子供の紫外線対策 目や肌を守るには?

Sponsored by Google

元気に外で遊ぶ子供の姿、微笑ましいですよね。
温かく、天気の良い日には、健康のためにも
外で遊ばせてあげたいものです。

しかし、忘れてはいけないのが紫外線対策です。

紫外線

お母さん方は、
「シミになったら困る!!」としっかり紫外線対策しているのに、
お子さんは何の対策もなしなんていう事になっていませんか??

子供の肌は敏感で大人よりずっと薄いのです。
お子さんのお肌もしっかり紫外線から守ってあげなくてはいけません。

また、忘れがちなのが、目の紫外線対策です。

お子さんを安心して元気に外で遊ばせてあげるには
どの程度紫外線対策をしたらよいのでしょうか?
一緒に考えてみましょう。

 

紫外線が子供に及ぼす悪影響

まず、具体的に紫外線が子供にどのような悪影響があるのか
ご存知でしょうか?

お外

主にあげられる物に以下のようなものがあります。

 

 白内障を発症しやすくなる
 皮膚がんの発症リスクをあげる
 免疫力が低下する

どれも大変な事です。

 

日光を浴びたからと言ってすべてのお子さんが
そのようになってしまうわけではありません。

また、日光を全く浴びてはいけないというわけではありません。

しかし、何の対策もせずに日光を浴び続けるのは
上記のようなリスクがあるのです。

お子さんにはしっかり紫外線対策をした方が良い理由が
お分かりいただけたでしょうか?

 

子供の肌を紫外線から守る方法

お子さんの肌を紫外線から守るには、
まず日焼け止めを塗る事ですよね。

この日焼け止めですが、しっかり紫外線から守りたいと考えれば
当然SPF値の高いものを選びたくなりますよね。

しかし、このSPF値の高い日焼け止めは
肌への負担も大きいというリスクがあり、
肌が荒れてしまったりという事も起こりやすいものです。

そのため、子供用の日焼け止めにはSPF値の高いものは少ないのです。

 

お子さんは肌が敏感ですから、
特に赤ちゃんはあまりSPF値の高いものは選ばない方が無難でしょう。

その代わり、定期的に日焼け止めを塗り直してあげてください。

お外で遊んでいるお子さんには30分~長くても1時間以内には
一度お母さんの元に呼び戻し、日焼け止めを塗り直してあげると
かなりの効果が期待できるはずです。

水分補給の時に日焼け止めも塗り直してあげる
という感じが良いかもしれませんね。

 

それから、最近はUVカットの肌着やTシャツなどが販売されています。

お外で遊ぶときにはそういったものを着せてあげるのも良い方法です。

熱中しておもちゃなどで遊びたい時は
木陰で遊ばせてあげるのも良いですね。

砂場などで一生懸命何かを作っている時などは
私の場合、私が日傘をもって太陽光をさえぎり、
子供に直射日光が当たらないようにしたりもしました。

そんな小さな工夫でも構いませんので、
お子さんが長時間直射日光を浴び続けることが
無いようにしてあげましょう。

 

また、お外遊びの時間を工夫するのも良いのではないでしょうか?

私は朝早くに遊ぶのが結構おススメです。
朝の太陽光を浴びると1日のリズムが付きやすので一石二鳥です。

そのため、私は主人を見送って朝8時半頃から
日差しが強くなってくる10時頃までお外で遊ばせていました。

 

子供の目を紫外線から守る方法

次にお子さんの目を紫外線から守るにはどうしたら良いでしょうか?

サングラス

元気に走り回る子供に、大人のようにサングラスのは難しいですよね。

確かに子供用のサングラスもありますが、
走り回ってよく転ぶ子供には危険なので
外遊びに時にはおススメできません。

 

一番にはまず帽子をかぶることです。

ただ、つばの大きさに注意してください。
つばの小さな帽子ですと、あまり意味がありません。

かといって女優のようなつばの大きな帽子では遊びづらいですよね。

大きな帽子

遊びにくくない程度で、少し大きめのつばの帽子を
選んであげましょう。

また、紫外線を多く浴びた日には、
子供用の目薬でケアしてあげることも効果的です。

 

まとめ

紫外線は好きなだけ浴びていいものではありません。

かなり重大な病気の原因になるものですので、
しっかりと対策をする必要があるのです。

特にお子さんの肌は薄くて敏感ですから、
大人より紫外線の影響を受けやすいと言われています。

子供は外遊びが好きですよね。

大好きな外遊びを思う存分楽しめるように、
大人がしっかりとケアしてあげましょう。

Sponsored by Google

コメントを残す