赤ちゃんが暑いか寒いかわからない…暑い時のサインは?

Sponsored by Google

おっぱいをあげてもオムツを取り替えても
抱っこしても赤ちゃんが泣き止まず困ってしまう事ありますよね。

泣き

赤ちゃんが泣いてしまう原因で
見落とされがちなのが「暑さ・寒さの問題」です。

赤ちゃんは自分で体温を調節する機能がまだ発達していません。

一通りお世話をしても赤ちゃんが泣きやまない場合、
暑いもしくは寒い事が原因である場合が結構あるのです。

しかし、赤ちゃんは当然話せませんから、
暑いのか、寒いのかどちらなのか迷ってしまうと思います。

お話ができないうちは、赤ちゃんの様子から
お母さんが判断してあげるしかありません。

なるべく早く赤ちゃんの不快を取り除くためにも、
暑いのか寒いのか素早く見極めてあげられるようになりたいですよね。

今回は赤ちゃんが暑がっているのか寒がっているのか
見極めるポイント
についていくつかお話したいと思います。

 

赤ちゃんが暑い時のサイン

赤ちゃんは新陳代謝が活発でよく汗をかきます。
基本的に殆どの赤ちゃんが暑がりだと思って良いと思います。

baby

また、赤ちゃんは大人よりも体温が高いですよね。

ですから、薄いタオルケットを1枚かけておいただけでも
タオルの中の温度は結構高くなってしまいます。

そのため、大人から見た見た目よりも赤ちゃん自身は
暑く感じている事が結構あるので注意してあげてください。

 

よく赤ちゃんの手や足を触って
「冷たいから寒いのではないか」
タオルなどをかけてしまう方がいらっしゃいますが、
赤ちゃんの手足は冷たいのが普通です。

手足が冷たくても実は暑がっている事もありますので、
手足の温度だけで暑いかどうか判断することはできません。

 

では、赤ちゃんが暑いのかどうか、
どうやって判断したら良いのでしょうか?

一番簡単なのは、背中や脇の下に手を入れてみることです。

汗ばんでいたら暑すぎる証拠ですので、
衣服や布団を1枚減らしてあげましょう。

エアコンや扇風機を利用するのも良いですが、
直接赤ちゃんに風が当たらないように気を付けてあげてください。

 

それから私の子供の場合ですと、暑くて泣いている時は
激しく足をばたつかせていました。
(まるで布団を蹴飛ばすようなしぐさです)

横になっている時であれば、まるで冷たい場所を探すかのように
寝返りを繰り返して移動しながら泣いていました。

そんな時は服を脱がせ、下着一枚にしてやると
ケロッと機嫌が直りました。

赤ちゃんが体を動かしながら激しく泣いて、原因がわからない時は
暑がっている事が結構多いので、一度服を脱がせてみると良いと思います。

 

赤ちゃんが寒い時のサイン

では逆に寒い時、赤ちゃんはどのような様子になるでしょうか?

cold

暑い時と同じように、激しく泣いて原因がわからない時、
寒い事が原因である場合もあります。

但し暑い時は足をばたつかせるなど
割と体を激しく動かして泣くことが多いのですが、
寒い時はあまり激しくは動かず、
背中を丸めたり、抱っこしているお母さんに
しがみつくようなしぐさを見せながら泣くことが多い
ようです。

 

それから顔色も一つのバロメーターになります。
寒い時は少し血色が悪くなります。

青ざめるまで行かなくとも、
いつもより色白な気がするという感じになっていたら
注意してあげてください。

赤ちゃんは手足は殆どいつも冷たいのですが、
寒い場合はそれに加えて色が紫っぽくなるなど血色が悪くなるので、
手足の温度だけでなく、色も見て判断してあげましょう。

 

まとめ

赤ちゃんはお話ができないだけでなく、
体温調節もまだうまく出来ません。

新陳代謝もよく、汗をかきやすいので
大人が十分注意してあげなくてはいけませんね。

大人は涼しいと感じていても
実は赤ちゃんは暑いと感じている事もあります。

大人の体感と赤ちゃんの体感は違うのです。

汗をかいていないか、手足の血色が悪くなっていないか
など赤ちゃんの様子をしっかりチェックして体温調整してあげて下さい。

Sponsored by Google

1件のコメント

  • 安藤 トヨ子

    私は、妊娠してるのでこんど参考にします。

コメントを残す