夫が育児に非協力的な場合、効果的な対処法は?

Sponsored by Google

夫が育児に非協力的で困っている!
ウンチをしたときのおむつ替えは絶対にやらないし
もう少し協力してくれてもいいのではないか?
と思うママさんも多いと思います。

育児

かくいう私も男の人は自分が産んだという実感がないのだから
生後しばらくは仕方ないのかな?と思って
しばらく様子を見ていたものの、
首が据わった後も全くお世話を手伝う姿はありません!

私もそろそろ仕事復帰を控えているので、
イクメンになれとは言わないまでも、もう少し
夫に育児の協力をお願いしたいと考えています。

そこで今回は夫が育児に非協力的な場合の
効果的な対処法
について調べてみました。

 

夫が育児に非協力的な理由とは?

夫が育児に非協力的な言い分としては
以下のような理由が挙げられます。

 仕事で疲れているから家にいる時くらいはのんびりさせてほしい
 男は外で頑張る、女は家庭で頑張るものという固定観念が強い。

 

とはいえ、女性としては自分の子どもなんだから、
疲れていたとしてもせめて休日くらいは
少しぐらい手伝って欲しいというのが本音です。

せめておむつ交換だけでも、
せめてミルクをあげるだけでも、
せめて泣いたら抱っこをするだけでも…

ほんの些細なことでもいいから
少しくらい手伝ってくれてもいいんじゃない?
私にも束の間の休みくらい、作ってくれてもいいでしょ!
と強く思うことも多々あろうかと思います。

ダメ

 

夫に子育てに協力させるには、
男性の父性に訴えかけるのがポイントです。

女性は妊娠中から母性が芽生えますが、
男性は体の変化がないので
父性が芽生えにくいと言われています。
そのため、父性は育むしかありません。

これは男女の脳の違いによるところが大きく、
どうにもしようがありません。

子どもと同時に夫の父性も育てるか、
夫の協力はスッパリ諦めて自分が変わるか

そのどちらかです。

 

夫の父性を育てるには

面倒ですが、夫の父性は育てなければなりません。
その時に注意したいのが以下のことです。

 

 周りと比較しない

羨ましいことに父性が培われている夫もいます。
いわゆるイクメンと呼ばれる男性です。

ただ周囲と比較しだすとキリがありませんので
絶対に
「○○さんの旦那さんは…してくれるのに!」
と言わないようにして下さい。

へそを曲げて意地でもやらない!という方向に
向かってしまいます。

 

 責めるよりも甘える、お願いする

「なぜ手伝ってくれないの?」と責めるより、
「○○をして欲しい」と具体的にして欲しいことを
お願いする方が頼まれた方もやりやすいことがあります。

また
「○○してくれると私はすごくうれしい!」
「○○してくれると私は非常に助かる!」

という言い方は父性に訴えかける依頼の仕方なので
効果的だと思います。

 

 とにかく褒める

ママにとっては何でもないことでも、
パパにとっては初めてのことがたくさんあります。

どんなに些細なことでも、
絶対に褒めて感謝の気持ちを伝えましょう。

ちなみに
「ありがとう。○○ちゃんも
大好きなパパにおむつを替えてもらって大喜びだよ」
「助かったわ。○○ちゃんもパパに抱っこしてもらって
うれしくてしょうがないみたいね」

という言い方は、私だけでなく子供も喜んでいるというほめ方になります。

父性に訴えかける効果的なほめ方になりますので
ご参考まで。

 

まとめ

いかがでしょうか?
夫に協力を期待するより、
キッパリと諦めた方が楽なのではないか?とも
思うほどの面倒臭さもありますね(笑)

でも、長い目で見た時に父性を育てて行った方が
ママにはもちろん、子どもにも好影響ですので
辛抱強く付き合っていきましょう。

 

■応援頂けると励みになります!↓
にほんブログ村 子育てブログへ
にほんブログ村

Sponsored by Google

コメントを残す