赤ちゃんが哺乳瓶を拒否する場合の対策とは?【おすすめの哺乳瓶は】

Sponsored by Google

母乳で育てているお母さんでも病気で薬を飲んでいる時だとか、
人に預けなくてはならない事情がある時など
母乳をあげられない時もあります。

ミルク

母乳を搾乳しておいて冷凍保存している方もいるでしょうが、
いずれにせよ、哺乳瓶で飲ませる必要がありますよね。

しかし、普段母乳で育っている赤ちゃんの多くは、
哺乳瓶で飲ませようとしても嫌がります。

全く飲んでくれないと、
水分は足りているかなど心配になりますよね。

病気で何日も母乳をあげられない場合になると
飲んでもらわないと大変なので、本当にお困りになると思います。

私も一度経験ました。

哺乳瓶だと飲んでくれない、でもお腹はすいているから泣く、
でも母乳をあげるわけにはいかない…

こっちが泣きそうになりました。

そんな時、先輩ママたちから教えてもらった方法があり、
私の子供は哺乳瓶でミルクを飲んでくれるようになったので
その方法を伝授したいと思います。

 

赤ちゃんが哺乳瓶を拒否する場合の対処法

いざ哺乳瓶で母乳やミルクをあげようとしても、
赤ちゃんが嫌がってしまった場合、
「この哺乳瓶だと飲みずらいのかも」
と別の哺乳瓶を買ってしまう方も多いと思います。

コンビ

しかしそれは少し待った方が良いでしょう。

なぜなら、「哺乳瓶嫌い」とよく言いますが、
実は原因は哺乳瓶ではない事が非常に多いからです。

 

まず、哺乳瓶での哺乳を嫌がったら、
以下の事を試してみてください。

 母乳をあげる時のように、お母さんの肌に密着させてあげる

本当におっぱいをあげる体勢と同じにしてしまうと
おっぱいに吸い付こうとしてしまうので、
密着させるのはおっぱいでなくても構いません。

お母さんと肌を触れ合うだけで
落ち着く赤ちゃんも結構いるようです。

 

 ミルクの暖かさを確認する

普段飲んでいる母乳の温度と同じくらいになるように、
しっかり人肌の温度になっているか確認しましょう。

 

 ミルクを変えてみる

ミルクは味はどのメーカーも同じと思っている方も多いかもしれませんが、
実は微妙に味が違います。

ただ、ミルクも飲みが悪いからと一缶買ってしまうと、
無駄になってしまう事もあるので、試供品などをもらっておいて、
それで試してみるのが良いと思います。

 

 哺乳瓶自体を少し温めてみる

特に哺乳瓶の乳首部分の感覚が母乳と違う事で
拒否をしてしまう赤ちゃんが多いので、
なるべくお母さんのおっぱいの状態に近づけるために、
哺乳瓶の乳首も温かくしてみてあげてください。

 

上記の事を試してみてもうまく行かない場合は、
いよいよ哺乳瓶が合わない可能性が出てきます。

別の哺乳瓶で試してみるか、
又は同じ哺乳瓶でも、乳首だけ取り替えてみるなどしてみましょう。

 

おススメの哺乳瓶

哺乳瓶以外の事を改善してみても
やはり哺乳瓶から飲んでくれなかったら、
別の哺乳瓶で試してみることも必要になってきますよね。

ではどの哺乳瓶が良いのでしょうか?
哺乳瓶も沢山種類がありますので、悩んでしまいますよね。

正直、私がこれが良い!と言っても、
どれが合うかはお子さん次第ですから
皆さんのお子さんに合うとは限りません。

実際我が家の上の子と下の子では
お気に入りの哺乳瓶が違いました。

 

普段完母で時々哺乳瓶を使うという方は、
やはりできるだけお母さんの乳首に似た感じのものが
気に入ってくれると思います。

乳首の大きさなど、お母さんの乳首に近づけるよう
試行錯誤しやすいように乳首のカット以外にも
乳首の大きさ自体を変えられるようなタイプの
哺乳瓶を選んだ方が良いと思います。

 

私が使った哺乳瓶でおススメなのは、
ピジョンの母乳実感です。

乳首の大きさが結構大きめで、しっかり咥えて飲めるので
母乳を飲むときの感じと似た感じで飲めているようでした。

 

赤ちゃんが哺乳瓶嫌いにならないためにできる事

「私は完全母乳だから、別に哺乳瓶で飲んでくれなくても困らない」
と思うお母さん、結構いらっしゃると思います。

しかし先に述べたように、お母さんの急な病気などで
やむを得ず、母乳をあげられなくなってしまう場合もありますよね。

普段から哺乳瓶嫌いにならないために対策をしておかないと
いざという時に哺乳瓶では飲めず、困ったことになります。

いざという時のために、
できれば赤ちゃんには哺乳瓶嫌いにならないでほしいですよね。

 

普段完母の赤ちゃんでも、哺乳瓶を嫌がらないようにするには
どうしたら良いでしょうか?

それは簡単な事で、普段から哺乳瓶を使わせる事です。

哺乳瓶

と言っても完母なのに、毎回搾乳して哺乳瓶を使うなんて
面倒ですし、時間がかかりますよね。

そこは毎回でなくとも大丈夫ですので、ご安心下さい。

私は下の子をほぼ母乳で育ていますが、
2日に1回、夜寝る前の授乳に哺乳瓶を使うようにしています。

2日に1回しか使っていませんが、多少最初は口で遊ぶものの、
哺乳瓶から飲んでくれます。

 

このように、出来れば生まれてすぐから時々哺乳瓶を使って
慣れさせておくと、哺乳瓶嫌いになりにくいと思います。

生まれてすぐにはできなかった場合、
哺乳瓶に慣れるまでは少し時間がかかります。

その場合は、慣れるまでは
毎日1回哺乳瓶を使うようにしてみてください。

実際に飲まなかったとしても焦る必要はありません。

しばらく頑張っても飲まなかったら
いつもどおりおっぱいからあげれば良いのです。

飲まなくても口に含ませることを続けることで
次第に慣れてくれるはずです。

 

まとめ

まだミルクか母乳しか飲めない赤ちゃん、
哺乳瓶を使ってくれなくなってしまうと栄養を摂取できないわけですから
お母さんは焦ってしまいますよね。

普段母乳であっても、
いつ哺乳瓶を使わなくてはいけなくなるかわかりません。

いざという時、哺乳瓶から飲めずに慌ててしまわないように
出来るだけ普段から少しずつ哺乳瓶に慣れさせておくと安心です。

また、哺乳瓶では飲まないからと言って、
原因は哺乳瓶とは限りません。

できるだけおっぱいから飲んでいる感覚に近づけてあげることで
哺乳瓶を変えなくともおっぱいを飲んでくれるようになることもあるのです。

Sponsored by Google

コメントを残す