2歳児は飛行機無料?2才のうちに遠出した方がいい?

Sponsored by Google

子供の運賃がかからないうちに旅行に…
なんて考えている人も少なくはないと思います。

電車

初めて飛行機にのって遠出をしようと思ったけど、
子供の飛行機の運賃って一体いつからかかるのでしょうか?

2歳のうちに飛行機に乗っておいた方がお得!?とも聞きますが
実際はどうなのでしょうか?

 

子供の飛行機料金は?

まず、何歳までが赤ちゃん(幼児)扱いなのかというと、
国内線では3歳未満、国際線では2歳未満が幼児とされています。

そしてここからが本題です。
国内線は3歳未満の幼児は無料です。
ただしこれは、大人のひざの上に乗せた状態での利用に限ります。

子供の座席をとるとなると、
もちろん料金が発生することになります。

一席とり、チャイルドシート(しかも要予約)を使用して座ることになるので、
小児料金が発生するわけですね。
ちなみに小児は大人料金の50%の運賃がかかります。

 

そして国際線はというと、無料期間は一切ないんですね(^-^;
幼児の時点で大人料金の10%の運賃が発生することになります。
運賃はかかるのですが、席は親と同席です。

そして小児(2歳~12歳)になると、
大人の75%の運賃がかかってしまうんです。
もうほぼ大人料金ですよね;

2歳のお誕生日を迎える前に海外旅行へ!
と考える方が多いことにも納得できますよね。

 

2歳のうちに遠出した方がいい?

なるべくお金がかからない今のうちに旅行に!誰もが考えますよね。
わたしも娘が2歳になる少し前に沖縄旅行に行きました。

沖縄

お膝に乗せていられるギリギリの重さかな~と思い、
思い切って決めました。
子供を膝の上に座らせておくのって、結構大変ですよね。

これ以上大きくなられては、
お膝に乗せて飛行機に乗るのは無理かな~ということで、
旅行を計画しました。

それに2歳くらいなら子供の記憶にも少しは残るかな、
という期待もありました。

結局あまり覚えていないみたいですが、
その時はものすごく楽しそうにしていたので、
行って良かったな~と思っています。

 

私の場合は国内旅行だったのですが、
私の友人が、息子さんが2歳になる直前にハワイ旅行に行っていましたよ。

もともと旅行好きな夫婦だったので、
少しでもお金がかからないうちに、ということで海外に決めたそうです。

出発時に2歳未満であれば、帰りにお誕生日を迎えていても
幼児料金で済むらしいですよ。
10%ですむのと75%かかるのでは大違いですものね。

 

乳児連れでの飛行機サービスは?

赤ちゃんを連れて飛行機に乗る時に、まず気になってしまうのが、
授乳やおむつ替えのことですよね。

どこに行ってもそうだと思うのですが、
ママだったら授乳室はあるのかな?
ミルク用のお湯は用意してもらえるのだろうか?

など、赤ちゃんのお世話に必要な設備が整っているかが
気になってしまうのが普通ですよね。

航空会社にもよりますが、おむつ替えは、
専用シートのある個室があることがほとんどです。

ミルクのお湯については、乗務員にお願いすれば作ってくれます。
(粉ミルクは自分で用意してこなくてはなりませんが。)

そして、授乳については座席でするしかありませんので、
なるべく搭乗前に済ませておく方が良いと思いますが、
子供って不安なときや眠い時にもおっぱいを欲しがったりするので、
そううまくはいきませんよね。

 

なので、座席でも授乳ができるように、
ケープを持っていくと良いかもしれません。

もし、ケープがなくても、ひざ掛けを借りて代用すればいいですしね。
日本の航空会社が比較的子供へのサービスも充実していますよ。

 

まとめ

色々なところに連れて行ってあげたい!
出来るだけたくさんの思い出を…
と思う気持ちは親なら皆一緒ですよね。

でも、子供にとって長時間のフライトは、本当につらいものです。
そういったことも考慮したうえで行先を決め、楽しい旅行にしたいですよね。

Sponsored by Google

コメントを残す