赤ちゃんに読ませる初めての絵本 どんなものを選べば良い?

Sponsored by Google

小さな子供に絵本の読み聞かせをしてあげると、
想像力が豊かになったり、コミュニケーションが上手になったり
子供とって良い事が沢山あると言われています。

絵本

しかし、生まれたばかりの赤ちゃんに絵本の読み聞かせをしても
意味は当然分かっていませんし、反応だってありませんよね。

読み聞かせは赤ちゃんのうちからさせると良いと聞きます。
ただ赤ちゃんに読んで楽しんでもらえる絵本はどう選べば良いのか
悩むお母さんも多いと思います。

筆者もとても悩み、あれこれ色々な絵本を買いました。

赤ちゃんには早すぎたのか、当初全く興味を示さず、
2-3歳くらいになって興味を示すようになった本もあれば
0歳の頃でも喜んでくれた本もありました。

赤ちゃんに読んであげる絵本、どんなものを選んであげると良いのか?
筆者の経験も含め、まとめてみます。

筆者の子供が赤ちゃんの時に喜んでくれた本も3冊紹介しますので
ご参考になればと思います。

 

赤ちゃんに絵本、いつ頃から読ませる?

赤ちゃんの頃から絵本を読み聞かせると良いというのは
みなさん聞いたことがあると思います。

しかし、生まれたばかりの新生児に読み聞かせても
当然意味は分かっていませんし、目もよく見えていませんから
「意味があるのかな…」と思ってしまいますよね。

それでも赤ちゃんがお腹の中にいる時から
絵本を読むと良いとも言われていますから、
意味が分かっていなくても、見えていなくても、
横でお母さんが読んでいる声を聞かせてあげるというのは
何らかの良い影響があるのかもしれませんね。

 

だからと言って、生まれたばかりの赤ちゃんは
お世話だけでお母さんもクタクタです。
その状態で無理に読み聞かせの時間まで作る必要はありません。

その時期は少しでも時間があったら
まずお母さんの睡眠に当てた方が良いと思います。

お母さんも育児に慣れてきて、赤ちゃんも視力が発達し、
膝の上でお母さんが支えていれば座れるようになる…
生後半年頃から読み聞かせは始めれば良いのではないでしょうか?

その頃になればあやせば、笑ったりするようになりますから
絵本も上手に読んであげれば喜んで笑ってくれます。

 

赤ちゃんの初めての絵本選び 重視する点は?

赤ちゃんにはまだストーリーなどは分かりません。

感動するようなお話や、ためになるお話の絵本、
読んであげたいのは分かりますが、
それはもう少し先になってからでも遅くありません。

まずは赤ちゃんが本を好きになってくれるように、
赤ちゃんでも喜んでもらえるものを選ぶと良いでしょう。

 

赤ちゃんが喜びやすいのは

 挿絵が単純でカラフル
 文章よりも擬音など短い言葉の絵本

このあたりを重視して絵本を選んであげると
赤ちゃんが興味を示してくれる可能性が高いと思います。

 

後はお母さんの読み方もあるかもしれません。

出来るだけ恥ずかしがらず、ちょっと大げさに読んであげたり、
動きを付けて読んであげると喜びます。

例えば「ゆらゆら」なんていう言葉が出てきたら
実際に膝の上に座らせた赤ちゃんをゆらゆら揺らしてあげたりするのです。

そのように動きもつけやすい内容の絵本を選ぶのも良いですね。

 

筆者の子供が喜んだおすすめ絵本3選

では、実際に筆者が沢山買った絵本の中で、
0歳児の赤ちゃんだったわが子が喜んでくれた絵本を
3つ紹介したいと思います。

必ずどんな赤ちゃんでも喜ぶとは限りませんが、
ご参考になればと思います。

 

 赤ちゃんのためのことばの絵本

これはシリーズで色の絵本やかたちの絵本もありますが、
わが子はことばの絵本が一番のお気に入りでした。

挿絵に使われている色がとても鮮やかで
POPな感じのするかわいい絵本です。

内容もコロコロ ゆらゆら ぶるぶる など、
動作と合わせて楽しめ、私の子供は特に「ぶるぶる」と
私が震えながら読む部分で大うけしていました。

 

 もこもこもこ

擬音のみで構成された絵本で、擬音によって調子を変えて読んであげると
子供は大喜びしてくれました。

結構有名な絵本なのでご存知の方も多いかもしれませんね。

 

 ぴょーん

これも内容は非常に単純明快で、
ページをめくるたび、色々な動物や昆虫がぴょーんと跳ねます。

ぴょーんと、子供と一緒にちょっとはねて遊び
とても喜んでいました。

 

まとめ

赤ちゃんのうちから絵本を読ませたい!
絵本で色々な事を学んでほしい!

親はちょっと力みがちですが、
赤ちゃんに読んであげる絵本はあまり
あれこれ詰め込ませようとせず、
単純に楽しめるものを選んであげるようにしましょう。

そして本を好きになってもらうのが一番です。

色が明るかったり、絵が可愛かったり、
言葉の音が楽しかったり…
そんな絵本を選んで、まずは一緒に沢山楽しんであげてください。

Sponsored by Google

コメントを残す