子供の学費 いつからどうやって貯める?【学資保険は有効?】

Sponsored by Google

幼稚園から大学まで通わせるとすると、
子供の学費は少なくとも合計で1000万円はかかると言われています。

入学

1000万円…大金ですよね。
すぐに用意しろと言われたら、はっきり言って我が家は無理です。
しかし、かかるものはかかるんですよね…

今すぐではなくとも、
いつかはこの金額のお金を使う事になるわけです。

幸い、この1000万円のうち
大半は大学でかかる費用です。

ですから大学の費用は
子供が大学生になるまでに貯めれば良いわけですね。

これで少しは安心ですが、では一体いつ頃からどうやって
数百万円にもなるお金を貯めたら良いのでしょうか?

それにこの1000万円という金額はあくまで少なくともです。
途中私立に通う事になったりすればもっとお金はかかります。

しかし、子供に必要であれば
しっかり教育を受けさせてあげたいですよね。

そのための費用、いざという時に困らないために、
どうやっていつから貯めたら良いのか考えておきましょう。

 

子供の学資を貯蓄し始めるタイミング

ズバリ、子供の学資は生まれてすぐに貯蓄し始めた方が良いと思います。
正直、高校までは公立でしたらそれほどの大金はかかりません。

貯金

「うちの子が大学まで行くかどうかまだわからないのに
今からお金貯めたら無駄になるかも…」
と思う方もいらっしゃるかもしれませんが、
仮に大学に通うのに入学金授業料その他で600万円かかるとしましょう。

子供が10歳から貯蓄を始めて
18歳までの8年間で大学資金を貯めようと思ったら、
毎月62500円も貯金しなくてはなりません。

二人子供がいたらこれの倍です。
きつくないですか?

5歳から始めても月約38000円貯金し続けなくてはいけません。
0歳から始めれば月約28000円です。

それでも決して安いとは言えませんが、
0歳からスタートしないと月々必要な貯蓄額が上がり
余計辛くなるという事はお分かり頂けましたでしょうか?

 

学資保険を使うにしても同じで、
保険をかけ始める年齢が早ければ早いほど月に支払う保険料は
当然安く済みます。

もし子供が大学に行かず、
そんなにお金を使わなかったとしても、
お金はあって困るものではありませんよね。

お孫さんが生まれたらお孫さんに使ってあげるなり、
お子さんの結婚資金にと渡してあげたりするのも
良いのではないでしょうか?

 

学資保険を使うのは有効?

お子さんの学資を貯蓄する方法の一つとして学資保険があります。
多くの方が利用されているのではないでしょうか?

ほけんhome保険相談
*WEB上で無料相談できます!

我が家も学資保険、かけています。
最近の学資保険は非常に戻り率の良い商品が増えましたよね。

例えば270万円支払って300万円受け取れるという感じです。
ですから、私は非常に有効な方法だと思います。

どの保険商品とどの銀行の定期預金を比較するかにもよりますが、
たいていの場合、定期預金で270万円預けた時の利息よりも、
学資保険で戻ってくる余剰のお金の方が多くなるはずです。

 

また、学資保険の場合、保険をかけた人(父親など)に
万一の事があった場合、その後の保険料は払う必要が無いという特約や、
入院保険などが付いた商品もありますので、
貯蓄をしながら万一に備えることも出来てしまいます。

我が家でかけているのは戻り額が300万円の学資保険に
日額4000円の入院保険が付いている物です。
入院保険も早速娘が気管支炎で入院した時に使いました。

入院保険を使ったからと言って、
満期の時に戻ってくる金額から差し引かれるという事は無いので、
かなり助かるなと思っています。

 

但し、学資保険だけで必ず大学の資金すべてが賄えるかというと
そうとは限りません。

例えば満期に300万円受け取れるコースで保険をかけていた場合、
大学卒業までに安くて500万円かかると考えると足りませんよね。

おそらく入学金と初年度の授業料などは問題ないと思いますが、
いずれ足りなくなるでしょう。

学資保険に入っているから学費の問題はないと
何も準備しないのは危険ですので、
他にも少しずつ貯蓄しておいた方が安心でしょう。

 

我が家の貯蓄の仕方

学資保険の他にも貯蓄の仕方は色々あります。

我が家の場合、大まかなお金は学資保険で貯蓄し、
予備として毎月少しずつお金を預金用の口座に入れるなどして
準備しています。

お金以外にも子供の教育資金として貯めている物があります。
それは商品券です。

商品券

まず、電気ガス水道代などをポイントがたまり、
かつポイントを商品券に交換できるカードで決済します。

そしてポイントで交換した商品券は使わずに取っておくのです。
他にもお祝い返しなどで頂いた商品券も絶対に使いません。

この商品券がなぜ教育資金になるのかというと、
入学、進学時に必要な物を購入するのに使えるからです。

文房具、かばん、新しい靴だとか色々買いますよね、
すべて合わせると結構な額になります。

商品券など取っておいても大した額にならないだろうと思うかもしれませんが、
我が家は長女が生まれてすぐにこれをはじめ、長女はまだ4歳ですが、
すでに貯まった商品券は7万円分を超えています。

小学校入学時の準備に使おうと思っています。

 

その他、財布に500円玉が出現したら使わずに貯金箱に入れる
500円玉貯金もしています。

500円

それをGWなど連休のレジャー費に使い、
生活費から娯楽費を捻出しないようにして
なるべく貯蓄に回すという小さな努力なんかもしています。

 

まとめ

子供の学費は決して安いものではありません。

いざという時、急に何とかしようとしても、
一般家庭ではすぐに貯まるような金額ではないのです。

しかし、子供が望むのであれば、
できるだけの教育を受けさせてあげたいものですよね。

そのためになるべく早くから無理の無いように学資保険など、
使えるものはうまく使って少しずつ子供の将来に
しっかり備えてあげて欲しいと思います。

Sponsored by Google

コメントを残す