子供の枕 何歳から必要?高さは?

Sponsored by Google

赤ちゃんの頃は
「頭の形が悪くなるからドーナツ型の枕を使うべき!」
と以前はよく言われていました。

ねんね

しかし最近では
「乳幼児突然死症候群のリスクの一つにもなっているので、
枕は使用しないべき」という意見が出てきたため、
枕を使用しない赤ちゃんが多いと思います。

我が家も子供が赤ちゃんの頃は枕は特に使いませんでした。
しかし、そうなってくると、一体いつから子供に枕を使わせるべきなのか、
悩みどころですよね。

まさに今私も上の子供(5歳)の枕について悩んでいます。

赤ちゃんの時は枕を使わず、
2歳頃になんとなく、バスタオルをたたんだものを頭に敷いて
枕の代わりにしていました。

そしてそのまま現在に至っているわけですが、
なんだか小さいような…
そろそろ枕に変えても良いのかな…
でも赤ちゃん枕じゃ小さいだろうし、
かといって大人の枕じゃ高いだろうし…
という感じです。

そのまま枕なしでも辛くないのか、やはり枕は使った方が良いのか、
そして使うとしたらどれくらいの高さの枕を選んだら良いのか…

同じように悩まれている親御さんも多いと思いますので、
子供の枕開始時期、また枕の選び方についてまとめてみました。

 

子供の枕 何歳から必要?

子供に枕、いつ頃から使わせたら良いのか、
よくわかりませんよね。

もう乳幼児突然死症候群のリスクも考えなくてよいだろう3歳頃に、
実は我が家は一度枕にチャレンジしたことがありました。

それまでバスタオルをたたんだものを敷いていたのですが、
一旦それを止め、一応子供用の枕をさせてみたものの、
あまりにも寝相が悪く、枕の上に頭を乗せて寝ていた試しがなかったため
「きっと必要ないのだろう」と枕を使わせるのを止めたという経緯があります。

寝相

実際、3歳未満の子供には特に枕は必要ないのだそうです。

3歳を超えたらそろそろ枕を使い始めても良いのだそうですが、
本当に「必要」になるのはまだ先の話なのだとか。

そもそも枕というのは、人間の背骨の形がS字にカーブしているため、
そのS字の形を崩さずに寝るために必要なのです。

しかし、小さな子供の背骨はまだまっすぐで、
S字になっていません。
そのため枕は不要というわけです。

大体幼稚園に入るころから徐々にS字になり始め、
小学校くらいになると多くの子が、
まだ完全ではなくともS字になってきます。

ですから、枕はその頃使い始めれば良いというわけです。

 

子供の枕 適切な高さは?

時々、一緒に寝ているお父さんやお母さんの枕の上に頭を乗せて
一緒に枕を使っている状態になっているお子さんがいらっしゃいます。

本人が乗せてきているのだから、丁度良いのだろうと思ってしまいそうですが、
そうであるとは限りません。

殆どの場合、大人用の枕は子供には高すぎます。

枕が高いと頭を置いたときに、肩が敷布団につかないで浮いてしまっていたり、
首から頭全体が前に出たような体制になっていたり
ちょっと下を向いたようになってしまったりします。
そのような状態になっていないかチェックしましょう。

 

また、寝返りを簡単に打てるかどうか
大切なチェックポイントです。

高すぎたり低すぎる枕を使っていると
寝返りをうちずらくなってしまいます。

枕を選ぶときはスムーズに寝返りを打てるかどうかも
チェックしてください。

 

とはいえ、なかなかぴったり丁度良い枕を選ぶのは難しいですよね。

専門家に相談して作ってもらうのが一番なのでしょうが、
お金がかかりますし、子供はすぐに大きくなってしまいます。

そのたびにオーダーメイドの枕というのは
なかなか難しいものがあると思います。

ですから、子供が小学生の間くらいは、
子供用の枕で高さを調整できるものが市販されていますので
そういったものを選ぶのも良いのではないでしょうか?

 

まとめ

3歳未満のお子さんには枕は基本的には必要ありません。

3歳を過ぎても絶対に必要というわけではありませんが、
本人が枕をしたがったり、枕が合ったほうが楽そうなのであれば
使わせて構わないでしょう。

基本的には幼稚園の年中あたりからで良いと思います。

そして使わせる際には大人の枕を使わせるのではなく、
本人の体にあった枕を選ぶようにしましょう。

Sponsored by Google

コメントを残す