安心できる小児科選びのポイントとは?選び方のコツは?

Sponsored by Google

子供はしょっちゅう熱を出したり、
風邪をひいたりしますよね。

そのため、小児科とは長くて深いお付き合いになります。

診察

子供の健康の事、命が関わる事ですから、
かかりつけ医は信頼できる小児科を選びたいものです。

正直、良い病院なのかどうか
行ってみないとわからない部分はあります。

でも、行ってみないとわからないからとりあえず行ってみて
誤診されて大変な事になったでは困ります。

ある程度事前に情報を得ておくというのは
お子さんのためにも非常に大切だと思います。

 

小児科を選ぶ際にあらかじめ調べておきたい点

では、小児科を選ぶ際に
どんな点を見て決めると良いのでしょうか?

まだ行った事のない小児科を選ぶとき、
どんな事を考えて決めたらよいのかまとめてみましょう。

 

 家からの距離

いくら評判が良いからと言って、
あまり遠くの小児科を選ぶと、いざという時
連れていくのに時間がかかったりしてしまいます。

お母さんが車を持っていて自分で運転できるのか否かによっても
どれくらい近くの病院を選んだら良いのかは異なりますが、
急な発熱などの時に速やかに連れて行ってあげられる距離
した方が良いと思います。

 

 待合室の様子

最近は院内感染予防のために、
患者さんを個室で待たせる病院が増えています。

小さい赤ちゃんを予防接種で連れていく事が多い方にはおススメです。
たいていホームページで待合室の様子は確認できると思います。

 

 他の病院との連携

例えばお子さんに小さな小児科では対処できないような
大きな病気が発覚してしまったような場合、
速やかに大きな病院と連携して、
より詳しい検査なり治療なりをしてもらえる準備が整っているか

重要ではないでしょうか。

何かあった時に
「もっと大きい病院で診てもらってください」
で終わってしまうのか、大きな病院に紹介状を書いてくれるのか
では結構違います。

これも提携先病院などホームページなどで
確認することができるはずです。

 

安心できる小児科選びのポイント

まずは上記のような情報から小児科を選ぶことになるわけですが、
実際行ってみたら「合わなかった」という事って結構あると思います。

子供の大事な命がかかっていますから、
合わないと感じたら速やかに別の小児科に変えることも大事になってきます。

では、実際に通う小児科が安心できる小児科か否か
先に述べた点以外でどのような点を重視したら良いのか考えてみましょう。

 

 医師が最後まで話を聞くか否か

お医者様は当然病気に関しては母親よりスペシャリストです。

だからと言って、「みなまで言うな」とばかりに
人の話をさえぎって話をしたり、
まだ気になる症状を全て話し終えていないうちに
「風邪ですね」
などと診断を急ぐ医師がいます。

 

私はこれが誤診を招くと思っています。

親は誰よりも長く子供と接しています。
病気に関しては医師には当然かないませんが、
自分の子供のが普段とどのように違うかを見分ける点においては
育てている親にかなう者はありません。

親も子供が病気で慌てていますし、話のプロではありませんから、
説明が遅かったり下手だったりすることが多々あります。

その親からいかに病気を見つけるのに必要な情報を引き出すのか
小児科医として必要なスキルだと私は思っています。

親の話をしっかり聞いてくれる小児科医を選ぶようにしたいですね。

 

 治療内容や診察内容の説明をしっかりしてくれるか

同じように聴診器を当て、口の中を見て診断するにしても
「風邪ですね、お薬出しておきます」
という医師と
「胸の音は正常でした。
喉は赤いですが、ブツブツなどは無いので、
溶連菌などではなく風邪だと思います。
お薬出しておきますね」

と説明してくれる医師だとどちらが安心でしょうか?

万一容体が良くならず、大きな病院で詳しく検査してもらう事になったとしても、
「胸の音は正常で、のどは赤いけどブツブツは無かった」と、
その時の診察内容を伝えることも出来きますので、
大きな病院でもよりスムーズに診断を行えるでしょう。

 

まとめ

小児科は子供の健康を守るためにとても重要な所です。

子供が具合の悪い時、親も子供も不安です。
安心してお子さんを任せられるような信頼できる小児科を
選びたいですよね。

何かあった時にすぐに連れて行ってあげられて、
万が一の時に大きな病院と連携が取れる、
コミュニケーションが上手で話を聞いてくれる…

そのような点に留意して小児科を探してあげてください。

Sponsored by Google

コメントを残す