子どものかわいた咳が続く場合の対処法は?

Sponsored by Google

寒暖の差が激しい季節の変わり目は咳が出やすい季節です。

子供

この時期は熱が出たり、鼻水が出たりと次から次と色々な症状がでてきて
気が休まる時がない!というお父さん、お母さんも多いのではないでしょうか?

その中でも特に多いのが「咳がとまらなくて…」という症状です。
子どもが咳で苦しんでいると、親もとても辛いものです。

子供を病院に連れていくと
「お子さんの咳は”コンコン”と乾いた咳ですか?
それとも”ゴホン、ゴホン”といった湿った咳ですか?」

と医師からよく質問されます。

咳の特徴を適切に伝えることができれば、咳の原因を特定しやすくなり、
すばやく適切な対処ができますよね。
今回は特にかわいた咳が続く場合について考えていきたいと思います。

 

子どものかわいた咳が続く…原因とは?

もともと咳は、口から肺につながる気道のどこかに
外部から侵入した風邪のウイルスやほこり等の異物がある時
その異物を排除しようとして起こる人の自然な防御反応なのです。

風邪をひくと、まず、乾いた咳、コンコン咳がでます。
これはウイスルなどの感染や、寒さの刺激などで
咽喉やのどの粘膜に炎症がおこり出る咳です。

こういう乾いた咳の時にはまだ、痰はでなく、
気管の炎症も弱いのですが、徐々に湿った咳に変化していくようです。

子どもは大人よりも気道の抵抗力が弱いので、
炎症になりやすく、咳が長引くことがめずらしくありません。

子どもの咳の原因としてよくみられるものには、
ウイルスや細菌に感染して起こる呼吸器感染症、気管支喘息、副鼻腔炎などがあり、
急性の感染症を起こしている可能性が多いようです。

 

考えられる病気とは?

それでは、かわいた咳が続く場合に考えらる急性の呼吸器系の病気は
どんなものがあるのでしょうか?

咳

 

 普通感冒(風邪症候群)

一般にいわれる”かぜ”です。
3日程度で鼻水や鼻づまりとなり、咳はその後に出始めることが多いようです。

 

 クループ症候群

”ケンケン”と犬が吠えるような咳が続きます。
喉の奥が炎症をおこして空気が通りにくくなり、
呼吸困難をともなうことがあります。

空気の通り道がかなり細くなっていることが予想され、
厳重な注意が必要です。
その場合はすぐに病院で救急の受診をおすすめします。

 

 急性気管支炎

普通の風邪が悪化して気管支に炎症が及んだ状態です。
発熱、乾いた咳で始まり、次第に湿った咳へと変化するのが特徴です。

 

 肺炎

感染症からなる肺炎は、ウイルス性のものと細菌性のものに分けられます。
咳以外に発熱や多呼吸をともなう場合もあります。

細菌性肺炎、ウイルス性肺炎、非定型肺炎にわけられます。
最近よく耳にするマイコプラズマ肺炎は非定型肺炎の一種です。

 

 百日咳

その名の通り、咳が100日続くことからこの名前がついています。
百日咳菌による呼吸器感染症です。

2歳未満の子どもが感染するとひどくなりやすく、
6ヶ月未満の乳幼児の死亡率が高いという統計があります。

 

初診は何科に診断してもらうとよい?

小児科

熱はないけど、咳が続くときには一体何科を受診すればいいのでしょうか?
咳だから呼吸器科?それとも子供だから小児科?鼻も詰まっているし耳鼻科?
など迷ってしまうと思います。

ただ子供の場合はやはり小児科を受診することをおすすめすます。

 

かわいた咳が続く場合の対処法は?親のできることとは?

子供のかわいた咳が続く場合、親の対処法について
まとめてみました。

 

 .室内を加湿する

お部屋を適度な湿度に保ち、きれいな空気にしてください。
蒸しタオルなどで湯気を吸わせることも効果があります。

 

 .寝ていて咳き込んだ時は上半身を起こして座らせる

こうすることで気管や肺を圧迫しないので、
痰がでやすくなります。

寝る時は上半身を高めにしてあげるといいですね。
バスタオルを何枚かかさねて頭から肩甲骨くらいまでひいてみて下さい。

 

 水分補給する

何回かに分けて少量ずつ飲ませて下さい。
喉が潤うので咳がおさまりやすくなります。

 

まとめ

咳は体の中に何か異常があるよ!とお知らせしてくれるサインです。

お子様の咳が止まらない時は
部屋の湿度を60%くらいに保ち、水分を取らせて
上半身を起こしてあげましょう。

例え、夜中であってもあまりに咳が止まらない時は
すぐに医療機関で受診をしてください。

咳がでる原因には上にあげた症状以外の病気が潜んでいる場合もありますので、
たかが咳とは思わずに病院で受診されることをおすすめします。

Sponsored by Google

コメントを残す