赤ちゃんの爪切り 上手に切るコツとは?【動かないようにする工夫】

Sponsored by Google

赤ちゃんは少しでも爪が伸びていると、
すぐに顔をひっかいて傷を作ったりしてしまいます。

抱っこ

ですから、赤ちゃんの爪は伸びないように
常に注意してあげないといけません。

でも、赤ちゃんの手って小さいですよね!
当然その小さい手についている爪はさらに小さいんです!!

おまけにじっとしていてくれませんから、
間違えて指まで切ってしまいそうで恐ろしいったらありません。

本当に切るのが難しいですよね。

そんな小さな赤ちゃんの爪ですが、
いくつかの事に気を付ければ、
ずいぶん切りやすくなるのです。

今回は赤ちゃんの爪切りで上手に切るコツについて
調べてみました。

 

赤ちゃんが動かないようにする工夫

小さな赤ちゃんの爪を上手に切るためには、
まず赤ちゃんに動かないでいてもらうのが一番です。

ですから寝ている間に切るという方が大多数だと思います。

ねんね

寝ている間に爪を切る時に注意したいのは、
小さな赤ちゃんの場合、
寝ていてもモロー反射で手をビクビクッっと
動かしてしまうことが多々あることです。

ですから寝ている赤ちゃんの手首から手のあたり
割としっかりつかんでおいた方が良いと思います。

ある程度力を入れて押さえておかないと、
モロー反射で動いたときに失敗したり指を傷つける原因になります。

 

このモロー反射が怖いという方は、
授乳中に爪を切るのもおススメです。

赤ちゃんはおっぱいに夢中になっているため、
手を動かすことはほとんどありません。

ただし、母乳の場合、自分でおっぱいをあげながら
赤ちゃんの爪を切るというのは至難の業です。

授乳中に爪を切る場合は
ご主人やおじいちゃんおばあちゃんに切ってもらうなど、
二人体制で行う方が良いと思います。

 

筆者が実践した赤ちゃんをじっとさせる方法

私は上の子の爪を切る時は、
頭の上でメリーゴーランドを回していました。
そうすると上の子はじっとしていてくれたからです。

下の子の爪を切る時には、
上の子に手伝ってもらいます。

上の子が歌ったり踊ったりすると
下の子はじーっと見て動かずにいてくれるのです。

このように、睡眠中や授乳中以外でも
わが子ならではのじっとしてくれる方法があるのなら、
それを試すのも良いでしょう。

 

赤ちゃんの爪切り 上手に切るコツとは?

赤ちゃんがあまり動かないタイミングを見計らったら、
次は実際に爪を切っていくことになります。

まず気を付けたいのは
深爪にならないようにすることです。

しかし赤ちゃんの爪は非常に小さくて見にくいですよね。
ですからゆっくりと落ち着いて切ることが大事です。

 

赤ちゃんの爪は大人とは違い、
爪切りではなく赤ちゃん用のはさみで切ります。

一本の指をひと息に切ろうとせずに
端から順番に角度を変えながら、
4回くらいに分けて切ってみてください。

爪の形が自然なカーブになるよう
少しずつ角度を変えていくのがコツです。

 

どんなに優しくゆっくり切っていたとしても、
赤ちゃんが切っている途中で泣き出してしまったり、
じっとしていてくれなくなることもあると思います。

そんな時は無理にすべての爪を切ろうとせず、
続きは後からにすることも大切です。

暴れる赤ちゃんを押さえつけて無理に切ろうとすると、
指を切ってしまう恐れがあるので絶対に止めましょう。

赤ちゃんの安全が第一ですし、
赤ちゃんが動いている状態ではどうせ上手に切ることなんてできません。

「切らせてくれなかったら、続きは明日でいいや」
くらいの心のゆとりをもって挑むのが一番だと思います。

また、お風呂上りは爪がふやけてさらに切りにくくなるので、
お風呂上がりの時間帯に爪を切るのは避けた方が無難です。

 

まとめ

赤ちゃんの爪切りは、
安全のためにも、上手に爪を切るためにも、
まずは赤ちゃんにじっとしていてもらうことが重要になってきます。

じっとしていてくれたら、後はゆっくり落ち着いて切るだけです。

ともかく切る時は落ち着いて少しずつ、
無理に一度に切らないように心掛けてみてください。

 

■応援頂けると励みになります!↓
にほんブログ村 子育てブログへ
にほんブログ村

Sponsored by Google

コメントを残す