子供の写真を上手に撮るコツとは?【かわいく撮りたい場合】

Sponsored by Google

かわいい子供の写真、
親はついつい沢山撮ってしまいますよね。

笑顔

でも撮影した写真を後で見ると
「あれ…あの時もっとかわいい表情してたのに」
「全然良い表情で撮れてない」

なんて事、結構ありませんか?

私もなかなかうまく写真が撮れずに悩みました。

今!!と思ってシャッターを押しても、
なぜかちょっとタイミングがずれていたり…

「私のまぶたがシャッターボタンだったらいいのに!!」
と本気で思いました。

最近では、スマホや携帯でも
かなり高画質の写真を撮れるようになりましたから、
より子供たちの日常のふとしたかわいい瞬間を
カメラに収めるチャンスは増えましたよね。

でしたらせっかくなので、
可愛く撮ってあげたいものです。

お子さんの写真を少しでもかわいく撮れるコツ
今日はお話したいと思います。

 

カメラの前で子供を笑わせるには

にっこりと笑った表情を映したいのに、
なんだか子供の表情がぎこちないなんていう事よくありますよね。

にこにこ

赤ちゃんだったら笑わせる事自体、一苦労です。

どうしていつもかわいく笑ってくれるのに、
カメラを向けるとその表情は出ないのだろうと
不思議に思う方も多いでしょう。

 

子供と言えども、突然レンズを向けられ、
「笑って!」
などと言われると緊張してしまいます。

ですから笑っていても
どこかこわばったような表情になってしまうんですよね。

赤ちゃんも同じようなもので、
見たことがない機械がこちらを向いているわけですから、
「なんだろう??」とガン見になってしまったり、
怖くて泣き出してしまうわけです。

ですから、子供の自然な笑顔を撮ろうと思ったら、
普段からカメラを向けられることに慣れさせておく事も重要です。

カメラのおもちゃで普段から遊んだり、
うまく撮れる撮れないに関わらず、
携帯などで構わないので、しょっちゅう写真を撮ってやって下さい。

別にすべてを現像する必要はないのです。

普段写真を撮られることに慣れていれば
いざカメラを向けられても自然な笑顔が出やすいと思います。

 

それから「笑って!」と言われても
なかなかいつもの素敵な笑顔は出せません。

大人も結婚式の集合写真や写真館に家族写真を撮りに行った時など、
カメラマンに
「はい笑ってください~」
と言われて一応笑顔は作りますが、不自然になりがちですよね。
子供だって同じです。

ドンとカメラを構えて「笑って!」と言われても
不自然になって当然なのです。

 

子供に笑ってほしければ、
一番楽な方法は二人がかりで写真を撮る方法です。

例えばお父さんが写真を撮る係りだとすると、
そのお父さんの後ろでお母さんが笑わせるのです。

赤ちゃんの場合もこの方法が有効でしょう。
カメラの後ろでガラガラなどを振ってあげたりしてみましょう。

幼児でしたら会話をするのも良いでしょう。

例えば
「今度の日曜日どこに行きたい?」
など子供がわくわくしながら答えてくれそうな質問を
投げかけてみましょう。

「動物園!!」なんて答えた後は
たいていにこやかに微笑んでいるはずですので
そのタイミングを見計らってシャッターを切るという感じです。

 

子供の写真をかわいく撮るコツ

子供の写真をかわいく撮るには
いくつかのちょっとしたコツがあります。

写真

まず、お目めパッチリの可愛らしい表情を撮りたい時は、
斜め上の角度から撮ってあげてください。

カメラを構えているのを気づかれないようにして
上からお子さんの名前を呼んであげましょう。

ふと上目づかいになった可愛らしい表情を
撮影することができます。

 

逆に子供の斜め下の位置から写真を撮ると
迫力のある感じの写真を撮ることができます。

赤ちゃんの場合、まだ立てないので斜め下というよりは、
寝ている足元の方からカメラを構えると良いでしょう。

カメラを見下ろす表情が何ともふてぶてしい感じで
私はこちらの表情もかわいくておススメです。

 

いないいないばーをしてもらうのも一つの方法です。

ばーの瞬間を逃さないようにシャッターを切るのが
なかなか難しいかもしれませんが、
うまく行けば満面の笑みを撮ることができます。

 

それからコツとはちょっと違いますが、
連写機能を使うのもおすすめです。
連写機能は今や普通のガラケーにもスマホにもついていますよね。

スマホ

私は上の娘の時、携帯(ガラケー)を
常に連写モードにしておいて撮影していました。

下手な鉄砲数打ちゃ当たる…
という感じで、写真の技術の無い私でも
素晴らしい写真が結構取れました。

また、遊んでいる所などを撮影すると、
面白い動きのある連写が取れたりもします。

下の子供は初めて寝返りをうつ様を
連写で納めることに成功しました。
とても良い記念になったと思います。

これらの方法は、本格的なカメラでなくても、
カメラの知識が無くても出来る方法なので、ぜひ試してみてください。

 

まとめ

お子さんのかわいい瞬間、
出来るだけ沢山写真に残してあげたいですよね。

ただ、かわいく撮ろう撮ろうと思いすぎると
せっかくのお子さんの表情が硬くなってしまう事もあります。

普段、お父さんやお母さんと遊んでいる表情が
一番かわいい表情なはずです。

あまりかしこまらず、普段から遊びながら
楽しく写真を撮ってあげるのが一番良い表情を
引き出せる方法だと思います。

Sponsored by Google

コメントを残す