子供のアルバム 手作りで安く仕上げる工夫は

Sponsored by Google

どんどん増えていく子供の写真。

少女

将来子供が大きくなったときにプレゼントしたいと始めたアルバム作り。
写真屋さんでフォトブックを注文するのも良いけど、
少しだけ手をかけて手作りのアルバムを作ってみるのも良いものですよ(*^^*)

手作りアルバムを安く仕上げる方法をご紹介します。

 

アルバムカバーを手作り

ごく普通のアルバムでもカバーをつけるだけで、
何倍もグレードアップします。

カバーなんて作るのめんどくさいと思ってしまうかもしれませんが、
案外簡単にできるものなんですよ(*^^*)

本屋さんで本を購入するとカバーをつけてくれますよね。
あんな感じのアルバムの表紙にひっかけるだけのものなら簡単に作れますよ。

素材はフェルトがオススメです。

端の処理もしなくてよいし、余った生地を使ってお花や動物などを作って、
手芸用ボンドで装飾するだけで立体的なカバーが簡単に作れます(*^^*)

最近では100円ショップなどでも大判のフェルト生地を売っているところもあるので、
あまりお金をかけずに材料を揃えることもできます。

私も姉の子が生まれたときに手作りのアルバムカバーをつけて
プレゼントしたところ、とても喜んでもらえました。

 

一工夫で華やかにするには?

ただ写真を張りつけていくだけでは
ちょっぴり寂しい気もしますが、
マスキングテープやおうちにあるシールなどを使えば、
一気に華やかなイメージになります。

マスキングテープを写真の4辺に張り付けて
フレームのようにしても可愛いですし、
また「誕生」「運動会」などページごとにタイトルをつけると
見やすくなりますよね。

 

絵や工作があまり得意でないというママは
パソコンなどでイラストなどをダウンロードするといいでしょう。

プリントしたものをカットして張り付けたり、
広告などにも可愛いイラストもあったりしますし、
ペットショップのチラシなどには
可愛い動物の写真もたくさん載っていますよね。

そういうものを日頃から取っておくようにすると良いですよ(*^^*)

布の端切れや要らなくなったハンカチなどを
細かく切ったものを写真のまわりに張りつけてフレームのようにしたり、
おうちにあるものだけでもアルバムを華やかに可愛く作ることができます。

 

アルバムの作り方 種類別

アルバムには大きく分けて、
ポケットタイプ、台紙タイプの2種類のものがあります。

アルバムの種類別に簡単に可愛く作る方法を
お伝えしたいと思います。

 

 ポケットタイプ

ポケットタイプにも、1ページに1枚というものもあれば、
2枚、4枚入るものなど色々なタイプがあると思いますが、
一番作りやすいのが1枚タイプかな~と思います。

シールやペンなどを使って写真をデコレーションしたり、
色が用紙などで台紙を作り、好きな形に切った写真を貼れば、
可愛く作ることができます。

 

 台紙タイプ(PPフィルムタイプ)

台紙とフィルムの間に写真を挟むタイプのアルバムです。
このアルバムが手作りアルバムのなかでも最もポピュラーですよね。

このタイプのアルバムはスパンコールやフェルトなど、
多少厚みのあるものを挟めるし、
1ページにたくさんの写真を貼ることができるので、
ストーリーを表現しやすいですよね。

 

 台紙タイプ(ライトフリー)

こちらは、自由にイラストや文字を書くことができる台紙です。
マスキングテープを使って無造作に写真を貼るだけで
可愛いアルバムになります。

絵が得意なママは直接書き込めるこのタイプのアルバムがオススメです。
色鉛筆やペンを準備するだけ、軽くて薄いので、
収納場所に困らないのもよいところです。

 

ネットで安く済ませるには?

とはいうものの、育児に追われてアルバムを作る時間がない!
おじいちゃん、おばあちゃんの誕生日に孫のフォトブックを作ってプレゼントしたいけど、
間に合いそうもない!

そんな場合はネットプリントジャパンのフォトブックをおすすめします。

値段がかなり安く、スマホからも簡単に注文できますので重宝しています。

 

まとめ

少し工夫をするだけで、
簡単に可愛いアルバムを作ることができます。

1歳のお誕生日や、七五三などの節目に、
可愛くデコレーションしたアルバムをプレゼントすれば、
おじいちゃんやおばあちゃんにも絶対によろこばれると思いますよ(*^^*)

Sponsored by Google

コメントを残す