おむつはずしのコツ 効果のある方法は?

Sponsored by Google

卒乳に並んで苦戦するのが、おむつ外し。
今までしたくなったらその場でできたのに、
急にトイレに行って用を足せと言われても無理ですよね。

おむつ

それに今のおむつって履き心地が良いから、
おしっこが出ても気にならないみたいですよね。

一日も早くおむつとさよならさせたいところですが、
自然におむつが取れるお手伝いをしてあげるのが
トイレトレーニングのポイント。

おもらししちゃったときのフォローや、
おむつはずしのポイント
などについてまとめました。

 

おむつはずしの時期

トイレトレーニングを始めるタイミングとしては、
まず膀胱におしっこをためておけるくらいの筋肉がついていることです。
見定めは2~3時間に一度まとまった量のおしっこが出る事です。

そしておしっこやウンチのとき、
なんだか表情が変わったりもじもじしたり、部屋の隅にいったり。。。
トイレのサインがわかるようになっていることも大事です。

言葉がきちんと通じるようになっているとスムーズです。
個人差はありますが、年齢的に言うと大体2~3歳くらいでしょうか?

 

おむつ外しのコツ

はじめからおむつをとるのではなく、
おむつやトレーニングパンツをはいてのトレーニングから
始めると良いと思います。

おしっこ(うんち)の仕草を仕出したら、
おトイレに誘ってみます。

そして、トイレはおしっことウンチをするところだと
教えてあげてください。

 

初めは嫌がる子、すごく多いと思うんです。
うちの子もそうだったので。。。

そんな時にはお人形などを使って、
「~ちゃんおトイレでおしっこしてる!すごいね」などと、
トイレでおしっこをしている姿を見せたり、
自分がしているところ見せたりすると、
トイレへの興味が出てきたように思います。

 

この時、「おしっことウンチはトイレでしないとダメ!」というのは、
かえってトイレのイメージを悪くしてしまうのでNGです。

そしてトイレへの興味がわいて慣れてきたら、
自分から「おしっこ、ウンチ」と言えるように
働きかけてあげてください。

例えば、パパママがおトイレに行く前に、
「ママおしっこしたくなっちゃったからトイレ行こうっと」など、
おしっこをしにトイレに行くよと、
子供に伝えるようにするのがお勧めです。

子供ってなんでも真似っこしたくなっちゃうから、
その心理を生かした作戦です(*^^*)

 

そしてそれが出来るようになったらいよいよパンツで挑戦!
初めはトレーニングパッドなどつけておくと、
失敗しちゃったときにも、床を汚さずに済むし、
濡れちゃった感じもしっかり伝わるのでお勧めです。

ここまでできるようになれば
おむつがはずれるまであとちょっとです。

 

失敗しても絶対に怒らない

おむつはずしに失敗はつきもの。
遊びに集中してしまったり、間に合わなくてでてしまったり…

「だから言ったのにー!」
ついつい言ってしまいそうになりますよね。

でも失敗しちゃっても絶対に怒らないであげてくださいね(*^-^*)
パンツでおしっこして怒られるなら、
おむつのままでいいって思ってしまうみたいです。

 

私自身、それで一度後戻りしてしまっています。
娘が遊びに夢中になってしまって、
間に合わなかった時に、怒ったわけではないのですが、
「だから言ったでしょ」と、言ってしまったんです。

その結果、娘は「おむつがいい」と、
しばらくパンツをはいてくれませんでした。
きっとわたしの一言が娘を傷つけてしまったんですよね…

もし失敗しちゃったときには、
「濡れちゃったね~」「着替えようね~」など
優しい言葉をかけてあげるのが大事です。

 

まとめ

おむつはずしって本当に個人差があって、
1歳過ぎから始める人もいれば、
幼稚園などに入るタイミングに合わせて始める人、
1日で終わる子もいれば、半年かかる子もいます。

どんな子も心と体の準備が整うと
自然にうまくできるようになります。

おむつがはずれるのは
しつけではなく成長の証だと思います。

赤ちゃんが立って歩けるようになるのに、
早く歩けと怒るパパ、ママはいないと思います。

トイレトレーニングも同じ気持ちで、
やさしく見守る感じでサポートしてあげると
良いんじゃないかな~と思います。

 

■応援頂けると励みになります!↓
にほんブログ村 子育てブログへ
にほんブログ村

Sponsored by Google

コメントを残す