幼児の下痢 続く場合の対処法は?【食事で気をつける事】

Sponsored by Google

子供は胃腸が大人のようにしっかりしていませんので、
下痢を起こしやすい状態です。

うんち

下痢が1日2日で収まってしまうものであれば
それほど気にしなくても良いと思います。

しかし、風邪からの胃腸炎など、結構長引いてしまう事もあり、
たかが下痢でも見ている親としては早く治してあげたいものですよね。

とりあえず、病院に連れていくことが最善策ですから
病院に連れていくことになるのですが、
もらったお薬を飲ませてもその日のうちに改善する事はなかなかないでしょう。

どうしても長引きがちな下痢の時、
お家ではどんな対応をすべきなのでしょうか?

少しでもお子さんの負担を軽くしてあげられるように
考えてあげましょう。

 

心配な下痢とそうでない下痢

お子さんが下痢になってしまった場合、
本当にただの一時的な下痢の場合と、
実は重大な病気が隠れている場合とがあるので
注意しなくてはいけません。

ではどんな下痢だと心配な下痢なのでしょうか?

お家でお子さんが下痢になってしまった時には、
必ず子供の様子やうんちを見てあげて、以下の点に注意しましょう。

 

 うんちの色

白っぽかったり、血が混じっていたり、
黒いうんちの場合は病院に連れて行ってあげましょう。

お尻が切れてしまっただけなど大したことではない場合もありますが、
重大な病気のサインである可能性もあるため、親が判断するのは危険です。

 

 発熱やおう吐を伴っていないか

下痢だけでなく、熱があったり、食べたものを
吐き戻してしまう場合も注意が必要です。

 

上記のような心配な下痢の場合、いくらお家で対処しても治らず、
容体が悪化してしまいます。

最悪の場合、重大な病気の発見が遅れてしまう事にもなりかねませんので、
大げさなどと思わずにすぐに病院に連れて行ってあげてください。

 

幼児の下痢が続いた場合の対処法

上記のような危険な下痢ではなかったとしても、
下痢が続いてしまう事はあります。

また、病院へ連れて行って整腸剤を処方されても、
幼児の下痢はなかなかすぐには治らないことが多いのです。

そんな時、お家でどのような対処をしてあげたらよいでしょうか?

 

 水分を十分に補給すること

下痢をしている時の基本ですね。
うんちに水分を沢山取られてしまいますので、
水分補給してあげないと、脱水症状を起こしてしまいます。

 

 消化の良い食事

下痢をして胃腸が弱っていますから、
消化の悪いものを食べさせてしまうと消化不良を起こしてしまい、
さらに下痢が悪化します。

 

 お腹を冷やさない事

これもお腹を壊している時は基本ですね。
四次元ポケット付のドラえもん腹巻は子供にも好評ですw

 

 必要に応じてオムツを付けてあげる

下痢の時は排便の回数も多いですし、うんちがゆるく、
おトイレに間に合わなくなってしまう事もあります。

必要に応じてその時はおむつを付けてあげた方が良いと思います。

 

 お尻のかぶれに注意してあげる

子供の皮膚は敏感です。
何度も水っぽいうんちをしていると、
お尻が赤くなってしまう事があります。

そうなるとうんちの度にお尻に激痛が走り、
さらにかわいそうな事になってしまうのです。

オムツを卒業したお子さんでも、
下痢の時はお尻拭きでお尻を拭いてあげた方が良いと思います。
トイレに流せるお尻拭きなどを用意してあげると良いでしょう。

また、お子さんは拭き残してしまう事もあり、
下痢の時に拭き残してしまうとすぐに肌が荒れてしまいます。

うんちの状態を確認する事も出来るので、
下痢が治るまではお母さんがお尻を拭いてあげた方が
より安心かもしれませんね。

 

下痢の時の食事で気をつける事

お子さんが下痢をしてしまった時、食べ物は消化の良いものを
食べさせてあげる事が必要になります。

消化の良いものというと、代表的な食べ物は
やはりおかゆですね。

おかゆ

しかし、長引く下痢の間ずーっとおかゆばかりでは
栄養面で心配になりますよね。

もちろんおかゆ以外の物を食べさせても構いません。
ただ、消化が良くなるように工夫して食べさせてあげてください。

例えば野菜は生では食べさせず、必ずを通すこと。

ごぼうのように繊維の多い根菜類やキノコは火を通しても
あまり消化に良くはならないので、下痢の間は避けた方が無難だと思います。

それから、パンはそのまま食べさせるより、
トーストにした方が消化が良いので、
軽く焼いて食べさせてあげましょう。

 

それと下痢の時は乳製品は基本的には避けた方が良いと言いますが、
ヨーグルトに関しては逆に食べると下痢が治るという方もいます。

ヨーグルト

理由は腸内環境を整える善玉菌が下痢により排出されてしまっているため、
それを補う事で再び腸内環境を整えることができるからという事のようです。

但し、子供の場合、大人よりお腹が敏感ですから、
ヨーグルトだと乳脂肪分なども含まれているので
壊れたお腹には少々厳しいかもしれません。

 

そこで、私は子供が下痢をしたとき、ヨーグルトではなく
赤ちゃん用のお米のせんべいで乳酸菌が沢山入っている物があるので
それを食べさせています。

ハイハインというお菓子です。
たぶんお母さんならみなさんご存じだと思うのですが…

すると不思議、うちの子供は必ず下痢が改善していきます。

どのお子さんにも有効とは言い切れませんし、
何か病気が隠れた下痢には効果がありませんが、
お子さんがおなかの調子が悪いなと思ったら、
一度試してみて下さい。

 

まとめ

大人でも、ひどい下痢をしてしまった時は辛いですよね。
お子さんももちろん辛い思いをしています。

たかが下痢でも続けばどんどん体力は消耗してしまうのです。

少しでも早く治るように悪化しないように
お家での食事等、気を付けてあげてください。

そして危険な下痢の兆候があれば
迷わず病院に連れて行って下さい。

Sponsored by Google

コメントを残す