子供の風邪 お風呂に入れていいかどうかの基準は?

Sponsored by Google

子供が風邪をひいてしまったとき、
「お風呂にいれても大丈夫かな?」って悩んだことありませんか?

風呂

子供って新陳代謝が活発で、汗っかきだから、
風邪をひいていても、元気があれば
お風呂に入れてあげたいって思っちゃいますよね。

でも子供の風邪って進行も早いし、
重症化することも多いので
お風呂に入れるかどうかのボーダーラインって判断するのが
とても難しいですよね。

そこで今回は子供が風邪をひいてしまったときに
お風呂に入れて良いかどうかの基準
について
症状別にお話ししたいと思います。

 

熱があるとき

結論からいうと、熱があっても元気があって食欲もあれば、
お風呂に入れてあげても良いと思います。

もちろん、38℃以上の高熱のときや、
機嫌の悪い時などは控えた方が良いと思いますが、
本人が元気でお風呂に入りたがるようであれば、
あまり長湯をさせないことと、
温度に気を付けて入浴させてあげることが重要です。

熱めのお湯や、長湯は体力を消耗してしまいますので、
風邪を悪化させてしまうことがありますので気を付けてあげて下さいね。

 

症状が咳、鼻水だけのとき

咳や鼻水が出ているけど、熱はない、
低年齢のお子さんにはこういう風邪、多いですよね。

意外とこのての風邪って長引くことが多いですよね。
一年中鼻をすすっている子もいるくらい、
小さな子供に多い風邪だと思います。

鼻水

鼻水や鼻づまりで息苦しそうな姿は可哀想で見ていられません。
咳こんでいるときなんて、肺炎でも起こしているのではないかと
心配になってしまいますよね。

そんな時にお風呂に入れるのはどうなのか?と考えてしまうと思いますが、
こんな時も機嫌がよく、高熱が出ていたりしなければOKだと思います。

お風呂場の湿度は湯船を張って、
密室の状態だとほぼ100%というだけあって、
一時的ではありますが、咳が止まったり鼻づまりが解消され、
気道が開いて痰が排出しやすくなったり、メリットもあるんです!

 

下痢・嘔吐があるとき

胃腸炎などのお腹の風邪の場合、
無理して入る必要はありません。

下痢や嘔吐をしている場合、脱水症状を起こしていたり、
体力を消耗していると思いますので、
おしりを洗ってあげるくらいにしておいた方が良いと思います。

下痢をしているときはおしりがかぶれやすいので、
浴場を暖かくしてその都度シャワーで流すようにし、
湯船につかるのは控えた方がいいです。

 

筆者の経験

娘が2歳の時38℃の発熱。
でもとても元気だったし、真夏で汗をかいていたので入浴させました。

しかしその日の夜中、熱が39度以上まで上がり、
熱性けいれんをおこしてしまいました。

今思い返すと、この日は確かに元気だったのですが、
やけにテンションが高く興奮状態だったように思います。

いつもと違うというと、いつもより元気がないかどうかを気にしてしまいますが、
反対のパターンもあることを身をもって知りました。

いつもと違うことに気づいていたものの、
判断を誤ってしまい、ものすご~く反省しました。

 

まとめ

子供が風邪をひいたとき、お風呂に入れるかどうかの基準点って
見極めが難しいと思います。

一昔前までは、風邪をひいているときに
お風呂に入れることはよくないという認識でしたが、
最近では風邪をひいているときでも
元気であればお風呂に入ることを奨める小児科の先生もいます。

 

実際、お風呂には疲労回復の効果や血行を良くする効果もありますし、
風邪で免疫が落ちているときは、体を清潔に保つことも大切だと思います。

特に夏場なんかは、清潔にしてあげないと、
おむつかぶれや湿疹などを引きおこしてしまったりすることもあります。

夏場であれば、シャワーでさっと体を洗い流してあげるだけでも
だいぶ汚れが落ちると思います。

いつも一緒にいるご家族の目から見て、
少しでも元気がないなと感じたとき、判断が難しい時には、
入浴は避けて熱いお湯で絞ったタオルなどで
体を拭いてあげるだけでも気持ち良いと思いますよ(*^-^*)

 

■応援頂けると励みになります!↓
にほんブログ村 子育てブログへ
にほんブログ村

Sponsored by Google

コメントを残す