赤ちゃんの臍ヘルニア(でべそ)治す方法は?

Sponsored by Google

臍ヘルニアというのは、俗にいう出べその事です。

baby

少なくとも10人に一人は臍ヘルニアを発症するという事で、
それほど珍しいものではありません。

私の息子も臍ヘルニアでした。

自然と治ることが多いと聞いていたので、
それほど気にしていなかったのですが、
1か月検診の際、

「縛って取りたいところだけど、難しそうだから
お薬で焼きます」

と言われ、処置されました。

しかし、息子の臍ヘルニアは治らず、
焼いた跡の部分の色が悪くなっただけでした…

そこで初めて、臍ヘルニアについて詳しく調べ、
場合によっては手術しなくてはならないケースもあることを知ったのです。

これは大変な事になった!!
と遅ればせながらかなり慌てたのですが、
予防接種の時に行った小児科で相談し、先生のおっしゃる通りにしたところ、
2週間ほどですぐ治すことができました。

出べそは特に気にしなくても良いと個人的には思いますが、
子供の事を思うと、できれば手術は回避してあげたいですよね。

それに、幼少期はやはりお友達にからかわれたりしてしまう事もあるようです。
ですから、治せるものなら、早いうちに治しておいてあげて欲しいと思います。

 

臍ヘルニアを自宅のケアで治す方法

臍ヘルニアは多くの場合、
赤ちゃんに腹筋がついてきたら自然に治っていくそうです。

そのため、病院によって1歳頃までは様子見とする所と、
早い方が治りが早いので治してしまいましょう!という所に分かれます。

 

息子の病院は”治しましょう”という所でした。

治すと言っても、初回だけ処置の仕方を医師に教わっただけで、
後は自宅でのケアになります。

この方法は圧迫法と言われているもので、
いたってシンプルです。

圧迫法

まず出ているおへそを優しく押し込みます。

それから綿を小さく丸めたもので
押し込んだおへそを抑えるようにして置きます。
(綿ではなく、スポンジを小さく切ったものを使う病院も多いようです)

そしてその上からテープを貼り、
出べそが出てこないように押さえます。

1週間ごとに、おへそをよく洗い、
綿とテープを交換します。

 

たったこれだけなのですが、一つコツがあります。

それは、綿をおへその上に置いた後、
テープを貼る際、そのままペタリと貼るのではなく、
おへその周りのお肉を寄せてへそを覆った状態でテープを貼るのです。

そのため、一人ではできません。
我が家は主人に手伝ってもらい、
私がお肉を寄せて押さえておき、主人がテープを貼っていました。

このコツは医師から教わったのですが、
これを実践することで、私の息子の臍ヘルニアは
かなり早く治ったのだと思います。

通常この圧迫法で臍ヘルニアが治るまでには
2~3か月はかかる事が多いようです。

うちの息子は2週間ほどで治ってしまいました。

夏であればテープでかぶれやすいですし、
早く治るに越したことはありませんよね。

治る速度は程度にもよると思いますので、
この方法を試したからと言って、みなさん2週間で治るとは言えませんが、
少しでも早く治してあげたいと思ったら、
一度試してみてほしいと思います。

 

臍ヘルニアの治療で、注意すべき点

臍ヘルニアを治す時に、いくつか注意してほしい事があります。

圧迫法の場合、まずは肌のかぶれです。

何日もの間、お腹にテープを貼りっぱなしになるわけですから、
当然かぶれやすい状態になります。

テープを貼っている時には一見気づきにくいこともありますので
テープ交換の際には、剥がした後、次のテープを貼るまで
数時間で良いので少し時間をおいて
お肌の状態をチェックしてあげてください。

かぶれている場合は医師に相談した方が良いと思います。

 

それから、臍ヘルニアは、一度治っても
またなってしまう事があります。

ある一定の時期を過ぎると、
臍ヘルニアは圧迫法では治らなくなってしまうそうです。

前も自宅で治したからと自己判断で圧迫法を再開しても
いつまでたっても治らない可能性があります。

ですから、再発してしまった時には、
小児科に行って相談した方が良いでしょう。

同じ理由で、治療をせずに様子見で過ごしている方も、
お子さんがある程度大きくなっても治らないようなら、
もう自然には治らない可能性もありますので、
一度医師に相談した方が良いかもしれません。

 

まとめ

臍ヘルニアは、自宅での処置でも比較的簡単に治すことができます。

但し、全てのお子さんの臍ヘルニアが自宅での処置で
治るとは限りません。

自己判断で処置をはじめずに、
必ず医師の指示を仰いでから始めるようにしましょう。

圧迫法での治療を行う事になった時には、
上記のコツをちょっと試してみてくださいね。

お子さんが少し大きくなり、
水遊びなどを楽しむようになる前に
治してあげられたら最高だと思います。

 

■応援頂けると励みになります!↓
にほんブログ村 子育てブログへ
にほんブログ村

Sponsored by Google

コメントを残す