子供が頭ジラミをもらって来てしまった時の対処法

Sponsored by Google

幼稚園や保育園など子供が集団生活を始めると、
風邪のウイルスなど、色々な物を貰ってくることがありますよね。

幼稚園

それはある程度仕方のない事なのですが、
貰ってくるのはウイルスだけではありません。

ウイルス以外でもらってくると
非常に厄介なものの一つに頭ジラミがあります。

風邪などのように薬を飲んで治るものでもなく、
対処を怠ると家中の人にシラミがうつってしまう事も…

昨年うちの娘もシラミを頂いてきたのですが、
まさか今時シラミなんて普通にいるとは思っていなかったため
気づくのが遅くなり、娘はかなり頭がかゆそうでした。

娘の頭にシラミを見つけた時の恐怖と驚きは忘れられません。
一度シラミが発生してしまうと、完全に退治するのにも一苦労です。

正しい撃退方法を知らないと、お子さんの頭にどんどん卵を産み、
大変な事になってしまいますので、
万一頭シラミを貰って来てしまった時の対処法は覚えておきましょう!

 

頭ジラミってどんなもの?

まずは、頭ジラミというものがどんなものか、
知っておく必要がありますね。

後頭部

シラミはとても小さく、髪の毛に姿を隠していますので、
いたとしてもなかなか見つけられません。

そのため、一番発見しやすいのはだと思います。

卵は1mmにも満たないとても小さいものですが、
肉眼できちんと見えます。

主に髪の毛の根元の方にくっついていて、
一見するとフケのようにも見えます。

しかし、フケとは違い、手で払ったりしても取れません。

髪の毛にしっかりくっついているので、
爪を立てるなどしてそぎ取るようにしないと取れないのです。

こういったものが髪に複数付着していた場合、
どこかにシラミがいると疑ったほうが良いと思います。

 

卵からかえったシラミは2mm~3mmほどの大きさで灰色をしています。

髪の毛が無いと生きられないのですが、
髪から落ちたとしても数日生きている場合もあるので、
枕などに落ちたシラミが別の人の頭に移らないように注意が必要です。

シラミは1日に5-6個程度髪の毛に卵を産み付けます。

放置するととどんどんシラミが増えていくことになるので
早めの発見が大切ですね。

 

頭ジラミを撃退する方法

頭ジラミは60度以上の熱湯につけると死んでしまうそうです。

しかし、わが子の頭を60度の熱湯に浸すわけにはいきませんから、
熱湯で除去するのは不可能です。

シャンプーは洗剤なのだから、
普通によくシャンプーすれば死ぬんじゃない?と思う方も多いようですが、
普通のシャンプーでは残念ながら頭ジラミは駆除できません。

 

スミスリンシャンプーという頭ジラミ駆除用のシャンプーがありますので、
シャンプーで駆除したければそれを使いましょう。

これは2000円強で薬局でも売られています。

3日に1度、このスミスリンシャンプーで頭を洗う事で
シラミの成虫を駆除していき、10日ほどで完全に駆除が出来る事になっています。

 

スミスリンシャンプー以外ですと、
シラミ駆除専用のも使えます。
目が非常に細かい櫛で、卵や成虫を取り除きます。

シラミ駆除用の櫛は何種類か発売されていますが、
よく選ばないと、成虫は駆除できても小さな卵までは駆除できないものもあるので
注意してください。

私が使ったのは、「ライスガードコーム」という物です。

駆除のため、目が非常に詰まっているので、髪を梳くのは大変なのですが、
どんなに探しても見つからなかった成虫も挟まって取れます。
(かなり気持ち悪いです)

私はスミスリンシャンプーは使わずに、このライスガードコームだけで
3日ほどで完全に駆除できました。

早く確実に駆除したいのであれば、
スミスリンシャンプー+ライスガードコーム
で駆除するのが一番良いかもしれませんね。

 

頭ジラミを移さないようにするには

家族に一人、頭ジラミが発生してしまったら、
家族全員に移って行ってしまう可能性もあります。

基本的には髪の毛が無いと生きていけないのですが、
頭から落ちても2-3日は生きていますのでその間に別の人の頭に
移動しないよう注意が必要です。

まず、枕やシーツなどは毎日60度以上のお湯につけてから
洗濯
をするようにしましょう。

櫛や帽子、バスタオルなどは共用しない事も大切ですね。

また、子供同士は、頭を寄せ合って遊んだりしますので、
直接うつらないようにも注意が必要です。

自分の子供の頭にシラミを見つけた場合、
幼稚園でシラミが流行している可能性もあります。

念のため、園に報告した方が良いでしょう。

 

まとめ

頭ジラミはしつこく、なかなか駆除するのが難しいものです。
しかし、頭はとても痒くなり、子供にとっては不快です。

毎日数個も卵を産み付けられますので、
発見が遅れるとどんどんシラミが増えて行ってしまいます。

お子さんの髪にふけではない異物が付着している場合は
注意してみてあげましょう。

また、感染を防ぐため、頭に使う物は共用しないなどの
注意も忘れないでください

Sponsored by Google

コメントを残す