幼稚園のランチョンマット シンプルな作り方は?【おススメサイズは?】

Sponsored by Google

自分のお子さんがいよいよ幼稚園に入園!
色々必要な物がありますよね。

入園式

手提げバッグやお弁当袋、コップ入れ、靴袋などなど…
園にもよりますが、準備しなくてはならないもの、結構あります。

愛情込めて、手作りしたいと思うお母さん沢山いらっしゃると思います。
筆者も頑張って全部作りました。

何なら名前も刺繍で入れたくらいです。
(後に面倒になり、最初だけでしたが…)

しかし、普段からお裁縫をしている方であれば難なくできるでしょうが、
得意でない方は手作りしてあげたくても諦めている方も
いらっしゃるでしょう。

でも諦めるのはまだ早いと思います。

幼稚園に必要なグッズの中で、ランチョンマットならば
非常に簡単に作ることができます。

ミシンが無くても手縫いで作ることも出来ますので、
愛情こもった手作りランチョンマット、挑戦してみてほしいと思います。

 

幼稚園のランチョンマット 手作りする際に選ぶ材料

ランチョンマットを作る際に必要なのは布と糸だけです。

今回作り方を紹介するのは、一番簡単な方法で裏地なしのタイプですので、
少し厚手の綿の生地を選ぶと良いでしょう。
*ただし手縫いの場合あまり厚手だと縫うのが大変です。

あとはお子さんが気に入る柄を選んであげてくださいね。

簡単な方法でなくても作れるという方は、
裏地付でリバーシブルにするのも良いと思います。

 

その際、表の布と裏の布の素材を同じにしないと
洗濯した後に引き攣れたりするので注意してくださいね。

糸は布の色に近い色、ミシンであれば普通針用の
普通の糸で大丈夫です。

手縫いの場合、アクセントに少し太めで
あえて布の色とは違う目立つ色にしてもおしゃれかもしれません。

 

ランチョンマットの丁度良い大きさは?

幼稚園の机は小さいですよね、
その園にもよりますが、一人に一つの机が割り当てられていない園も多いと思います。

少し大きいテーブルに園児が向かい合わせに何人も並んで昼食を取ったり、
いくつかのテーブルをつなぎ合わせたところに、
同じく何人もの園児が並んで食べることが殆どではないでしょうか?

ですから一人ひとりのスペースが結構小さいものです。

市販されているランチョンマットで正方形のタイプは
45センチ×45センチ前後の物が多いようですが、
正直そのサイズは幼稚園では大きいと思います。

横35センチ×縦25センチくらいが丁度良いのではないかと私は思います。
市販品も幼稚園児向けの商品はこの大きさが多いです。

 

一番簡単なランチョンマットの作り方

材料を準備し、大きさが決まったら早速作ってみましょう。

今回はとても簡単な、横35センチ×縦25センチで、
裏地の無いランチョンマットの作り方を説明します。

 

 作り方

①布を横37センチ×縦27センチに切ります。縫いしろも含んでいます。
②布の裏面を上にして、布の横のライン(ランチョンマットの上と下に当たる部分)
を1センチずつ内側に折ります。
③さらに1センチずつ内側におり、アイロンをかけます。
④布の縦のラインも同じように1センチずつ2回クルクルと折り、アイロンをかけます。
⑤布を織った部分をまっすぐに、ランチマットぐるっと1週縫っていきます。

 

これで終わりです。
要するに布の端を二回折りこんで縫う、ただこれだけです

おそらくこれが一番シンプルな方法だと思います。

なぜアイロンを?と思う方もいらっしゃるかもしれませんが、
アイロンで折癖をつけないで縫うと
特にミシンの場合、縫っているうちにずれてしまう事があるので、
洋裁が苦手な方は面倒がらずにアイロンをかけましょう。

 

まとめ

いよいよわが子が幼稚園!
自分の子供がいよいよ社会への一歩を踏み出す時!
お母さんから始めて離れて過ごす時!

陰ながら応援する気持ちも込めて、
お守り代わりに、何か手作りの物を持たせてあげられたら嬉しいですよね。

きっとお子さんも嬉しいはずです。

ランチョンマットなら簡単に作れますので、
チャレンジしてみてはいかがでしょうか?

Sponsored by Google

コメントを残す