囲の一人っ子のお子さんの中には
目立ってわがままな子がいないので、
私個人は「一人っ子=わがまま」のような意見は信じていませんでした。

しかし、私も上の子を産み、下の子が出来るまでの間
つまり、上の子が一人っ子の間は何度か言われたことがあります。

下の子を妊娠し、上の子が赤ちゃん返りしてしまった時期などは、
まだ私の妊娠を知らない幼稚園の先生に
「一人っ子だから、泣けばお母さんがすぐに何とかしてくれるからなのかしら…
集団生活では当然そうはいかないので、自分の主張がいつも通るわけではない
という事も教えてあげなくてはいけませんね。」
なんて事を言われたりもしました。

子育てのプロであるはずの先生でさえも、
一人っ子=わがままを信じている方がいるんですよね。

しかし、一人っ子だからと言って
必ずしもわがままになるわけではありません。

ですが、実際に一人っ子=わがままと言われてしまうのには
やはり何かしらのわけがあるのでしょう。

兄弟姉妹がいない事によって
子育てする上でどのような注意が必要なのでしょうか?

一人っ子=わがままと言われないために
こういう部分に注意して育てると良いという点をまとめてみました。

 

一人っ子がよく持たれがちなマイナスイメージ

残念な事に、なぜか一人っ子だと
色々とマイナスの事を言われてしまう事があると思います。

特に言われるのが先にも述べた「わがまま」ですが、
実はそれ以外にも一人っ子という理由で
ちまたで言われている間違ったイメージはいくつかあります。

① 可哀想
② 競争心が無い
③ 空気が読めない
④ 甘えん坊

このあたりが一人っ子に対して
よく言われる「偏見」になります。

 

当然、これらの性格は一人っ子特有というわけではありません。

兄弟がいる人でもこのような性格の人はいますから、
「一人っ子だから●●よね~」
という言い方は良くありませんね。

このようなストレートな言い方でなくても、
暗にこれらの偏見をにおわすような言い方でも
一人っ子の親は傷つきます。

例えば
「●●ちゃんは兄弟が居ないからいつもお母さんに甘えられるもんね~」
なんていう言い方でも傷いたりするのです。

子供の人数で子供の性格が決まるわけではありません。
偏見で人を傷つけることが無いように注意したいですね。

 

一人っ子を育てる上で注意すべき点

とはいえ、実際に一人っ子は兄弟が居ないために
子育てする上で気を配ってあげた方が良い部分というのはあると思います。

例えば、兄弟姉妹であれば、自然に喧嘩をします。

喧嘩

人が使っている物を横取りすれば怒られることや
順番を守らなくてはうまく遊べない事等は
自然に学んでいくことが出来ます。

そのあたりは親が意識的に指導したり、
同じ年頃の子供たちと多く触れ合わせ、
喧嘩したり、仲直りしたりしながら学んでいけると良いと思います。

ですから、なるべく子供たちの集まる公園に連れて行ったり、
児童館に連れて行ったりしてあげると良いのではないでしょうか?

 

知らない子供と遊ばせなくても、
私がいつもちゃんと遊んであげている
と思う方もいらっしゃるかもしれません。

しかし、大人と子供ではわけが違います。

例えば一緒におもちゃで遊んでいて、
お母さんが持っている物を子供が欲しがったら、
たいていのお母さんは子供に渡しますよね。

子供相手に
「これ私が使ってるの!!」
なんて大人げないと思ってしまいます。

でも、ちょっと考えてみてください。

自分が使いたいおもちゃは
いつも好きな時に渡してもらえていたら…

お子さんが幼稚園に入園し、
皆で共有するおもちゃや遊具で遊ぶことになった時、
どうなるでしょう?

お子さんはいつもお母さんと遊んでいた時と同じように
自分が使いたいものはすぐに渡してもらえると思っています。

 

 

しかし、集団生活では当然そうはいきませんよね。

お子さんはそんなつもりではなく、いつもと同じように遊んでいるだけなのに
すぐ人が使っている物を取ろうとする…
まるで意地悪な子供のように思われてしまうかもしれません。

ですから、なるべく同じくらいの子供たちと遊ばせ
「貸して」「どうぞ」の練習や順番を守る練習は
させてあげた方が良いでしょう。

もしくは、お母さんが時には大人げなく
「貸してって言って!」
とか、
「お母さん使ってるから、終わるまで待って!」
とちょっと大人げない対応をしてお友達役をやってあげるのも良いですね。

 

一人っ子へのマイナスイメージな偏見発言をどう受け止めるべき?

一人っ子だからと偏見を持たれないように、
一生懸命育てているというのに、
それでも嫌な事を言う人はいます。

これはB型の人が良く言われるのと同じ類だと私は思っています。

B型の人は わがまま、自由奔放、時間にルーズなど
事実に関わらずB型というだけでそのような人であるかのように
見られてしまう事が多々あります。

一人っ子というだけで色々言われてしまうのと似ていますよね。

 

私はB型なのですが、
 もっとガサツだと思っていた。
 部屋が汚そうだなと思っていた。
 性に奔放だと思っていた。
なんてよく言われます。

つまり、ガサツ、部屋が汚い、性に奔放という
B型のイメージがあったけれども当てはまらないわね
という事です。

 

同じように一人っ子だって、
わがままでない人は、わがままだとは思われません。

子供のうちは、まだ成長段階ですから、
色々言われる事もあるかもしれませんが、
偏見は結局偏見でしかなく、事実ではないのです。

世間の人皆が一人っ子はわがままなどと
思っているわけではありません。

一人っ子だからと言われてしまうと、
どうしようもない事だけにとても傷つくと思います。

でも、気にしないのが一番だと思います。

やがてお子さんが立派な大人になった時には、
誰もそんな事を言う人はいないはずです。

 

まとめ

一人っ子は一人っ子というだけで、
色々な事を言われてしまう事があります。

それは過去の統計なのか伝説なのか…
よく分からない偏見でしかありません。

親御さんはあまり気になさらないのが一番だと思います。

しかし、兄弟が居ないのは事実ですから、
兄弟が居れば自然と身に付く事は
気を付けてあげないと身に付きにくい可能性はあります。

小さなころから同じくらいの子供たちと触れ合う機会を設けたり、
親御さんが他の子供と遊ぶときのルールなどを
しっかり教えてあげればなんら問題はないでしょう。

Sponsored by Google

コメントを残す