赤ちゃんをずっと抱っこで肩こりがひどい場合の対処法

Sponsored by Google

初めての抱っこしたときには、なんて軽いんだろうと思っていた赤ちゃんも
日に日に大きくなり、一日中抱っこしているママの方はガッチガチ…

抱っこ

産後の肩こりに悩まされるママは本当に多いみたいですよね。
育児中の肩こりを解消する方法をお伝えしたいと思います。

 

肩こりの原因は抱き方にある?

育児中の肩こりの原因はおそらく赤ちゃんの抱っこの仕方や、
授乳の体勢に問題がある場合がほとんどです。

授乳

赤ちゃんを抱っこするときに力が入りすぎていませんか?
抱っこの位置が低くなっていたり、
抱っこするときに背中が丸まっていたりするのも
肩こりの原因になりえます。

 

お出かけの時には抱っこひもを使う方がほとんどだと思うのですが、
この抱っこひもがママの体に合っていなかったりする場合もあります。

ひもの長さなどを調整しなおすことで
肩こりが軽くなったりすることもあります。

 

また、授乳するときに背中が丸まっていると
背中や肩、腰痛の原因になります。

新生児の頃は軽くて、赤ちゃんを胸に寄せて授乳するのにも、
大して力は必要ありませんでしたよね。

でも2カ月3か月にもなってくると、
授乳中赤ちゃんを抱いているのもしんどくなってきますよね。

ついつい背中を丸めて、膝の上に赤ちゃんを乗せた状態で
授乳してしまいがちです。
でも、それが肩こりの原因になってしまうんですね。

 

そういう場合に便利なのが授乳クッション

授乳クッションでなくても座布団でもクッションでもなんでもよいのですが、
赤ちゃんの下に一枚クッションを挟むことで、
無理なく良い姿勢を保ったまま授乳ができますよ。

 

赤ちゃんの上手な抱き方

赤ちゃんを抱っこするときに、
ほんの少し意識するだけで、抱っこが楽になります。

そうすることで肩こりが解消されることもありますので、
ぜひ試してみてください。

まずは体の力を抜くことです。
抱っこするときに腕で抱っこしようと思うと
自然に腕や肩に力が入ってしまい、背中が丸まり
「抱きかかえる」ような姿勢になってしまいます。

なので力を抜き、胸の位置で支えるイメージで抱くと良いと思います。

大切な赤ちゃんなので、思わずギュッと抱きたくなってしまいますよね。
私も一人目の時には抱っこがうまく出来ず、
肩こりと腕の筋肉痛に悩まされましたが、慣れてくるもので、
二人目の時には重いと感じることも少なく、
長時間の抱っこも苦ではなくなりました。

 

肩こりが酷い場合の対処法

肩こりが酷い時、誰かに赤ちゃんを預けてマッサージや鍼などの施術を受けたり、
体を休めることができればそれが一番早い解決策なのかもしれません。

ただ、赤ちゃんが小さいうちは授乳を代わってもらうこともできませんし、
ママから離れられない子もいますし、そうもいきませんよね。

育児の合間にできる肩こり解消法をご紹介しますね(*^^*)

 

 肩こり・めまいのツボ

ツボ
*http://kata.nusutto.jp/55ktu.htmlより引用

 

 風池

首の後ろ、髪の生え際あたりにあるくぼみにあるツボが風池です。
この風池に親指を当てて、ほかの指で頭を包み込む形で風池を刺激することで、
首から方にかけての凝りが楽になります。

 

 肩井

首から外側に向かって指三本分あたりにあるツボです。
肩がこったな~と感じたときに知らずのうちにもみほぐしていることが多いです。

肩を回したり、背中を伸ばすなどのストレッチを日頃から行うことで
肩こりを悪化させないように心がけることが大切だと思います。

 

まとめ

産後は免疫や体力が低下しているので、
疲れやすかったり風邪をひきやすい時期でもあります。

それに合わせて肩こりや腰痛。
本当につらい時やパパがお休みの日にはお願いして、
体を休ませてあげるのも大切だと思います。

Sponsored by Google

コメントを残す