赤ちゃんに昼夜の区別をつけさせる方法とは?【いつからさせる?】

Sponsored by Google

生まれたての赤ちゃんは
2~3時間おきにおっぱいを欲します。

赤ちゃん

昼も夜も関係ありませんから、
お母さんたちは授乳のため寝不足になってしまいますよね。

それは当たり前の事と分かっていてもやっぱりお母さんは辛いですよね。
私も一人目の子供の時、最初かなり苦労したのを覚えています。

眠いし、子供は泣いているし、おっぱいは痛いし…
夜中に授乳しながら辛くてシクシク泣いたこともありました。

赤ちゃんは昼夜の区別が付き、
1度に飲めるおっぱいの量が多くなってくると
夜少し長く寝てくれるようになります。

そうなればお母さんの体も楽になるだけでなく、
赤ちゃんも生活リズムがしっかりとつきます。

今回は赤ちゃんがしっかり昼夜の区別をつけられるようにするためには
どれくらいの時期からどんなことに気を付けたらよいか
まとめてみました。

私が二人目の子供に早いタイミングで昼夜の区別をつけさせるのに
成功した方法もお話ししますので、ぜひご参考になればと思います。

 

昼夜の区別をしっかりつけさせる事のメリット

赤ちゃんが昼夜の区別がつき、
飲めるおっぱいの量が増えてくると、
夜間の授乳回数が減ってきます。

授乳

中には朝までぐっすり眠ってくれるという赤ちゃんもいますよね。
そうなってくれると、お母さんの体の負担が軽くなります。

まずこれが第一のメリットと言えるでしょう。

また、体の負担だけではなく、
少しゆったりと過ごす時間を持てることで、
心にも余裕が生まれると思います。
ご夫婦で子育ての話をするのも良いですね。

 

昼夜の区別が付くと良いことがあるのは、
お母さんだけではありません。
もちろん赤ちゃん本人にも良いことがあります。

まずは赤ちゃん自身もぐっすり眠れるようになるという事。

赤ちゃんの心や体の成長に欠かせない成長ホルモンは
夜間に分泌されます。

成長ホルモンが分泌される夜にしっかり眠っている事が
赤ちゃんの健やかな成長には欠かせないのです。

 

筆者が成功した赤ちゃんに昼夜の区別をつけさせる方法

では、どのようにしたら赤ちゃんに
昼夜の区別をつけさせてあげることができるでしょうか?

私は医師や保健師さんなどのお話を参考に
いくつかの生活習慣に気を付けることで、
一人目も二人目も比較的早い段階で
昼夜の区別をつけてあげることが出来ました。

特に早かった二人目の時にどのような生活をしたのか、
いくつかのポイントを見てみましょう。

 

 起床(6時~7時)

起床

子供がまだ寝ていても、6時になったらカーテンを開け、
部屋を明るくしていました。

朝日を浴びさせることが子供の生活リズムを整えるカギだという事は
ずいぶん多くの専門家がおっしゃっている事なので、
ご存じの方が多いと思います。

まだ寝ている赤ちゃんを無理に叩き起こす必要はなく、
ともかく部屋を明るくしてください。

後は昼夜の区別が付いてくるとともに
勝手に大体同じ時間に起きるようになります。

 

 お散歩(午前中)

散歩

大体いつも決まった時間に行います。

新生児の頃はまだ外に連れ出せないので、
日の当たる部屋で遊んであげます。

雨の日も多少暗いですが、できるだけ外の光が当たる部屋で
遊んであげるようにしていました。

 

 お風呂(17時~)

風呂

沐浴の段階からお風呂の時間は
大体決めるようにすると良いです。

お父さんの帰りを待つと入浴時間がまちまちになるので、
私は自分一人で決まった時間にお風呂に入れることにしていました。

就寝直前に設定すると眠れなくなってしまう事があるので
ある程度、就寝前の時間を空けてあげてください。

 

 就寝(20時)

就寝

眠る部屋に連れていき、部屋を暗くします。

真っ暗にした方が良いようですが、
私は赤ちゃんが眠るまでは保安灯を付けておき、
赤ちゃんが寝たら真っ暗にしていました。

まだ赤ちゃんが起きていても部屋を暗くします。

そして歌を歌ってあげたり頭をなでてあげたり
胸をとんとんしてあげるなどして、ともかくのんびりと、
「寝るよ~」という空気を出し続けます。

たとえ赤ちゃんが泣きだしても動じずに
のんびりと暗い部屋で過ごしましょう。

 

以上、4点だけで二人目の子供は
生後1か月には昼夜の区別が付きました。

まだ夜中に授乳はしたものの、
授乳が終わったら速やかに睡眠に戻ります。

昼間のように覚醒して喃語を話したり、
泣いたりという事がなく、
明らかに昼間の様子と夜の様子が変わってくるのです。

そして生後2か月頃には母乳を飲める量が増えたのか、
夜中の授乳を1回飛ばすようになり、
3か月頃には20時に寝てから朝方4時~5時まで
眠ってくれるようになりました。

ポイントは起床、就寝、お風呂、などを決まった時間に行う規則正しい生活
それから朝は明るく夜は暗くを徹底することだと思います。

 

昼夜の区別をつけさせるタイミング

一般的に授乳感覚が空き、
夜長く眠るようになってくると言われているのは
生後3か月頃からですよね。

その頃になって初めて、

「うちの子、全然夜長く眠るようにならない」
「全然夜の授乳感覚があかない」

と悩み、そこから昼夜の区別をつけさせる努力を
始める方も多いと思います。

しかし、その時になって始めても、
すぐに昼夜の区別が付くわけではありません。

3か月頃に昼夜の区別をつけさせたいのであれば、
3か月から始めたのでは遅いのです。

 

基本的に私のやった方法は外へお散歩に連れ出す事以外は、
生まれたての赤ちゃんにして問題になる事はありません。

まずは産院から退院してきたら、
昼は明るく、夜は暗く、沐浴は決まった時間に
から実践していくと良いでしょう。

すると3か月頃には夜長く眠るようになってくれるはずです。

 

まとめ

赤ちゃんに昼夜の区別をつけさせるのに苦労されているお母さん、
非常に多いと思います。

でもこうしてみてみると、本当にちょっとした生活習慣で
昼夜の区別はつくのです。

昼夜の区別が付けば赤ちゃんにとっても良い事ですし、
お母さんの負担も軽くなります。

規則正しい生活は、育児中だけでなく
基本的に体に良い事ですからこれを機に、
自分の生活リズムを見直し、
赤ちゃんとともに健康的な生活を送るよう、
心掛けてみてはいかがでしょうか?

 

■応援頂けると励みになります!↓
にほんブログ村 子育てブログへ
にほんブログ村

Sponsored by Google

コメントを残す