保育園での長時間保育 子供への影響は?

Sponsored by Google

お仕事を持つママは、子供を長時間保育園に預けなくてはなりません。
離れている間さみしいのは子供だけではなく、それはママも一緒ですよね。

保育園

でも、長時間保育が子供にどんな影響を与えてしまうのか、
気になってしまいますよね。
長時間保育が子供に与える影響についてお話したいと思います。

 

長時間保育、子供への影響は?

お仕事や家庭の事情で子供を長時間保育園に
預けなくてはならないのは仕方のないことです。

ただ子供たちが見えないところで我慢しているのも事実です。
保育園の先生に聞けば、よっぽどのことでもない限りは
「大丈夫ですよ~」「いい子にしてましたよ」
そう答えてくれることがほとんどです。

でも実際に延長保育でママのお迎えを待っている子供たちは、
お友達が帰っていくのを見送るたびに寂しい気持ちになったり、
泣きだしてしまったりしている子もいるようです。

 

そして一番気になるのが子供に与えてしまう影響です。
全ての子供に当てはまることではないのですが、
大人に対して悪態をついたり、物や人に当たる子供が
多くみられるようになっているのが現状のようです。

保育士の目から見て、愛情不足と感じてしまうような行動をとる子供も
少なくないようです。

そういうことから、勤務時間を短縮したり、
退職されるママも増えているようです。

 

子供にとって家族と一緒に過ごす時間って
とても大切なんですよね。

それでも事情があって
どうしても延長保育を利用しなくてはならないママもたくさんいます。

そんな時は、可能であればおじいちゃんおばあちゃんに協力してもらい、
通常保育後の数時間を祖父母の家で過ごせるようにするなど、
家族との時間を増やしてあげると、子供の気持ちも安定するようです。

孫

もうひとつ、長時間保育が子供に与える影響として、
子供の就寝時間が遅くなっているということです。

最近では残業などにより、お迎えが20時を過ぎるケースも増えているようで、
そこから帰宅し、子供の入浴を済ませて寝ると
22-23時になってしまうケースもあるようです。

子供の睡眠は体の成長だけではなく、
精神的な成長にも影響するといわれています。

 

お家でのケアやフォロー

長時間離れて過ごすママと子供にとって、
お家で過ごす時間はとっても重要です。

育児

ママもお仕事で疲れていることでしょう。
すぐにでも布団に入って寝たいくらいの気持ちだと思います。

でも子供もママのいない保育園でたくさん頑張ってきて、
疲れているのは一緒なんですよね。

子供もそれなりにストレスを抱えていますので
おうちでは子供が納得いくまでかまってあげてくださいね。

 

体を使って遊ぶ必要はありません。
一緒にお風呂に入ってお話するとか、
たくさん抱きしめてあげるとか、そんなことで良いんですよね。
子供が思いっきり甘えられる状況を作ってあげてください。

子供って、カンが鋭いからママが疲れたから休ませて~って
オーラを出していると甘えにくかったり、
逆に反抗してわがままを言ってしまったりしますよね。

なので、ママもとても疲れていて本当に大変だと思いますが、
笑顔で接してあげてくださいね(*^^*)

 

保育園も変わってきている!?

最近では長時間保育が子供に与える影響が問題視されていて、
延長制度を廃止する保育園もあるようです。

また、延長保育時に子供たちが過ごすお部屋を保育室とは別に作り、
キッチンがあったり、畳の部屋にするなどして、
アットホームなイメージにしたりする園もあるようです。

メリハリをつけることにより、延長保育の時間も
さみしがらずに過ごす子供も増えているそうです。

 

まとめ

お仕事をするままにとって、
長時間保育はやむを得ないことだと思います。

一緒に過ごす時間をより密に過ごすことで、
子供の不安を取り除くこともできるのではないでしょうか?

大切なのは、量より質だと言います。
もしどうしても子供と過ごす時間が短くなってしまうという時は、
短い時間の中でもたくさんの愛情を伝えてあげてくださいね。

Sponsored by Google

コメントを残す