生えたての乳歯のケア方法とは?

Sponsored by Google

ちらりと見える小さな歯、
赤ちゃんの生えたての歯は、何とも可愛らしいですよね。

歯

しかし、親はかわいいとばかりも言っていられません。

歯が生えてきたら、授乳中に噛まれて痛いし、
歯磨きの事も考えなくてはいけませんから大変なのです。

特に歯磨きなど乳歯のケア
虫歯を防ぐためにも重要になってきます。

でも、生えたての歯ってとても小さいですし、
赤ちゃんは口をすすぐことも出来ませんから、
どうやって歯磨きなどのケアをしてあげたらよいのか
分からないという方も多いのではないでしょうか?

小さな歯でも大事な歯です。
赤ちゃんはまだ自分では何もできませんから、
お父さん、お母さんが乳歯のケアの方法を学び、
しっかり守ってあげましょう。

 

乳歯のケアが大切なワケ

乳歯はいずれ生え変わるため、
それほど念入りにケアする必要はないと
思ってしまっている方がいらっしゃいます。

乳歯

しかし、それは大きな間違いで、
乳歯のケアは非常に大切な事です。
ではどうしてどうせ生え変わる乳歯のケアをする必要があるのでしょうか?

 

永久歯は、乳歯が生えていた所に生えてきますよね。

そのため、乳歯が虫歯などでダメージを受け、
永久歯の準備が出来ていないうちに抜けてしまっていたりすると、
永久歯は正しい位置に生えてくることが出来なくなってしまう事があります。
そのため、歯並びが悪くなるなどの影響が出るのです。

また、お話することを覚えていく時期に
歯が悪かったりすると、正しい発音がしにくくなったりもします。

ですからいずれ生え変わると言っても、
乳歯は大切にしなくてはいけないのです。

 

生えたての乳歯のケア方法

では、どのように生えてきたばかりの乳歯を
ケアすれば良いでしょうか?

まず、歯が生えてきたのが見えてきたけど
しっかりと歯の全てが出てきていないくらいの頃は、
おっぱいの後などにぬれたガーゼで拭いてあげるのが良いと思います。

ガーゼ

そんな時期から?と思う方もいらっしゃるかもしれませんが、
おっぱいは意外と虫歯の原因になります。

それに、歯ブラシを始める前に、口の中に
何かを入れられる癖をつけておく事で
歯ブラシを嫌がる予防になる場合もあります。

その後、歯が出てきた頃から大人が歯ブラシで歯を磨いてあげましょう。
おっぱいの度に歯ブラシする必要は無いと思います。

朝、晩1日2回など、決まった時間に歯ブラシの習慣
つけるつもりでやってあげてください。

 

それ以外の時間にミルクを飲んだ場合などは
濡れたガーゼで拭いてあげましょう。

特に夜間授乳している場合、
授乳したまま寝てしまうのは虫歯のリスクを高めるそうですので、
赤ちゃんが寝ている所、可哀想にも思えますが、
ガーゼで拭いておく習慣をつけましょう。

 

乳歯が生えてきたら注意したいこと

乳歯が生えてくる頃は、
まだおっぱいを飲んでいる赤ちゃんが殆どです。

特に気を付けたいのは「添い乳」です。

寝たまま授乳、お母さんは楽ですよね、
私もよくやってしまいます。

しかし、赤ちゃんがおっぱいを口にくわえたまま
寝てしまう事が無いように注意してあげてください。

このままだと寝るなと思ったら早めに口からおっぱいを離すようにして
出来ればガーゼで口の中を拭いてあげると良いです。

 

それから、これは私の子供を担当してくれている歯科医から聞いたのですが、
食事中にお茶などの飲み物はあまり与えない方が良いそうです。

なぜなら、お茶などで流し込む癖がついてしまい、
唾液が十分に分泌されなくなってしまう事があるからです。

唾液は虫歯予防に一役買う大切な物です。

乳歯が生えてくるころには
離乳食を開始している赤ちゃんが多いと思います。

お食事の時、お茶も一緒に出す方が多いと思いますが、
あまり飲みすぎないように注意してあげてください。

 

まとめ

乳歯はいずれ生え変わります。

しかし、乳歯のケアを怠ると、
大切な永久歯の健康にも影響を及ぼしてしまいます。

当然まだ自分では歯磨きはできませんから、
大人がケアしてあげるしかありません。

おっぱいのあげ方や
離乳食の食べさせ方などにも注意が必要です。

大事な乳歯を守る為に、しっかりとケアしてあげてください。

Sponsored by Google

コメントを残す