子供の言葉が遅い?しゃべり出す平均的な目安は?

Sponsored by Google

早い子ですと1歳になる少し前くらいから、
バイバイなどの簡単な言葉を発するようになります。

バイバイ

その頃から、
「周りの子はおしゃべりしているのに、
うちの子はまだ何も話せない…」

と焦りだすお母さんが増えてくると思います。

会話ができるようになれば、
今までよりぐっとコミュニケーションが取れるようになりますよね。

そのため、「早くお話してほしい」とお母さんが願ってしまう事から余計に
「早く話せるようにならないの?」と焦ったり
「うちの子、言葉が遅いのではないか」と心配してしまったりします。

私もいつまでも喃語ばかりしか話さない娘を
「言語の障害があるのかもしれない」と本気で心配しました。

しかし、ほとんどのお子さんは放っておいても
そのうち話すようになるんですよね。

子供の成長は全てにおいて個人差があります。

私は特にこの言葉が出る速さは
かなりの個人差があるように感じています。

ですから基本的には焦らず、お子さんが言葉を発するのを
サポートしてあげてほしいと思います。

とは言え、いつまでも待っているわけにもいきません。
ある程度の時期になってもお話ができないとなると
専門家に相談した方が良いケースも出てくるのも事実です。

では一体どれくらいの時期に言葉が出始めるのが一般的なのでしょうか?
そして子供がお話し出来るようになるために
親はどのようなサポートができるのか、考えてみましょう。

 

子供がしゃべりだす時期 一般的には?

一般的には、1歳頃にまず簡単な単語
「バイバイ、ワンワン、ブーブー」などを話せるようになると言われています。
そして1歳半頃から2語の言葉を続けて言えるようになってくるそうです。

ワンワン

 

しかし、これはあくまで平均的な目安です。

つまり、一人目のお子さんもいれば、お兄ちゃんお姉ちゃんがいて
お話し始めるのが早いと言われる二人目以降のお子さんのデータも含まれています。

ですから、自分の子供が多少追いついていないからと言って
まだそれほど焦る必要はないでしょう。

 

私の子供も1歳代では「あっこ」(おしっこの事)「んーち」(うんちの事)バイバイ以外は
話せる言葉が殆ど無いという感じでした。
ただ、宇宙語のようにペラペラと意味不明な言葉をずーっと発していました。

2歳を過ぎた頃、おそらく何かの拍子に発音のコツを会得したのでしょう、
突然会話ができるようになり、驚いたのを覚えています。

その時になってそれまで発していた宇宙語も、
うまく発音できないからそうなっていただけで、
彼女にとってはお話をしていたんだなとわかりました。

 

私の子供のように、それまで言葉が遅い遅いと思っていたのに
ある日突然ペラペラと話し出すというお子さんは結構多いようです。

きちんとした言葉になっていなくても声を発しているのならば
練習しているのかなと、少し長い目で見守ってみてあげても良いのではないでしょうか?

しかし、1歳6カ月健診で言葉の遅れに関する検査がありますので、
そこで引っかかってしまう場合もあると思います。

1歳6か月検診で引っかかっても、その後問題なしだったという方は
かなり多いので、あまり心配しすぎないように、
ただ、専門家の話はその時に聞いておくと良いと思います。

 

子供の話したい気持ちを上手にサポートするには

まだ上手に発音ができないながらも一生懸命お話をしようとする赤ちゃん。
どうしたら親は手助けしてあげることができるでしょうか?

指さし

よく言われるのは、
赤ちゃんの頃からうんと話しかけてあげる事ですね。

赤ちゃんは話しかけても返事ができませんから、
お母さんが一方的に一人で話している状態に感じてしまうため
赤ちゃんへの話しかける頻度が少なくなってしまうお母さんも多いと思います。

赤ちゃんは返事はできませんが、
確実にお母さんが話すことから色々な事を学びます。

子供が話し始めるようになった頃に
「あ~わかってたんだな」
と実感することも多々あるのです。

話しかけても無駄と思わず、小さな赤ちゃんのうちから
沢山お話してあげると良いですね。

 

特に挨拶などは言葉を発することを覚えてもらうのにとても良いと思います。

朝起きたら必ず赤ちゃんの目を見て「おはよう」と言う、
ご飯を食べるときは「頂きます」と言う、
人と別れる時は「バイバイ」と言う。

その決まったことを繰り返すことで
「起きたら おはようって言うものなのだな、
ご飯を食べるときにはいただきますって言うものなのだな」

という事はだんだん理解してくれます。

そして真似をしようとする素振りが見えたら
上出来ではないでしょうか?
後は発音ができるようになれば自然に挨拶できるようになるはずです。

 

それから、赤ちゃんの気持ちを汲み取りすぎないという事も実は大切です。

一生懸命頑張ってきたお母さんは、
まだお話できなくても自分の子供が何を言おうとしているのか
わかることがありますよね。

子供の何気ないしぐさで
「あ、このおもちゃを取ってほしいんだな」とか
「お茶が飲みたいんだな」とか。

それを子供が伝える前にお母さんが先回りしてやってしまうと、
子供が言葉を使って伝える機会を奪ってしまう事になります。
そこはあえて少しわからないふりをしてあげましょう。

ただ、全くわからないふりをしてしまうと、
赤ちゃんも何をどう伝えたらよいのかわからずイライラするでしょうから、
「何を取って欲しいの?」
などと聞いてみてあげる感じが良いと思います。

少なくとも何かを取って欲しいという所までは伝わっているわけですから、
あとは何を取って欲しいのか伝えるだけなので
赤ちゃんにとってもハードルが低いので頑張りやすいでしょう。

 

まとめ

子供が話始める時期には個人差があります。

親御さんは、周りのお子さんと比べて焦らないことが重要だと思います。
「周りはみんなもうお話している、さああなたもお話しなさい、さあ!さあ!」
と強引に求められても当然話せるようになんてなりません。

自分の子には自分の子のペースがあるんだという事を
理解してあげることが大前提です。

 

■応援頂けると励みになります!↓
にほんブログ村 子育てブログへ
にほんブログ村

Sponsored by Google

コメントを残す