お風呂でバンボチェアを使うときの注意点

Sponsored by Google

首が座る時期から使えるバンボチェア。
早い時期から使えるので本当に便利ですよね。

バンボ

背中や腰をすっぽり包みこんでくれるので、
安心して座らせておくことが出来ますよね。

離乳食のときや、ママが家事をしている間も、
機嫌よくお座りしてくれて、とても便利ですよね。

我が家でも大活躍したベビーグッズのひとつです。
お風呂に入れるときに使ったこともあります。
一人でお風呂にいれなくてはならなかったので、本当に重宝しました。

が!ものすごく注意も必要です。
お風呂でバンボチェアを使うときの注意点についてまとめました。

 

お風呂で使う前に

このバンボチェアは、ポリウレタンで出来ていて
水を弾く素材なのですが、お風呂での使用は禁止されているんです。

説明書にもしっかり書いてあります。
浴室や浴槽水際や滑りやすい斜面などでは使用しないで下さい
という内容のことが書いてありました。

私も一人目のときは自分が体を洗うまでの間、
脱衣場で待たせておくときだけに使っていました。

でも二人目が生まれて、1人で2人の子供を入れなくてはならなくなったので、
浴室でも使うことになってしまいました。

バンボに座らせておけばご機嫌で待っていてくれるので、
一度でお風呂にいれることができたので本当に便利でした。

 

それでもいくら便利だといっても、
説明書にも浴室での使用は禁止だと書かれていますので、
もし使う時は自己責任ということになります。

浴室でしようして、実際にヒヤッとしたことが何度かありました。
なので便利なのはわかっていても、決して人に勧める事は出来ません。

 

お風呂で使うときの注意点

一人で赤ちゃんをお風呂にいれなくてはならないママにとって、
バンボは本当に便利な道具です。

でも、説明書にも書いてある通り、
本来水場で使ってはいけないものです。

素材的には使ったあとに水をきって、
浴室から出しておけば、カビたりすることはありませんでした。
(浴室に置きっぱなしだとさすがにカビがはえてしまいます。)

 

ただ一番の注意点は滑りやすいということ。
服を着ているときに比べてとても滑りやすくなっているので、
赤ちゃんが出たがって状態を反らせたりしたときに、
頭から落ちてしまうという事故も起きています。

また下半身を洗うときにもバンボチェアから
下ろさなくはならないので、その際にも注意が必要です。

それから、リコール後のバンボチェアには
安全ベルトがついているので、必ず装着するようにして下さい。

裸でベルトをするのがかわいそうなので、
私は肌着を着せたまま座らせておくようにしていました。

 

二人目には必需品?

最近は一人で子供をお風呂に入れるママが多いですよね。
一人目のときは何とかなっていたけど、
二人目になるとベビーチェアなしでははっきり言って絶対に無理です。

でも二人目になると、なるべく出費を抑えたいし
ものも増やしたくない。

そんな理由からバンボをお風呂用ベビーチェアとして
使う人が多いみたいです。

そんなに長く使うものでもないし、
持っているもので代用できるならそれに越したことはないですよね。

でもこれからバンボを購入しようと考えている方の中には
お風呂とお部屋共用で使えると思っている方も少なくはないと思うんです。

知恵袋などでお風呂で使えますとススメめられていたりもしますよね。
でも、本当は浴室での使用は禁止されています!

 

まとめ

経済的な余裕があるのであれば、
お風呂専用と部屋用両方とも用意するのが一番だと思います。

それにバンボって、便利で使いやすいのですが、
実は使用できる期間がものすごく短いんですよね。

首すわりから14か月ころまでと、説明書には書かれていますが、
実際子供が自分で出られるようになったら危なくて使えません。
お風呂で使うならなおさらです。

私自身も、使用を禁止されているのをわかっていながらも、
他に方法が見つからず、バンボを使っていましたが、
風呂での使用は誰かにすすめるということはしたくないな~と思います。

 

■応援頂けると励みになります!↓
にほんブログ村 子育てブログへ
にほんブログ村

Sponsored by Google

コメントを残す