赤ちゃんの乾燥肌ケア・対策には何が効果的?

Sponsored by Google

赤ちゃんの皮膚はとっても薄くて敏感なので、
お肌のトラブルはどうしても起きやすいものですよね。

赤ちゃん

私も上の娘は乳児湿疹に悩まされ、
下の子はひどい乾燥肌に悩まされました。

特に下の子の乾燥肌はひどく、
場所によっては真っ赤になってしまったり
粉をふいたような状態になってしまい
本当にかわいそうでした。

たかが乾燥肌と思う方もいらっしゃるかもしれませんが、
放置すればどんどんひどくなってしまいます。

そしていくら保湿しているつもりでも、
なかなか治らなかったり繰り返してしまうんですよね。

赤ちゃんが肌荒れを繰り返すのは
決して良い事ではありません。

ただ乾燥しているだけと軽く考えず
十分にケアしてあげてほしいと思います。

 

赤ちゃんの乾燥肌が怖いワケ

大人も肌が乾燥することはよくありますよね。

しかし、赤ちゃんの乾燥肌に関しては、
“よくある事”として流してはいけません。

なぜなら、赤ちゃんの時期の乾燥肌とアトピー性皮膚炎
どうやら関係がありそうだという話があるからです。

実際、乳児期に十分肌の保湿を行う事で、
アトピーになるリスクが低下する
という研究結果も
目にしたことがあります。

逆を言えば、乳児期に肌を十分保湿してあげないと、
アトピーになってしまうリスクが高くなるという事ですよね。

また、乾燥肌はかゆみを伴う事が多く、
赤ちゃんがかきむしって傷を作ってしまったりすることもあるでしょう。

ですから、たかが乾燥肌と軽んじてはいけないのです。

 

筆者が効果的と感じた赤ちゃんの乾燥肌ケア法

そうは言っても、赤ちゃんの肌は非常に乾燥しやすいものです。

ベビーローションやベビーオイルなどを使用しても
すぐに肌がカサカサになってしまうという赤ちゃんも多いでしょう。

 

実際、私の子供もそうでした。

毎日お風呂上がりに赤ちゃん用保湿剤を使って
全身くまなく保湿してあげているのに
夜寝る頃にはもうほっぺがかさついているといった感じです。

ベビー用の保湿材は色々使いました。

しかし、どれを使っても効果は同じくらいで、
その時は潤うものの、数時間でまたカサカサになるといった感じだったのです。

 

そこで私がとった方法は
大人用の基礎化粧品を使う事でした。

これを聞くと、何考えてるの?!と思う方も多いかもしれません。

しかし、これは育児相談のために面談に来てくれた
地域の保健師の方からアドバイス頂いたものです。

 

但し、注意事項があります

 無添加の化粧品を使う事
 必ず手などの一部でパッチテストを行う事

これは絶対に守ってほしいと思います。

私の子供はパッチテストも問題なかったので、
大人用の化粧品を使う事が出来ました。

 

まずは朝、赤ちゃん用クリームで保湿マッサージをします。

その後、乾燥がひどかった頬や耳の付け根、肘に対してだけ
大人用の無添加化粧品のクリームを塗りました。

昼間は外から帰ってきたときなど、
乾燥が目立ってきた部分にだけ大人用の乳液を塗ります。

そして夜、お風呂上がりに顔には大人用化粧水をコットンで塗り、
赤ちゃん用クリームで全身を保湿マッサージし、
朝と同様、乾燥がひどい部分にだけ大人用の乳液をさらに塗りました。

これを3-4日繰り返すと、
だんだん昼間乾燥が目立ってくることが無くなってきます。

そして1週間ほどで肘や耳の付け根等、一見してみると
アトピーかな?と思うような肌をしていたのですが、
それも普通の肌になってきました。

 

大人の化粧品を使う事に抵抗のある方は、
やはり赤ちゃん用の保湿剤を使う事になるでしょう。



*家族全員で使用できます。

赤ちゃん用の保湿剤も効果がないわけではありません。
少しでも乾燥しているなと感じたらその都度、頻繁に塗ってあげれば
ある程度の効果は期待できると思います。

ただ、私の子供の場合は大人用の基礎化粧品の方が
格段に効果が出るのが早かったです。

 

赤ちゃんの肌を乾燥から守るための環境づくり

赤ちゃんの乾燥肌ケアは、
スキンケアだけでは完璧とは言えません。

なぜなら、お肌が乾燥しやすい環境であれば
スキンケアで一時的に良くなっても、また元に戻ってしまうからです。

 

まずは赤ちゃんが一番長い時間を過ごす
お家の湿度に気を付けましょう。

出来ればお家には湿度計があった方が良いと思います。

乾燥肌だけでなく、風邪やインフルエンザなどの
ウイルスが繁殖しにくい環境を作るためにも湿度はカギになってきます。

なるべくお家の中の湿度は50%以上を保つようにしましょう。
あまり高すぎてもカビが発生する原因になるので注意してください。

 

それから紫外線にも注意が必要です。
紫外線は肌の乾燥の原因の一つです。

紫外線

お散歩に行くときは日焼け止めを塗ってあげるのはもちろんですが、
家の中にいるときも、日当たりの良い部屋であれば
紫外線の影響を受けますので、
薄くで良いので日焼け止めを塗ってあげると良いかもしれません。

 

まとめ

いかがでしたでしょうか、
どうしてもかさつきやすい赤ちゃんの肌ですが、
色々対策はありますね。

今回お話したように環境を整えて
スキンケアを工夫してあげることで、
たいていの乾燥肌は改善すると思います。

しかし、こまめなスキンケアをしてあげても
ひどい乾燥が治らなかったり、
大人用の基礎化粧品でパッチテストをしたら赤くなったなど、
これ以上の対応が必要と思われる時は
迷わず皮膚科を受診しましょう。

 

■応援頂けると励みになります!↓
にほんブログ村 子育てブログへ
にほんブログ村

Sponsored by Google

コメントを残す