妊婦だけど緑茶が飲みたい!注意点は?

Sponsored by Google

妊娠中はカフェインを控えたほうがよい。
妊婦さんなら1度は聞いたことがあるのではないでしょうか?
コーヒーや紅茶をはじめ、緑茶にもカフェインは入っています。

緑茶

私はカフェインの入っているものは、口にしないと
ストイックになる必要はないと思います。
でも、お腹の中の赤ちゃんのことを考えると、
できるだけ不安なことはしたくないという気持ちもわかります。

今回は、妊婦だけど緑茶が飲みたい時に注意すべきことについて
まとめてみました。

 

カフェインは、どんな影響があるの?

そもそも、妊婦さんにとってカフェインは
どんな影響があるのでしょうか?

 

未熟な内臓器官

お母さんがカフェインを摂取すると、胎内にいる赤ちゃんは
お母さんと同じ濃度のカフェインを胎盤から摂取することになります。

内臓器官も未熟な赤ちゃんにとって、カフェインを分解・排出するのは
難しいといわれています。

赤ちゃんのことを考えると…
避けたいところですよね。

 

血流の減少

眠気覚ましとして有名なカフェイン。
摂取することで、お母さんが眠れなくなったり、
興奮したり、落ち着きがなくなることもあります。

母体のアドレナリンが増えてしまうことで、血流が減少し、
その結果、赤ちゃんに酸素や栄養が届きにくくなってしまいます。

 

必要な栄養が体に吸収されない

妊娠中に必要といわれるカルシウムや鉄分。
カフェインはカルシウムの排泄を促したり、
鉄分の吸収を妨げる働きがあります。

身体に必要な栄養摂取を妨害するので
避けた方が賢明ですよね。

 

カテキンは大丈夫?

緑茶といえば、カフェインよりカテキンが有名です。
カテキンは、赤ちゃんに影響はないのでしょうか?

実は、カテキンは葉酸の働きを邪魔してしまう作用があるそうです。

葉酸は、胎児の形成に不可欠で妊婦は積極的に
摂取するよういわれる栄養素です。

特に妊娠初期は葉酸は必要な栄養ですので、
できるだけカテキンを摂取しないようにしましょう。

また、カテキンには鉄の吸収を抑えてしまう作用があり、
貧血を起こす可能性がありますので、貧血気味のときは
摂取を控えましょう。

 

何杯までOK?適切な摂取量は?

お茶

ここまで記事を読むと、緑茶は絶対飲まない!と思うかもしれません。
でも、飲まない!というストレスが赤ちゃんに影響をあたえる危険もあります。

さきほど説明したカテキンには、
殺菌作用や抵抗力が上がるという良い働きもあります。

 

また緑茶に豊富に含まれる亜鉛
胎児の細胞分裂を助ける働きをします。

つまり、緑茶の摂取量が重要であり、取りすぎなければ
妊娠中も緑茶を飲むことは問題ないということになります。
ぜひ、緑茶の適切な摂取量を知りましょう。

 

適正な摂取量

コーヒー1杯のカフェイン含有量は60mg、
緑茶はコーヒーの半分30mgです。

WHOによると、コーヒーは1日3-4杯とされています。
日本には明確な基準はないのですが、コーヒーなら1日3杯まで、
緑茶なら5-6杯までという医師が多いようです。

 

緑茶を飲むときの注意点

緑茶の中で、玉露はカフェインの含有量が多いので、
飲むのを控えるか、回数を減らしましょう。

また、赤ちゃんがカフェインやカテキンの影響を受けやすいといわれる妊娠初期は、
つわりが始まるなど体調も辛い時期です。
できるだけカフェインやカテキンが含まれている飲み物は控えましょう。

 

私が妊娠中に飲んだもの

妊婦

私の妊娠中の飲み物は、夏は麦茶、冬は温かいほうじ茶が多かったです。
お腹にいる赤ちゃんは、自分の目に見えるわけではないので、
万が一、何かあったらどうしようという不安があったからです。

でも、もともと紅茶が好きだったこともあり、
無性に紅茶を飲みたくなるときもありました。

私が妊娠初期と妊娠中期に飲んだものに関し
まとめてみました。

 

妊娠初期

はじめは、紅茶を飲んでいいものか、正直悩みました。
医師からは、1日3杯ぐらい、飲み過ぎなければ問題ない、
といわれていても、赤ちゃんのことを考えると怖かったので、
妊娠初期は紅茶を飲まずに過ごしました。

妊娠初期の頃って、1-2週間に1度、検診のエコーで
赤ちゃんの様子を見ることができますよね。

内臓ができていく様子、手の指が5本はっきり見えたり、
そういったことが支えになって、
親としてできるだけのことはしてあげたいと思う気持ちで、
紅茶を飲まなくても平気だったような気がします。

 

妊娠中期

安定期にはいってからは、紅茶を1日2杯まで!と決めて
飲みたいときには飲むようにしました。

妊娠生活って10ヶ月近くもある長いもの。
ずっとストイックに我慢していると、ストレスがたまってしまいます。

産院の先生は、1日3杯ぐらいなら紅茶を飲んでも大丈夫!
といってくれたのですが、不安がなかったわけではないので、
1日2杯にすることで、気持ちが楽になりました。

我慢することや罪悪感があると、ストレスになってしまいます。
ストレスは、お母さんだけでなく赤ちゃんにも悪影響をうけます。

長い妊娠生活、母子の健康を考えながら、
楽しく過ごすことを1番に考えても良いんじゃないかなと私は思っています。

 

妊娠中にオススメの飲み物

私は、妊娠中いつものどの渇きを感じていました。
同じように感じている妊婦さんは多いのではないでしょうか。

妊婦さんにとって、水分補給はとても大切です。
妊娠中は、新陳代謝が活発になり、汗をかきやすくなります。

赤ちゃんに送る血液量や羊水の水分など、
妊婦さんは、1日2L以上の水分を摂取することが薦められています。

妊婦さんにオススメの飲み物を紹介します。

 

麦茶

ミネラル豊富な麦茶。私も、妊娠中はよく飲んでいました。
麦茶は体を冷やす作用があると聞いたので、
夏は常温、冬は温めて飲むようにしました。

 

ルイボスティー

私が妊娠したときに、先輩ママにプレゼントされたのがルイボスティーでした。
カルシウムが豊富なうえに、ホルモンバランスも整えてくれるルイボスティー。
味の感想は、ジャワティーのようなサッパリとした後味、
クセもないので、妊娠中でも飲みやすかったです。

 

たんぽぽコーヒー

妊娠中でも安心して飲めるコーヒーとして有名なたんぽぽコーヒー。
たんぽぽの根を焙煎してつくられたノンカフェイン、無農薬のコーヒーで、
ビタミンやミネラルも豊富に含まれています。

 

水分摂取のポイントは、のどが渇いたなって感じる前にこまめに摂取することです。
また、体を冷やさないように、飲み物は温めるか、常温で飲むことをオススメします。

 

まとめ

緑茶をはじめ、コーヒーや紅茶も適度な摂取量を守れば、
妊娠中も飲むことはできます。

特に緑茶は日本人にとって、縁の深い飲み物。
妊娠中でも飲みたいと思う気持ちはわかりますし、
緑茶を飲んでかまわないと思います。

妊娠中は、水分補給がとても大切です。
カフェインを気にするあまり、あれもこれも飲めない…となると、
ストレスもたまりますし、脱水症状になってしまう危険もあります。
そうなったら、元も子もありません。

 

妊娠中は、心配なこと、不安なこと、たくさんあるのは当たり前です。
特に今は、いろいろな情報があふれていて、
知識に雁字搦めになってしまうこともあります。

でも、1人1人個人差があるように、自分にあった妊娠生活があるのが当たり前。
ノンカフェインのコーヒーやお茶など、妊婦さんが飲める飲み物も増えてきました。

こうした飲み物を利用しながら、不安なことは医師に相談し、
しっかり水分補給をして、妊娠生活を楽しんでくださいね。

Sponsored by Google

コメントを残す