子供がなかなか着替えない場合の対処法【早く着替えさせるには?】

Sponsored by Google

朝起きて、パジャマのまま子供がいつまでも着替えをしない…

子供

また、集中して着替えをしないので、
着替え始めてから終わるまでものすごく時間がかかる
というお子さんも多いと思います。

家を出る時間が迫っている場合、
親も焦ってついイライラしてしまいますよね。

時間が無いのでつい
「何度言ったらわかるの!」とか
「いい加減にして!」とか、
育児本に必ずといっていいほど書いてある
【子供に言ってはいけない言葉】を言ってしまいます。

私も娘が自分ひとりで幼稚園バスの時間に間に合うように
支度できるようになるまでかなり苦労しましたし、
イライラしたものです。

どうしたらパッと着替えてくれるようになるのでしょうか?

今回は私のママ友や保育士の方から聞いた話や
私が試してみた方法をまとめてみました。

 

子供に早く着替えさせるには?

子供に着替えを早くさせるコツはいくつかあります。
自分のお子さんに合いそうな方法があったら是非試してみてください。

 

 子供が気になるようなものを視界に入れない

リモコン

まず、テレビなど、目に入ると気になるようなものを
視界に入れないようにするのは大切だと思います。

我が家も着替えが終わるまではテレビは消すようにしていました。
どうしてもテレビが気になって手が止まってしまうからです。

 

 その日着る洋服を子供に選ばせてみる

服

一緒にタンスを開けて「今日はどれを着たい?」と聞いてみましょう。

子供が選んだら「素敵だね、じゃあ着たところ見せて」
という風に気分を乗せてやると張り切って着替えてくれる子もいます。

当然、子供に選ばせると、上下のバランスがおかしい
などあると思います。

この方法はお外に出かけない時でないと
難しいかもしれませんね。

 

 競争して着替える

単純に「お母さんと競争しよう!」と言って
どちらが早く着替えられるか競争をします。

競争が好きな子供って多いですから、
結構有効だと思います。

 

 兄弟姉妹がいるときは兄弟姉妹を使う

たとえば小さな弟がいる男の子だとしましょう。

「〇〇君も着替えの仕方お勉強したいから、
お兄ちゃん、かっこよく着替えるところ見せてあげて」

などと言ってみてください。

お姉ちゃんの居る妹さんだとしたら
「お姉ちゃんすごい!もう着替えちゃったんだね、さすが!
〇〇ちゃんも出来る?」

などと言ってみましょう。

兄弟姉妹どうしで着替えの競争をさせるのも
良いかもしれませんね。

 

 普段の遊びに着替えの要素を取り入れる

たとえばお人形の服を着替えさせることで
ボタンをかけたり外したりする練習をしたり、
おもちゃをしまう袋をチャックで閉める物にしてみたり、
工夫してみてください。

ボタンやチャックは何度も繰り返し練習しないと
上手にできるようにはなりません。

1日1回の着替えだけでは上達するのに
時間がかかるのは当然ですよね。

遊びの中で何度も繰り返しているうちに短い時間で
出来るようになってくるのです。

我が家の場合は、時間がある時は、
私の服のファスナーを閉めてもらったり、
靴下を履かせてもらったりもしました。

 

子供が着替えをスムーズに出来るために親が気を付けてあげたいこと

まず、親が忘れてはいけない事は、
そもそも子供は大人のように素早くは着替えられない
という事です。

ボタンやファスナーをしめることも、
靴下を履くことも覚えたばかりですし、
まだ指先も大人のように器用には動きません。

ですから、大人と同じ時間で着替えられると思ってはいけません。

出かける時間が決まっている場合は、
当然大人より子供は早く支度を始めなければ間に合わないわけです。

あまり時間がない状態で、着替えをはじめさせて、
親がイライラして横から
「早く!早く!」と言ってしまうと、
子供は焦って余計にうまく着替えられません。

身支度の時間設定は長めに設定してあげるように
気を付けてあげてください。

 

まとめ

早く着替えてくれないと、どうしても親はイライラしてしまいますが、
親がイライラすると余計に子供は早く着替えることが難しくなります。

まず、親がイライラしないことが大前提。
そのためには時間に余裕をもって
着替えをはじめさせるという事が大事ですね。

その上で、子供がスムーズに着替えができるように、
着替えに集中できる環境を整えてあげたり、
楽しみながら着替えを早く行える工夫をしてあげられると良いと思います。

 

■応援頂けると励みになります!↓
にほんブログ村 子育てブログへ
にほんブログ村

Sponsored by Google

コメントを残す