赤ちゃんと目が合わない場合 考えられる事とは?

Sponsored by Google

可愛い赤ちゃん、一生懸命あやしているのに、
なんだか自分の顔を見てくれない…
寂しいですよね…

泣く

自分が寂しい思いをするだけならば良いですが、
赤ちゃんと目が合わない状態が続くと、
「コミュニケーションが苦手?」
「何か障害がある?」

など心配になりますよね。

赤ちゃんが目を合わせてくれない原因にはどんな事があるのか、
また、赤ちゃんと目が合わない場合、どのような事が考えられるのか、

まとめてみました。

 

目が合いにくい赤ちゃん 考えられる原因

赤ちゃんと目が合いにくい場合、
多くの親御さんがご心配されるのは自閉症だと思います。
事実、自閉症の赤ちゃんは目が合いにくいようです。

自閉症

但し、目が合いにくいというだけで
自閉症だと決めつける事はできませんので、
慌てて自己判断しないようにしましょう。

 

それから弱視や斜視など目の病気の場合も
目がなかなか合いません。

これら目の疾患の場合、様々なケースがありますので、
専門家に診てもらう必要があります。

赤ちゃんの段階ではなかなか親が判断するのは難しいでしょうから、
目が合いにくい以外にも目が寄るなど気になる症状があるのであれば
専門医に相談した方が良いと思います。

何れも目が合いにくいというだけで重大な病気と判断することはできませんが、
他にも脳の障害など目が合いにくいという症状が
現れる事がありますので、以下の症状があれば
かかりつけ医にでも良いので相談してみても良いと思います。

・自分以外の人にも目が合わない
・あやしても反応が薄い

 

目が合わなくても心配する必要のないケース

少し、親御さん方には心配になるようなことばかり書いてしまいましたが、
先にも述べた通り、目が合いにくいというだけで重大な病気や障害と
決まったわけではありません。

なかなか赤ちゃんと目が合わなかったとしても、
心配要らないケースも多々あるのです。

 

 月齢が若い赤ちゃん

生まれたばかりの赤ちゃんは殆ど目が見えていません。
これはみなさんご存知ですよね。

視界がぼやけているわけですから、
目が合いにくくても当然なのです。

一般的には生後3ヶ月前後で赤ちゃんと目が合うようになってきます。

ですからそれ以前の赤ちゃんとは目が合わなくても
まだ心配する必要はありません。

 

 性格の問題

好奇心旺盛の赤ちゃんだと、キョロキョロとあちこちを見て
視線が定まらない事は多々あります。

また、人見知りが激しかったりする子は
人に見つめられると泣き出したり目をそらしたりします。

 

 親に対して不安感や不快な気持ちを抱いている

うちの息子は家族のスリッパで遊ぶのが好きで
口の入れようとするので私に取り上げられ
「スリッパで遊ばないよ!」
と言われるのですが、決まって
「ふえ~…」とメソついた後
しばらくは目を合わせてくれなくなります。

大声で怒鳴っているわけでもないのに、
「こんな赤ちゃんでも、怒られているってわかっているんだな~」
と感心しています。

また、上の娘が私にが怒られている時も横でなぜか息子が泣き、
その後しばらく目を合わせてくれなくなります。

このように、一時的に親に不快感や不安感を抱いているなら問題ないでしょうが、
常に親に不安感を抱いてしまっているのであれば問題ですから
これに関しては一概に心配要らないケースとも言い切れません。

これが原因で常に目を合わせてくれないのであれば
赤ちゃんへの接し方を考える必要はあるでしょう。

 

まとめ

赤ちゃんと目が合いにくい原因は自閉症という情報が
広く認知されている事から、赤ちゃんに目をそらされてしまうと
非常に不安に思うお母さんも多いと思います。

確かに、自閉症である可能性は否定できませんが、
そうではない事も多いのです。

それだけで何か障害があると決めつけずに、
他の症状が無いか、一時的な事ではないか等、
よくお子さんを観察し、気になるようであれば
まずは専門家に相談するようにしましょう。

Sponsored by Google

コメントを残す