子供がうつ伏せで寝たがる 注意するべきこととは?

Sponsored by Google

どんなに仰向けで寝かせても寝返りをうってうつぶせに…
子供ってうつぶせの方が寝やすいのでしょうか?

昼寝

でもうつぶせ寝って突然死の原因になったり、
なんだか心配になってしまいますよね。

それでも寝ているときくらいストレスを感じさせないように
好きな体勢で寝かせてあげたいですよね。
子供をうつぶせで寝かせる時に注意するべきことはなんでしょうか?

 

うつぶせ寝は直すべき?

赤ちゃんをうつぶせで寝かせると、
頭の形が良くなる、寝つきが良いなどの利点もあり、
一時はうつぶせ寝がブームになったこともあるようです。

しかし最近では突然死症候群の原因の一つとされるようになり、
国を挙げてあおむけ寝が薦められるようになりました。

まだ寝返りの出来ない赤ちゃんの場合は、
ママもずっと赤ちゃんを見ていることが出来ないので、
仰向けにしてあげる方が安全かもしれません。

 

でもそれも生後6カ月くらいまでの話です。

そもそもうつぶせに寝かせること自体が突然死を引きおこすわけではなく、
うつぶせに寝ていることで、まだ寝返りがうまく出来ない赤ちゃんが、
シーツやまくらで窒息してしまったりする可能性があることから、
仰向けで寝かせることが薦められているんですね。

なので、寝返りが上手にできるようになれば、
うつぶせ寝で寝かせることにそこまで危険はなくなるわけです。

寝相を直してあげるのは、自由に寝返りが打てるようになるころまで
良いのではないかと思います。

 

うつぶせで寝かせる時の注意点

うつぶせで気持ちよく寝ている赤ちゃんの寝相を仰向けに直そうとすると、
大泣きしてしまったり、目を覚ましてしまったりすることもあります。

ただ赤ちゃんをうつぶせで寝かせる場合、
寝返りがうまく出来るようになるまでは
絶対に目を離さないことです。

なぜならシーツやまくら代わりにしているタオルなどでも
窒息の可能性はあるからです。

 

赤ちゃんを寝かせる敷き布団は
固めのものにすると良いと思います。

万が一うつ伏せになってしまった時に、
柔らかい厚手の敷き布団の場合、顔が埋もれて
窒息の原因になってしまうこともあるからです。

また、小さいうちはなども必要ないと思います。
枕も思わぬ事故につながってしまうこともあります。

頭の形が気になるという場合には、
顔の向きを変えてあげるなどしてあげれば
頭の形が悪くなることもないと思います。

向き癖がある場合は、赤ちゃんは明るい方や
ママの方に向く習性を活かして、
頭の方向を変えるようにして寝かせてあげると良いですよ。

 

うつぶせ寝対策

赤ちゃんが寝返りを覚えたての頃は、
ママもなんだか安心して眠ることが出来ませんよね。

でもママにとっても、質の良い睡眠はとても大切です。
夜、ママが安心して眠れるようにするにはどうすればよいのでしょうか?

 

まず、寝返りを防止するためにできるのが、
赤ちゃんの両脇(腰のあたり)に
丸めたバスタオルなどを置いておくと良いですよ。

タオル

まだまだ寝返りが上手に出来ない赤ちゃんにとって、
バスタオルも大きな障害になります。

寝返り防止用のクッションなども売られていますが、
ほんの数カ月のためにお金をかけるのももったいないので、
バスタオルで十分だと思います。

寝返り防止ベルトなんていうものも売られていますが、
さすがにベルトで固定してしまうのは可哀想ですよね(^^;)

 

まとめ

赤ちゃんが寝返りするようになるというのは、成長の証です。

うつぶせ寝が直接的な突然死の原因になることはないので、
ちょっと目を離すときや夜寝る時に気をつけてあげれば、
そんなに危険があるものではないのではないでしょうか?

Sponsored by Google

コメントを残す