赤ちゃんの歯磨きいつから練習する?【嫌がらせない工夫は?】

Sponsored by Google

6ヶ月を過ぎ、離乳食を始めると
可愛い前歯がはえ始めてくるこもでてきますよね。

赤ちゃん

乳歯の虫歯は放っておくと永久歯へのはえ変わりや
歯並びに悪影響を及ぼすといわれていますね。

でも子供に虫歯の治療をさせるのって、
ものすごーく大変なんです。

虫歯を作らせないためには、乳児期から歯のケア
しっかりしてあげることが重要!

歯磨きを始める時期や嫌がらせないようにする対策などについて
お話ししますね。

 

いつから歯磨きを始める?

歯磨きを始める時期は、ズバリ歯がはえ始めたらすぐです。
1本でも赤ちゃん用歯ブラシを使って歯磨きをしてあげてくださいね。

特に夜寝る前やお昼寝の前には
忘れずにしてあげてくださいね。

赤ちゃんが寝ている間は、唾液の量が減るので
虫歯菌が活動的になるそうです!

もし歯磨き前に寝てしまったら、歯磨きティッシュやガーゼで
拭ってあげてください。
それだけでも歯磨き効果は十分にあります。

 

歯磨きを嫌がらせない工夫

歯がはえてきたからといきなり歯ブラシを使って、
ゴシゴシ歯を磨けば、さすがに泣いて嫌がりますよね…

だったら歯がはえ始める前から
お口の中に何かを入れられることに
慣れておけば良いのです。

歯がためなどをカミカミさせてあげたり、
ママの指につける指サックタイプの歯ブラシをお口の中に入れたりして、
歯磨きになれさせると良いと思います。

 

そして歯がはえ始めて、歯ブラシでのブラッシングを嫌がるようでしたら
6ヶ月から使えるシリコン製の歯ブラシを使うと良いですよ(*^^*)

噛むだけで歯磨きと歯茎のブラッシングができるので、
子供も気持ち良いのかずっとカミカミしていました♪

1歳ごろまでに1本ずつきちんと磨けるように
練習していけば良いと思います。

 

言葉がわからない赤ちゃんに「虫歯が出来ちゃうから」と、
言い聞かせるのは無理なので、
慣れさせるという感覚でやる方が良いと思います。

毎日食後に必ず歯磨きをするようにすれば、
ご飯を食べれるようになるのと同じで、
歯磨きにも少しずつなれてくれると思います。

 

上手な磨きかた

まずは赤ちゃんの月齢にあった歯ブラシを選んであげることです。

キャラクターの書いてあるものなど、
歯ブラシも可愛いものを買ってあげたくなっちゃいますよね~。

でも、赤ちゃんのうちは可愛さより使いやすさ重視です(*^^*)

ヘッド部分がなるべく小さいものを選んであげると良いです。
赤ちゃんの口や歯が小さいのもありますが、
奥歯などがはえはじめてきたとき、ママも磨きやすいからです。

また2才頃までは歯ブラシを噛んでしまい、
すぐに歯ブラシをダメにしてしまうことが多いので、
仕上げ磨き用としてもう一本用意して、
まずは赤ちゃんに歯磨きをさせて、
最後にも一本のブラシで仕上げ磨きという風にすると良いと思います。

 

虫歯ができやすいのは3歳を過ぎた頃

スプーンやフォークの共有も避け、
ものすごく気をつけ、3才児検診で虫歯なしの診断を受けたはずなのに、
3か月後奥歯に黒い筋が…

あんなに気を付けていたのに!
実は3才ごろまで虫歯はできにくいみたいで、
2歳代で虫歯ができていることの方が、珍しいみたいです。

【参考】幼児の虫歯予防簡単にできる方法は?

 

まとめ

はじめのうちはなかなかうまくいかないことも多いと思いますが、
歯ブラシに慣れることから始めていけば、
乳歯がはえ揃う頃までにはちゃんと出来るようになりますよ♪

押さえつけて無理矢理磨くようなことをしてしまうと、
歯磨きが嫌いになってしまうこともあります。

1歳7ヶ月~2歳7ヶ月頃までが虫歯菌に感染する可能性が高いといいますし、
6ヶ月頃から始めて1年間で歯磨きができるような
ゆっくりなスピードで進めていけば良いのではないかと思います(*^^*)

 

■応援頂けると励みになります!↓
にほんブログ村 子育てブログへ
にほんブログ村

Sponsored by Google

コメントを残す