小学校の入学式の服装 母親が気をつけておきたいポイントは?

Sponsored by Google

幼稚園や保育園の卒園式を無事に終え、ほっとしたのも束の間。
まだ感動の余韻を残したまま、すぐに小学校の入学式がやってきます。

桜

小学校の入学式は入学までに準備するものがたくさんあり、
とてもバタバタしています。
でもそんな中でも、入学式に出席する際の自分の服装にも
気を揉まなくてはいけません。

「卒園式と同じでよくない?」と思う方も多いかもしれません。
ですが、入学式と卒園式とは式の意味も全然違うので、
当然着る服装も注意点が違ってきます。
では、入学式での服装はどういうことに気を付けなければいけないのでしょうか?

 

どんな服が一般的?スーツ、ワンピース?

服

卒園式はワンピースにジャケットだったから、次はパンツスタイルがいいのかしら?
色は同じじゃダメなのかな?
悩みは尽きませんよね。

そもそもスーツスタイルにするのか、ワンピーススタイルにするのか、
すでに卒園式を控えていた頃から悩んだことだと思います。

最近の流行のスタイルは、ワンピースの上にスーツのジャケットを
羽織るスタイルのようですが、基本的にスーツでもワンピースでも
もちろん着物でも構いません。

学校側から特別な指定がない限り、これを着なきゃいけないという
決まりはないので、自由といえば自由です。

 

式でどんな服装をするかは個人の自由ではありますが、マナーはあります。
必要最低限のマナーを守りながら、選択する必要があるのです。

スタイル自体はスーツでもワンピースでもどちらでもOKですが、
一般的に「正装」と言われる服装は、スカートスタイルとされています。

 

服装のコーディネート 間違いのない色は?

正装

服装のスタイルが決まっても、同じくらい悩むのがですよね。
どんな色が適しているのか、卒園式の時も悩んだことと思います。

卒園式も入学式も立派な「式典」です。
普通式典では、正装をして出席するのがマナーとなっています。

一般的に礼服と呼ばれる服は、どれも暗い色の服装であることからもわかるように、
フォーマル=ダーク系の色というイメージがあります
ですので、入学式でも黒やネイビー、グレーなどの暗めの色をセレクトするのは間違いではありません。

 

ですが、入学式は明るい門出の式でもあります。
これから始まる新しい人生の節目をお祝いする式典です。
そういったことから、明るめの服装で出席することも
大いに認められている式典と言えます。

実際、卒園式ではダーク系の服装がほとんどだったのに対し、
入学式では白やベージュ、薄めのピンクといった
明るめのパステルカラー系の服がたくさん目につきます。

明るい色は暗めの色よりも幅広いので、
選択肢も増えて選ぶのが楽しいことも入学式のいいところの1つです。

せっかくワンピースとスーツを組み合わせたスタイルが流行っているので
色も上下で明るめの違う色を組み合わせてコーディネイトすると
いっそうスタイルの幅が広がることでしょう。

 

やっちゃった!ネットで見かけた失敗事例とは?

大事な式典だからこそ、絶対に失敗したくない…
そう意気込んで準備万端だったつもりなのに、当日を迎えてみて初めて気づく失敗もきっとあるはず。

そうならないためにも、良きも悪きも先輩に学べ!です。
いい体験談はもとより、先輩の失敗談も知っておくと同じ失敗をしなくてすみます。
経験者に聞くのが1番なのです。

 

では、どんな失敗例があるのでしょうか。
ネットで見かけた失敗談を挙げてみました。

 

  • 他の人に比べて地味すぎた
  • 髪型が派手すぎた
  • ブーツを履いて行ってしまった

 

1番多かったのが、「他の人に比べて地味だった」というコーディネイトの失敗です。
色を悩みすぎたゆえに、無難にまとめすぎてなんとなく暗くて冴えない服装になってしまうようです。

髪型も華美な髪型はそもそも入学式という式典には不釣り合いなので、
派手な髪飾りなどをつけるのは、周りから浮いて見えかねません。

足元の失敗は若いママさんに多いようです。
入学式を普段のおしゃれの延長という感覚で捉えてしまっているため、
スカートやワンピースなどにロングブーツを合わせてしまったという失敗例です。

 

その他、実際に自分が耳にしたことのある失敗事例を挙げてみました。

 

  • 年齢と服装が合っていなかった
  • スカートの丈が短すぎて大変だった

 

当たり前ですが、入学式に出席する子供の年齢はみんな一緒です。
ですが、母親の年齢はそれぞれ違い、ばらつきがあります。
20代のママさんもいれば40代のママさんもいるのです。

流行のスタイルをふんだんに取り入れたところで、
自分の年齢相応の服装でなければ必ず周りから浮いてしまいます。

自分の年齢にふさわしい服装やファッションスタイルになっているか、
確認しておくことが大事なのです。

自分ではわからない場合も多いでしょうから、
ご主人や両親といった第三者の意見を聞いてみるのもいいでしょう。

 

式典での正装とは、スカートのことを指すことが多いですが、
スカートはスカートでも丈は膝下あたりがベストとされています。
それより短すぎても長すぎてもいい印象を与えません。

長すぎると重苦しい感じがしますし、短すぎるとその分露出する部分も増えて、
あまりフォーマルな場にふさわしくありません。
短すぎて失敗したというのは、式の間中寒かったり、腰を曲げたりする際に動作が
いちいち気になってしまったという理由でした。

自分より先に入学式や卒園式を経験している人は世の中にたくさんいます。
そして、ネットの世界にその情報はあふれているのです。
先輩たちや地域の人たちの体験談もおおいに取り入れて、上手に活用しましょう。

 

準備しておきたい持ち物とは?

入学式に準備するものはもちろん、衣装だけではありません。
その他の持ち物もしっかり確認する必要があります。

ハンカチやティッシュ、カメラやスリッパなどを持つのはいわば当たり前ですよね。
それ以外に、あると便利な持ち物を自分の体験を元に考えてみました。

 

防寒グッズ

体育館は意外と寒いです。
入学式は4月なのですが、まだまだ3月の肌寒さを引きずったままの
気温だったりすると、体育館は広いので、とても冷えることがあります。
ぽかぽか陽気ならいいですが、天気が悪く気温が低そうな時は、
ひざ掛けなどを持参するととても便利です。

 

サブバッグ

学校側から指示があるかもしれませんが、
入学式のあとは荷物でいっぱいになります。
配られるものは教科書だけではないからです。
いろんなものを配布されるので、少し大き目のバッグを1つか2つ持っていくと
活躍します。

 

筆記用具

意外と忘れがちなのがこれです。
子供には新しい筆箱を持たせるのに、
自分は筆記用具を持ってこなかったというママさんたちもたくさんいます。

学校によって違いはあるかと思いますが、入学式では、
これから子供たちが始める新生活についての「お知らせ事項」が先生から
たくさん申し伝えられます。
ササッとメモを取れる手帳や、ボールペンなどがあるととても便利です。

 

まとめ

入学式はわが子にとって大きな晴れ舞台です。
だからこそ、服装や髪形も失敗したくないですよね。

だからと言って、服装や髪形のことで頭がいっぱいになって、
当日の記憶があまりないということでは、せっかくの入学式が台無しです。

入学式などの式典での服装は、最低限のマナーを守った上でのファッションです。
必要最低限のマナーをクリアしたら、あとは自分なりのファッションを
確立した上で、親子そろって、入学式を楽しみましょう。

一生に一度の貴重な一日なのです。
準備万端で当日を迎え、後悔のない、忘れられない入学式にしましょう。

Sponsored by Google

コメントを残す