子供の虫歯初期 どのような症状?進行を止めるための治療法は?

Sponsored by Google

子供の歯に虫歯らしきものを確認した時、
親は結構なショックを受けるものです。

虫歯

それは、子供の虫歯は親の責任でもあるからです。
子供の歯は乳歯と呼ばれ、いずれ永久歯に生え変わります。

ですが、「どうせ抜けちゃう歯なんだから、大丈夫!」と開き直ってはいけません。
乳歯の状態は、永久歯に大きな影響を与えるものです。

もし、子供の歯に虫歯らしきものを発見してしまったら、
まずは状況をしっかり確認しましょう。

治療が必要かどうか、どんな治療をするべきか、
その大事な判断は歯医者さんに委ねられることになりますが、
家庭でできることや注意すべきことはどんなことか、
子供と一緒に考えてみましょう。

 

子供が虫歯 初期症状はどういうもの?

デンタル

虫歯=黒い歯という概念はありませんか?
黒い歯は、もうすでに末期症状に近いものが多く、
痛みを感じるようになるほどの虫歯レベルです。

子供の虫歯の初期症状は、むしろ白っぽいのです。
白い色が強く濁ったような色になります。

虫歯は黒い歯だ、と実は自分自身がそう思い込んでいましたが
わが子が初期の虫歯になった時に初めて、そうではないことを知ったのです。

 

普段から歯磨きは自分がしてあげていましたが
黒っぽい歯は見当たらないから虫歯なんてない!
そう信じて疑わなかっただけに、定期健診で歯科医に連れて行った際、
初期の虫歯であることを指摘された時は面食らいました。

子供の歯は大人の歯に比べ、とても弱く、厚みも半分しかありません。
歯の表面を覆っているエナメル質の厚みも、大人の半分しかないため、
虫歯になると進行がとても速いことも子供の虫歯の特徴です。

初期の段階では白っぽくなり、虫歯が進行するにつれ
だんだん白味が強く濁っていき、やがては黒っぽくなっていきます。

子供の虫歯は、歯と歯の間にできることが多く、見落としてしまいがちです。
日頃の歯磨きで歯と歯の間もしっかりチェックしておくことが、
虫歯の初期症状にいち早く気付くためのポイントです。

 

子供の虫歯の進行を止めるにはどうしたらいい?

子供の虫歯に気付いたら、一刻も早く進行を止めたいですよね。
1番最初にするべきことは、やはり何よりも歯医者さんに連れて行くことです。

人の口の中は、食事をするたびに歯を溶かし、
また再生させる作業を繰り返しています。

1度溶けた歯を再生させることを再石灰化といい、
最近はガムなどのテレビCMなどでよく耳にする言葉です。

虫歯の進行が、歯の表面を覆う役割をしているエナメル質内であれば、
この再石灰化で治せる可能性もあるのです。
その判断を仰ぐためにも、すぐに歯医者さんに連れて行きましょう。

 

もし、虫歯がエナメル質を通り越して、
象牙質まで広がっていたら、治療が必要になります。

さらに神経まで広がってしまうと、歯を削ったり
詰め物をしたりといった治療をすることになるでしょう。

 

エナメル質内でとどまっている虫歯なら、治療はまだ施さず、
フッ素などを塗布することで歯の再生力を促します。

近年では、フッ素が配合された歯磨き粉などたくさん市販されていますし、
フッ素剤そのものも市販されています。

家庭でする歯磨きにも、このようなフッ素配合の歯磨き粉を活用することで、
虫歯の進行を食い止めたり、遅らせたりすることが可能でしょう。

 

注意!子供が虫歯になるのはこんな要因

歯医者

子供の歯が虫歯になってしまう原因はほかでもありません、
虫歯菌が悪さをするからです。

そもそも虫歯になる原因は、虫歯菌が食べ物のかすとなった糖分を
食べることから始まります。

糖分を食べた虫歯菌が、歯を溶かす酸を出すことで虫歯になってしまうのですが、
その流れは大人も同じです。

 

ですが、この虫歯菌。
なんと、本来生まれたばかりの赤ちゃんの口の中には存在しないのです。

では、どこからやってくるのでしょうか?
それは親である私たち大人の口です。

口移しで赤ちゃんに食事を与えたり、同じ食器を使ったりすることで、
私たち大人の口から赤ちゃんに虫歯菌をうつしてしまっているのです。

口の中に虫歯菌が存在してしまうことで、
一気に虫歯へのリスクが高まります。

 

それに加え、乳歯は大人の歯に比べてとても弱いことから、
さらに虫歯になりやすい状態になるのです。

そこへ日頃の歯磨き不足などによるケア不足が重なると、
あっという間に虫歯になってしまいます。

口の中に食べ物をいれたまま寝てしまったり、遊んでしまったりと、
赤ちゃんや乳幼児の特性も虫歯になりやすい要因の1つです。

 

まとめ

生まれたばかりの赤ちゃんの口の中に、
本来いないはずの虫歯菌をうつしてしまっているのは自分たち大人だったなんて、
なかなかの衝撃ですよね。

そして、そんな虫歯菌をわが子に感染させてしまうか、しまわないか、
また、虫歯を進行させてしまうか、しまわないかは、
やはり親の意識の違いで差が出ることは否めません。

子供はまだ、自分で自分の歯をきちんと磨くことができません。
だからこそ親である大人がしっかり磨いてあげるしかないのです。

食事をしたら歯磨きを徹底し、デンタルフロスなども使ったケアを心がけましょう。
親が歯のケアを丁寧にしてあげることで、
子供も自分の歯のケアに対する意識が高まり、
歯を大切にしようという気持ちも芽生えるはずです。

まずは、親が子供に歯を大切にする姿勢を見せることが、
虫歯予防の第1歩なのです。

Sponsored by Google

コメントを残す