新生児の寝かしつけ おすすめの方法とは?【添い乳はダメ!?】

Sponsored by Google

当たり前のことですが、
赤ちゃんは何もかも、自分一人ではうまく出来ません。

赤ちゃん

大人には到底理解しがたい事ですが、
眠たいと感じているにも関わらず、
眠ることすら上手にできないのです。

我が家は上の娘が結構寝ぐずりがひどく、
目をつぶったままわんわんと泣いていました。

そんな娘を毎晩抱きながら、
「眠いなら泣いてないで眠ればいいのに…」
と不思議に思ったものです。

でも、赤ちゃんはそんな当たり前の事すらも
うまく出来ないんですよね。
ですから、大人が眠りにつく手助けをしてあげる必要があります。

寝かしつけには本当に沢山の方法があります。

色々試して、赤ちゃんが安心して素早く眠ってくれて、
お母さんも楽できる方法を見つけられると良いですね。

私は一人目の子供の時に寝かしつけにかなり苦労しただけに
様々な寝かしつけ方法を試した実績があります。

その経験を元に、おすすめの寝かしつけ方法や
寝かしつけの注意点
などをお話したいと思います。

 

筆者がおすすめの新生児の寝かしつけ法

私が一番おすすめする寝かしつけ法は
「何もしないこと」
です。

何もしないと言っても、
寝ている赤ちゃんの横にはいます。

部屋を暗くし、静かにしてただ横にいるだけです。

 

「それじゃ寝ないから困ってるんだよ!!」
という声が聞こえてきそうですが、
この方法に成功すると子供も親もかなり楽です。

但し、最初から本当に何もしないではなかなか寝てくれません。

何もしないで赤ちゃんが寝てくれるようになるには
最初の努力とちょっとしたコツがあります。

 

 抱っこでも、おっぱいでも、トントンでも完全に眠るまでは続けない事。

眠る

一般的によく行われる寝かしつけ方法は、
【寝かせるため ではなく、赤ちゃんを落ち着かせるため】
に行うようにしてください。

例えば抱っこでゆらゆらで赤ちゃんが落ち着いてきたら
眠ってしまう前にお布団やベッドに下ろして下さい。

 

赤ちゃんという生き物は、
夜中に何度か目を覚ますのだそうです。

眠る瞬間は暖かいお母さんの腕の中だったはずが
起きたらぬくもりがない!!ゆらゆらしていない!!

泣きますよね。

眠る時にたとえばおっぱいを飲みながら眠ったとしましょう。
目が覚めた時、あったはずのおっぱいが無かったら…

泣きますよね。

これが夜泣きの原因ではないかという話もあります。

 

そのため、たとえそれでとりあえず寝かせる事には成功出来たとしても、
夜泣きを誘発する可能性があるという事で私はおすすめしません。

実際何もしないで寝かしつけるようになってから
上の子供は夜泣きが収まりましたし、
下の子供も今のところ夜泣きをせず、夜まとめて眠ってくれるので
非常に楽をさせてもらっています。

 

 泣いても少々見守る

泣く

さあ、抱っこでゆらゆらして落ち着いてきた赤ちゃんを
ベッドに下ろしました。

おそらくそこで殆どの赤ちゃんは泣くでしょう。
しかし、そこで慌ててまたすぐに抱っこしないでください。

泣いても少々2~3分で良いと思いますので、
見守ってみてあげてください。

話しかけもせず、静かにじーっと見守るのです。

ただ、近くにいる事だけは分かるように
赤ちゃんの視界に入る所、気配を感じられる距離には
居てあげて下さい。

おそらく最初のうちは2~3分では泣き止まず、
また抱っこやトントンする羽目になると思います。

そして落ち着いたらまた下ろすを繰り返します。

そのうち下ろしても泣かなくなるはずです。

 

どれくらいでそうなってくれるかはその子によりけりなのですが、
この寝かしつけ方法に早くから成功した私の下の子供は
生後2か月になる前には何もせず横にいるだけで
寝てくれるようになりました。

赤ちゃんを下した後、まだ赤ちゃんは寝ていないのに、
一体どうやって自力で眠るっていうの?と思う方も多いでしょう。

私の下の子の場合、自分の手を自分でさわさわと触ったり、
指をしゃぶったりしながら眠りについています。

何もせずにぼーっと暗がりの中で私の顔を眺めながら
眠りにつく日もあります。

それらの方法は、私の子供が自力で考えた(?)方法
私は何もせず横で見ていただけです。

子供が自分で勝手に眠るようになってからは、
夜中に起きた時も、
多少ムスムス言う日もありますが、2~3分様子を見ているうちに、
また自分で勝手に眠ります。

泣くという事はほとんどありません。
これは赤ちゃんにとっても親にとっても楽ですよね。

 

おっぱいによる寝かしつけはおすすめできないワケ

今回、後々一番楽になる方法として、
何もしないという寝かしつけを紹介しましたが、
基本的に、その赤ちゃんに合っていて、
お母さんが苦でないのなら、どんな寝かしつけ方法をしても
構わないと思います。

ただし唯一、おっぱいを飲ませながらの寝かしつけ
私はおすすめしません。

特にお母さんも赤ちゃんも寝たままの体制で行う
「添い乳」には注意が必要です。

 

実は私は上の子供の時、
苦労に苦労を重ねて、やっとすんなり眠ってくれる方法を見つけた!
と思ったのがこのおっぱいを飲ませながら寝かせる
「添い乳」でした。

確かに、抱っこ、とんとん、子守唄…
私が色々試したどの寝かしつけ方法よりも
添い乳が一番早く眠ってくれました。

しかし、おっぱいでの寝かしつけにはリスクがあります。
それは夜泣きしやすいという事です。

おっぱいで寝かしつけをされている赤ちゃんは夜泣きする確率が
高いのだそうです。

 

また、乳歯が生えてきてからは
虫歯になるリスクが高まると言われていますよね。
これは定期的にフッ素を塗りに行っている歯科医からも指摘されました。

万一おっぱいを飲んだまま寝てしまったとしても
そっと口を開けて濡れたガーゼで歯を拭いてやるようにと言われました。

せっかく寝てもそんなことしたら起きちゃうよな~と思い、
添い乳を止めるきっかけになりました。

 

それから、特に寝ながら授乳する添い乳は
中耳炎になりやすくなるというリスクもありますね。

分かっていても、おっぱいを飲んでいると赤ちゃんは
気持ちよさそうな顔をしてウトウトしてきてしまうものです。

そこは若干かわいそうな気もしますが、
ウトウトしてきたらおっぱいを口から離してあげましょう。

 

まとめ

毎日抱っこで腕がだるい、
疲れ切ってお母さんが先にウトウトしてしまう…

寝かしつけはコツをつかむまで、
本当に苦労すると思います。

私が紹介した何もしない寝かしつけも
最初は苦労します。

でも、慣れれば赤ちゃんもぐっすり眠ってくれるようになるので
ぜひ試してみてほしいと思います。

 

■応援頂けると励みになります!↓
にほんブログ村 子育てブログへ
にほんブログ村

Sponsored by Google

コメントを残す