卒園式でのママの服装 おしゃれに決めるなら?

Sponsored by Google

暖かくなってきて春の気配を感じ始めると、意識するのが卒業式や入学式ですよね。
中でも先に執り行われるのが、卒業式です。

卒園式

幼稚園や保育園で行われる卒業式は「卒園式」になりますが、
学校が行う卒業式よりは、やや堅苦しくないイメージがありませんか?

式の主役である子供たちがまだ幼いので、式も簡素化されているのでは?と
思えるからかもしれません。
ですが、最近の幼稚園・保育園が行う卒園式も、学校の執り行う卒業式に
ほとんど見劣りしません。
ですので、出席者であるママの服装も決して手が抜けないのです。

わが子の大事な晴れ舞台。
服装も選択を間違えてしまうと、後々まで後悔することになりかねません。
そんな事態を避けるためにも、どんな服装がいいのかじっくり考えてみましょう。

 

服装はスーツ派?ワンピース派?

一昔前の卒園式はどうだったのでしょう。
自分を例に挙げて言うと、幼稚園の卒園式の集合写真には、
普段着と変わらない服装で私の横に並んでいる母が映っています。
正直びっくりしました。

母曰く、
「たかだか幼稚園の卒園式じゃない。普段着よりはおしゃれでしょ?」だそうです。

そうなんです。
下手な格好で出席して、あとあと後悔するのは自分だけじゃないんです。
大きくなったわが子に「お母さん恥ずかしい!」と思われてしまうんです。

もしかしたら、当日から思われちゃう可能性だってありますよね。
そう考えれば考えるほど、手抜きできない服装。

では、最近ではどんなスタイルが好まれているのでしょうか?
スーツ?ワンピース?はたまた着物?
いろんなフォーマルスタイルがある中で、最近のママさんたちに好まれている
スタイルは「スーツ&ワンピース合体型」です。

 

なんかネーミングがちょっとイマイチでしたね…
完全スーツだとちょっと堅苦しい感じ。
でもワンピースだけだとちょっとラフすぎる感じ。
そこで考案されたのが、ワンピースの上にスーツの上着を羽織る合体型です。

ほどよくフォーマル感。ほどよくカジュアル感。
この絶妙なバランスを成立させたファッションは、
スーツとワンピースの2つのスタイルを合体させることで誕生しました。

シンプルだけど華やかなワンピース+かっこよくきちんと感を出してくれる
ジャケットの組み合わせが、最近のおしゃれなママさんの定番スタイルなのです。

 

卒園式の服装はどんな色基調にすべき?

さぁ、スタイルが決まったら次に悩むのが「色」ですよね。
スーツにもワンピースにも、実にいろんなバリエーションがあって
選びたい放題なので色もなかなかの悩みどころです。

それでは、どんな色が卒園式に適しているのでしょうか?
これは、卒園式に限って言えることではありませんが、
式典などに出席する際に、服装や服装の色を決定する際、
出席する式典の目的をよく考えてから決定しなくてはいけません。

式の意にそぐわない服装をしてしまうと、式の雰囲気まで壊しかねません。
そして何より、自分が浮いてしまい、恥ずかしい思いをする可能性すらあるのです。

 

少し話が堅苦しくなってしまいましたが、卒園式に戻りましょう。
卒園式は、就園を無事に終えたという一つの節目であり、別れの式でもあります。

先生方も礼服が多いですし、厳かな雰囲気が漂う式でもあります。
「別れ」や「感謝」という言葉がイメージとして浮かぶ、卒園式。
そんな式の雰囲気を考えたら、やはり暗めの色を選ぶのがベストでしょう。

真っ黒のフォーマルよりも、ネイビーやグレーなどが最近の人気色です。
黒よりも、ネイビーやグレーなどの色の方が、普段使いとしても
着回して活用できる機会が多いことが理由かもしれません。

 

アクセサリー・小物で身につけておきたいものは?

着る服装のタイプと色まで決まったら、あとはアクセサリーや小物です。
これも手が抜けません。
小物とといえど、侮ってはいけないからです。
アクセサリーと小物1つで服装の雰囲気はガラッと変わります。

せっかく身につけるのですから、服装の雰囲気をよくするためにも
いいアシストをしてほしいですよね。

ダーク系の服装では、服装のみだと暗いイメージが前面に押し出されてしまいます。
そこで重要な役割を担っているのが、アクセサリーと小物。

卒園式や入学式で身につける代表的存在のアクセサリーが「コサージュ」です。

 

正直なところ、「猫も杓子も」状態ですが、コサージュは作り自体が
とても華やかなので、これを1つつけるだけで全体的に
とても明るい雰囲気にしてくれるのです。
「猫も杓子も」状態になるだけの人気の秘密はそれです。

卒園式ではダーク系の服装がほとんどなので、
コサージュをつけるとなおさら華やか感が増します。

それに、顔のすぐ下につけるものなので、ありがたいことに
小顔効果まで発揮してくれるのです。
そんなに高価なものでもないのに、いいアシストをしてくれるアクセサリーなので、おススメです。

 

では、ネックレスやイヤリングはどうでしょう。
1番多いのはやはりパールのネックレスです。
こういう式典では、ダイヤモンドやラインストーンなどの
キラキラした宝石類はNGとされています。
だからこそ、パールのネックレスが定番になっているのでしょう。

パールでなくても、白やベージュ色を基調としたネックレスを選んで
身につけるようにすると、顔色も明るく見えて華やかな印象を与えてくれます。

 

気をつけておきたいポイントは?

子供の晴れ舞台だからこそ、自分も気が抜けない。
そう思えば思うほど、自分の服装にもとことんこだわり、
できるだけおしゃれに決めたい!という気持ちになりますよね。

そんな気持ちが強すぎて、気が付いたらどこかのパーティーに出席するかのような
衣装になっていた…なんてことのないように気を付けなければいけません。
結婚式の発想と同じで、主役はあくまでも子供です。

当然、主役より目を引く存在になってはいけないのです。
出席する際の服装やアクセサリー、小物が決まったら今一度鏡の前で
確認してみてください。

 

そして意識が薄れがちなのが、足元です。
靴にもマナーがあり、ヒールの高すぎるものや、つま先が開いているタイプの靴は
フォーマルな場所ではNGとされています。

ヒールの高さの目安は、だいたい5㎝ほどです。
色もだいたいは黒を選ぶのがマナーとなっています。
服装とのコーディネイトを考えても、黒が1番無難な色だといえます。
ストッキングも基本的にはベージュなどの肌に近い色がマナーです。

 

まとめ

わが子が人生で初めて迎える「旅立ちの日」です。
経験者から言うと、幼稚園や保育園の卒園式というものは、
本当に感慨深いものがあります。
涙なくしてそこにはいられないくらいです。

そんな大事で貴重な時間となる「卒園式」。
自分の服装や髪形がイマイチだと、後々後悔することも無きにしもあらず。
しっかり考えてしっかり準備することを怠らないようにしましょう。

そして、お子様の大事な瞬間を見逃すことのないよう晴れ姿を心に刻みたいですね。
後にも先にも1回だけの卒園式。
親子にとって、悔いの残らない卒園式にしましょう。

Sponsored by Google

コメントを残す