子供がパパになつかない時の対応法は?

Sponsored by Google

子供がパパになついてくれない原因は
やっぱり一緒に過ごす時間が短いせい?

パパ

パパがお仕事に行くとき、「また来てね」なんて言われている…
実際に目の当たりにした時には、笑えませんでした。

パパもなんだかさみしそうだし
パパだって子供に「大好き」って言われたいですよね。
子供がパパになつかない時の対応法についてまとめてみました。

 

子供がパパになついてくれない原因

 一緒にいる時間が短いから

一番の原因は一緒に過ごす時間がママに比べて圧倒的に短いことです。
パパはお仕事で朝から晩までお家を空けなくてはならないので
こればかりはどうにもなりませんよね。

パパだってできる事なら一日中子供と一緒に居たいですよね。
でもそれは無理なので、一緒に過ごす時間を
有意義に子供を楽しませるために使うことが大切ですね。

 

 パパへの不満を子供に漏らしていませんか?

これは私の経験談ですが、いつも靴下や服を脱ぎっぱなしにする旦那への不満を
子供に漏らしてしまっていたのです。

「パパ嫌ね…」と、パパに冷たく当たるようになってしまいました。
私としてはそんなに深い意味もなく、冗談交じりに言ったつもりだったのですが、
子供は素直なのでそのまま受け取ってしまったんですね。

ママはパパが嫌なんだと感じてしまったのでしょうね。
子供って勘がいいというか、空気を読むのがうまいので
パパとの関係がぎくしゃくしていたりすると、
子供もパパに対して同じような態度をとるようになりますよね。

なので、親同士のトラブルは子供のいないところで解決するのが大切ですよね。
子供の前で大ゲンカなんて絶対にできないですよね。

 

子供がパパになついてくれるようにするには

パパになつくようにするのに一番簡単な方法は、
パパの顔を立ててあげる事

例えば、プレゼントは絶対にパパから渡すようにするとか、
遊びに行くときには必ずパパから誘わせるようにするとか、
そんな簡単なことでよいのです。

もので釣るようなやり方でやだな~って思うかもしれませんが、
パパに子供が喜ぶ顔を見せてあげられる絶好のきっかけじゃないかと思うんです。

それに子供って単純なので、
楽しいことを提供してくれる人には絶対になつきます。

 

それから、うちでは私が娘をお風呂に入れる時は、
なるべくささっと切り上げるようにしています。

バス

そしてパパが子供とお風呂に入る時には
遊んであげるように言っています。

なので、うちではパパがお家にいる時には
「パパと一緒にお風呂はいる!」
自分からパパを誘ってお風呂に行ってくれます。
その方がママも楽ですしね(笑)

 

パパよりママは仕方ない?

転んでしまったり、どうしても泣き止まなかった時に、
ママが抱っこしたらピタッと泣き止む…
こういうこと良くありますよね。

パパが抱っこしようとしたとき
「ママじゃなきゃやだ~」
…パパはショックを受けてしまいますよね。
でもこれは仕方のないことなんです。

ママがいないと生きていけない!
子供にはそういう本能が備わっているらしいです。

こればっかりはどうにもできないし、
普段から子供のお世話をしているのに、
ママよりパパの方が好き!なんていわれてしまったら
ママだって傷ついてしまいますよね…

うちでもそこのところはパパにも諦めてもらっています。

 

そのかわり、我が家では怒られた時の逃げ場はパパにするようにしています。

ケア

基本的に注意したりするのはママの役目、
その後のフォローはパパがするようにしています。

でも昔はお父さんって怖い存在でしたよね。
最近ではそういった風習も薄れつつあるので、
パパの存在をしっかりと確立するためにも、
時には叱ってもらうことも大切だと思いますけどね(*^^*)

 

まとめ

子供の喜ぶ顔、元気な姿が「明日も頑張ろう」という
パパのパワーにもなるんですよね。

毎日お仕事を頑張ってくれているパパに、
子供がなつかないなんてちょっとかわいそう。

パパを大好きになってもらうには、
ママのフォローも大切なのかな~と私は思います(*^^*)

Sponsored by Google

1件のトラックバック

コメントを残す