赤ちゃんがプラスチックを誤飲した場合の対処法は?

Sponsored by Google

赤ちゃんは、なんでも口に入れようとしてしまいますよね。
そのため、誤飲の事故は非常に起きやすいものです。

baby

お薬やたばこ、洗剤などに関しては、危険ですから常に気を配り、
子供の手の届かない場所に置いているという方が殆どだと思います。

しかし、赤ちゃんが口に入れてしまう物は
それらだけではありません。

例えばプラスチックなんかは、子供のおもちゃにも
当たり前のように使用されている物ですから、
より赤ちゃんの口に入る危険は高いですよね。

もし間違えて赤ちゃんがプラスチックを誤飲してしまったら
どうしたら良いかご存じでしょうか?

いざという時に慌ててしまわないように、
しっかり対処法を押さえておきましょう。

 

赤ちゃんがプラスチックを誤飲した場合の対処法

赤ちゃんがプラスチックを誤飲してしまった場合、
呑み込んでしまったプラスチックの大きさや形状により
対処法が異なります。

 

 小さなプラスチック片の場合

おもちゃの部品など小さなプラスチックのかけらの場合、
赤ちゃんの様子を見て普段と変わらないのであれば
様子見で良いそうです。

意外ですよね。

なぜ様子見で良いのかというと、
小さなプラスチック片はレントゲンを撮っても映らないし、
もちろん消化されませんから、
そのままうんちに混じって出てくるそうです。

ですから、出来れば翌日のうんちをよく見て、
ちゃんと体から排出されたことを確認してあげれば良いでしょう。

但しプラスチック片の先が尖っているという場合は
内臓などを傷つける恐れがあり危険なので病院に行きましょう。

 

 大きなプラスチックの場合

よくあるのが、おままごとなどをしていて、
食べ物の形をしたおもちゃを本当に呑み込んでしまうという事故です。

大きくて喉に詰まってしまった場合は
すぐに取ってあげないと危険です。

子供を下向きにして背中を叩きます。
取れなければすぐに救急車を呼んでください。

また、喉に詰まらずに飲み込めてしまったという場合でも
大きいのであればなるべく速やかに病院に行き、
医師に指示を仰ぎましょう。

その時に、
どのような形状のもので大きさはどれくらいの物か、しっかり医師に伝えてください。

 

 鋭利な形のプラスチック片の場合

大きさが小さくても、大きくても、
先が尖っていたり、折れたプラスチック片など
ふちが鋭利になっているような場合は、速やかに病院に行きましょう。

例えば喉に引っかかっているのが見えていて取れそうだと思っても
むやみに取ろうとすると、喉を裂いてしまったりするため危険です。

触らずにすぐ病院に連れて行ってください。

【参考】赤ちゃんがビニールを誤飲してしまった場合の対処法は?

 

誤飲を防ぐために出来る事

誤飲を防ぐためには、
危険な物は子供の手の届くところには置かないというのが基本です。

しかし、プラスチックに関してはおもちゃにも使用されておりますので、
全て子供の手の届かない所に置くというのは難しいでしょう。

おもちゃでも形状や大きさを見て、
子供が呑み込んでしまえそうな大きさの物であれば、
親が保管して、親と一緒に遊ぶときだけ出すようにする等した方が良いでしょう。

 

私個人としては、子供が口に物を入れている間は
呑み込む危険のある大きさのおもちゃでは
一切遊ばない方が良い
と思います。

なぜなら、親が見ている目の前でも、
親が止める間もなく口に物を入れてしまう事もあるからです。

「間に合わなかった…」
では済まないので、小さいおもちゃや小さな人形や部品のあるおもちゃは
口に物を入れなくなってからにした方が良いのではないでしょうか?

 

もう1点、お兄ちゃんやお姉ちゃんのいる場合は、
上の子たちにおもちゃを出しっぱなしにしないよう
徹底させる必要があります。

片づけ

赤ちゃんのおもちゃには気を付けていても、
上の子のおもちゃの部品を飲み込んでしまった!
という事故もとても多いのです。

 

まとめ

誤飲は、赤ちゃんの命に係わる大変危険な事故です。

まずは赤ちゃんが誤飲をしないように、
出来る限り注意してあげてください。

それでも万が一誤飲してしまった場合には、
慌てず呑み込んでしまった物の大きさにより
落ち着いて対処するようにしましょう。

小さなプラスチック片であっても、
うんちから出てこなかったり、やはり心配だという場合には
病院に連れて行ってあげても良いと思います。

Sponsored by Google

コメントを残す