フォローアップミルクは飲ませるべき?飲ませるならいつから?

Sponsored by Google

離乳食後期に入る頃になると、周囲の人から
「フォローアップミルクは飲ませてる?」
なんて聞かれることもあると思います。

赤ちゃん

フォローアップミルクって何なのか知らなかったとしても、
完全ミルクで育てている方や混合の方でしたら、
売り場でミルクが二種類あるという事で
その存在はご存知の方が殆どでしょう。

しかし、完全母乳で育てている方だと
「え?うち母乳だけど?ミルクにしないといけないの?」
「完母だから飲ませろと言われても、哺乳瓶を嫌がって飲まないと思う…」

など戸惑ってしまう事も多いと思います。

フォローアップミルクとは何なのか?飲ませるべきなのかどうか?
また、飲ませるならいつからどのように飲ませるものなのか?

まとめておきますのでご参考にしてみてください。

 

フォローアップミルクって何?

まずは、フォローアップミルクって一体何なのでしょうか?
簡単に言うと、離乳食だけでは補いにくい栄養素(鉄分やカルシウムなど)を
多く含んだミルク
です。

通常のいわば「ミルク」はそれだけでまんべんなく栄養を
摂取できるようになっていますが、
フォローアップミルクはあくまで離乳食の補助の役割ですから、
離乳食で摂取しやすい栄養素は少なめになっています。

ですから、安いからと言って、まだ離乳食を十分に食べられていない早い段階から
フォローアップミルクに切り替えてしまうと、
栄養が足りなくなってしまうので注意が必要です。

 

フォローアップミルクは飲ませるべき?

大体のフォローアップミルクは「生後9か月頃から」
記載されています。

しかし、
「9ヶ月になったら絶対にフォローアップミルクを飲まなくてはならない」
というわけではありません。

9ヶ月頃になると、離乳食が進み、
大体皆さん1日3回食になっていくと思います。

離乳食

そうなってくると離乳食をしっかり食べられる子とそうでない子で
かなり摂取できる栄養の量が変わってきてしまいます。

フォローアップミルクは先にも述べたように、
「離乳食の補助」をしてくれますから、離乳食の食べの悪い赤ちゃんや
食べムラのある赤ちゃんは使ってみると良いと思います。

 

また、離乳食が3回になると、
急にお母さんのおっぱいが出なくなってきてしまった…
という方も結構いらっしゃいます。

その場合もフォローアップミルクに
少し助けてもらうと良いのではないでしょうか?

もちろん、離乳食を沢山食べ、おっぱいの出も問題ないのであれば
フォローアップミルクは必要ありません。

しかし気を付けないと、この頃の赤ちゃんは
非常に貧血などになりやすいと言われています。
離乳食にレバーなど鉄分の多いものをよく取り入れるようにしましょう。

そうしないと、
「うちの子は沢山食べているから大丈夫!」
と離乳食を食べる量が多いため安心し、
今まで通り離乳食+母乳やミルクで育てていたら
鉄分が足りず貧血になってしまった!
なんて事になってしまう事もあるのです。

そうなってから慌ててフォローアップミルクを飲ませても、
フォローアップミルクだけで貧血を治すことは困難です。

程度にもよりますが、赤ちゃんでも鉄剤などを
飲まなくてはならなくなる可能性もあります。

ですから、赤ちゃんが離乳食を沢山食べているからと言って安心せず、
バランスよく色々な栄養素を摂取できているか注意しましょうね。

 

フォローアップミルクはいつからどのように飲ませる?

フォローアップミルクを飲ませる事にした場合、
飲ませ始める目安は離乳食が1日3回になった頃からです。

ミルクの缶には9ヶ月からと書かれているでしょうが、
その頃まだ1日2回食であれば無理に始める必要はありません。

そしてフォローアップミルクの与え方ですが、
それまで完全母乳で育ててきた方は哺乳瓶は嫌がるケースが多いため、
飲めるか心配される方も多いと思います。

 

しかし、フォローアップミルクは哺乳瓶で与える必要はありません。

逆にコップなどの練習にもなりますし、
おっぱいから離れる予行演習にもなるので、
コップに入れてストローで飲ませたり、
コップでそのまま飲ませた方が良いと思います。

離乳食後やおやつの時間に子供用の小さなコップに
半杯から1杯与えてあげると良いでしょう。

 

まとめ

フォローアップミルクは貧血などを起こしやすい
離乳食後期からの赤ちゃんの栄養を補助してくれるミルクです。

栄養が足りていれば無理に飲ませる必要はありませんが、
母乳だけで育てる事に固執しすぎて赤ちゃんの栄養が
不足するようなことが無いように注意しましょう。

また、1歳を過ぎたらフォローアップミルクから
牛乳に移行することが出来ます。

赤ちゃんの様子を見てアレルギーが無いようでしたら
牛乳に移行していってあげてください。

Sponsored by Google

コメントを残す