幼児の便秘解消法 効果のあるおすすめの方法は? 

Sponsored by Google

子育て中は病院に行くほどでもないけれど、
ちょっと気になるってことがよくあります。
その代表例が便秘ではないでしょうか?

トイレ

うんちが出なくてお腹が痛いと涙ぐむ子どもを前にすると、
何とかして治してあげたいと思うものです。

大人は便秘薬を飲んで解消することができますが、
幼児に薬を飲ませるには抵抗があるママがほとんどでしょう。

どうしたら子どもの便秘は治るのでしょうか?
今回は幼児の便秘解消法について調べてみました。

 

子どもの便秘を生活習慣で解消するには

一般的に便秘は生活習慣の乱れが原因だと言われています。
大人に限ったことではなく、子どもの場合も同様です。

ここで言う生活習慣とは以下の通り。

 早寝早起き
 適度な運動
 バランスのとれた食事

 

早寝早起きは一見、便秘とは関係なさそうな気もします。
しかし早起きして朝食を食べることで、
胃腸を働かせ、便意を促すことにつながるわけです。

最近では朝は時間がないし食欲がないから
ご飯を食べることができないという
お子さんも少なくないようです。

ただそれは十分な睡眠時間がとれていない証拠。
早く寝て適度な睡眠をとることができれば、
朝は自然にお腹が空いてきます。

 

適度な運動について
現代っ子は室内でゲームをして遊ぶことが多いので
運動不足になりやすいという指摘がされています。

時には意識して体を動かすよう、
親から子に働きかけることも大切です。

子供といっしょに公園で遊ぶと
気分もリフレッシュできますよ。

公園

子どもの便秘を食事で解消するには

便秘解消対策では食事面を気を付けるだけでも、
大分改善が図れます。

一般的に、便秘解消をするには
十分な水分と食物繊維を多く含む
野菜や穀類を多く食べると良い
と言います。

ただ子どもは好き嫌いも多いので、
野菜を食べさせるのが大変!というママも多いことでしょう。

そこで、今回、我が家でもオススメな以下のメニューを
紹介しておきます。

 

 バナナヨーグルト

バナナ

ヨーグルトに整腸作用がありますし、
バナナは食物繊維が豊富です。

 

 きなこヨーグルト

きなこヨーグルト
バナナ同様、きなこも食物繊維が豊富です。
バナナに飽きたら趣向を変えて
きなこヨーグルトもいいですよ。

ヨーグルトは子どもが食べやすい加糖タイプのものがオススメです。
腸内環境を整えるオリゴ糖をプレーンヨーグルトに加えても良いでしょう。

 

まとめ

如何でしょうか?
子どもの便秘も大人同様、生活習慣の乱れが原因と言われています。

便秘解消には早寝早起きの習慣づけと
適度な運動をさせることが大事です。

また食事面では子どもが食べやすいヨーグルト、
例えばバナナヨーグルトとかきなこヨーグルトなどを
作ってあげると消化もすすみ、便秘解消につながります。

 

■応援頂けると励みになります!↓
にほんブログ村 子育てブログへ
にほんブログ村

Sponsored by Google

コメントを残す