子供がチャイルドシートに座ることを嫌がる場合の対処法とは?

Sponsored by Google

チャイルドシートは、子供の命を守る大切な物です。

チャイルドシート

しかし、赤ちゃんから幼児まで、
苦手だというお子さん、とても多いですよね。

めそめそするくらいならかわいいですが、
身をよじってのけぞったり、足をばたつかせるなどして
断固として座ることを拒否する子もいます。

そうなるとお父さんお母さんもお手上げですよね。

また、なんとか座らせたのは良いけれど、
ずっとギャン泣き状態、車内が絶叫に包まれ
運転に集中できないなんていう事もあるでしょう。

あまりにも泣かれるので、
つい、チャイルドシートから下ろして
抱っこや大人用シートベルトのみの状態で
車に乗せてしまうという方も多いようです。

しかしそれこそが、次からさらにチャイルドシートを拒む原因になりますし、
何より危険です。

では、泣き叫んで拒否する子供を
どうやってチャイルドシートに乗せたらよいのでしょうか?

これは大事なお子さんの命に係わる事ですから、
何としてもどうにかしなくてはなりませんね。

 

子供がチャイルドシートを嫌がるワケ

子供がチャイルドシートを嫌がる理由、
実は意外にも簡単に解決できる原因の場合もあります。

まずお子さんがチャイルドシートを嫌がったら、
以下のような項目をチェックしてみてください。

 

 ベルトの高さや締め具合が合っていない

ベルトをきつく締めすぎていたり、
肩ベルトの位置が低すぎたり高すぎたりという事はありませんか?

 

 背中が蒸れて暑い

特に身動きが取れない赤ちゃんはつらいと思います。
冷感マットなどを使ってみましょう。

 

 肩ベルトが顎や首周りに当たるのが不快

肩ベルトに装着できるよだれで汚れることを防止するための
カバーがありますよね。
パイルやガーゼなど肌触りの良いものを選んで付けてやると
改善することがあります。

 

 実は車に乗る事又はお出かけ自体が嫌い

見落としがちですが、実はチャイルドシートに乗るのが嫌なのではなく、
車に乗って出かけること自体が嫌いというお子さんもいます。

友人の子供に車で予防接種を受けに行った翌日から
車に乗ることを拒否するようになってしまった子がいます。

これはお出かけは楽しいという事を
わかってもらうしかありませんね。

 

 もうチャイルドシートでは小さい

少し大きくなってきたお子さんだと、
チャイルドシートでは小さく、
ジュニアシートに変えてあげた方が良い場合もあります。

お子さんの年齢、身長や体重などが
ジュニアシートの適正にはまっているようであれば
ジュニアシートに変えることで乗るようになるケースもあります。

 

子供がチャイルドシートを嫌がる場合の対処法

上記のような項目を確認しても、
やはりチャイルドシートを嫌がる場合、どうしたら良いでしょうか?

シート

おもちゃをぶら下げたり、お気に入りのDVDをかけたり
好きな音楽を流したりという方法が一般的ですね。

しかし、殆どのお子さんはこれらの方法では
改善しないようです。

その場合は、無理にでも座ってもらうしかありません。

実際、私はそうしました。
泣こうが喚こうが乗せて発進します。
車内、しばらく大泣きされますが、
走行中は絶対にチャイルドシートから下ろしません。

たいていこれを数回繰り返しているうちに、
子供が慣れます。

 

逆に、ここで子供が泣くのに折れてチャイルドシートから
下ろしてしまうと
「泣けば下ろしてもらえる」と思いますから
余計に乗らなくなります。

親は絶対に折れない心が必要です。

ともかくチャイルドシートに乗らない限りは
出発できない、車は動かないという事を徹底しましょう。

 

私の友人は、チャイルドシートをカチッとはめることが
車を動かすためのスイッチになっている
と子供に教えていました。

「カチッとはめるまで車は動かないよ」
と断固として出発しませんでした。

これも良い方法ですね。

 

チャイルドシートに乗らないなら車には乗れないということで、
バスや地下鉄など、公共の交通機関を使うというのも方法です。

但し、これは男の子等、乗り物が好きな子は
逆に喜んでしまう可能性もあるので良し悪しという感じでしょうか。

でもチャイルドシートに乗らないのは命に関わりますから、
どうしても乗らないならばそうする他ないと思います。

当然面倒ですが、親御さんにとって一番大切な事は
子供の命を守る事なのです。

 

まとめ

泣いて暴れて嫌がるわが子の姿を見ていると
「可哀想」と思ってしまいますよね。

しかし、チャイルドシートに乗せずに万一事故にあったら
可哀想ではすみません。

可哀想と一度下ろしてしまうとそれが癖になり、
親はチャイルドシートに乗せるのにもっと苦労することになります。

なぜ、わが子がチャイルドシートを嫌がるのか、
考えられる原因をチェックし、それでも嫌がるならば泣かれても
乗ってもらうしかありません。

Sponsored by Google

コメントを残す