卒乳と断乳の違いとは?【断乳の進め方】

Sponsored by Google

卒乳と聞くと、子供の意思でおっぱいをやめるというイメージですが、
断乳と聞くとなんとなく、親の判断でおっぱいをやめる、
そんなイメージがありませんか?

授乳

でも実際のところはどうなのでしょうか?
今回は卒乳と断乳の違いについてお伝えしたいと思います。
また、上手な断乳の進め方もご紹介します。

 

卒乳と断乳の違いって?

基本的には、日にちを決めて
その日を境にしっかりと授乳を断ってしまうことを断乳
少しずつ授乳回数や間隔を調整しながら、
自然に子供の方からおっぱいを欲しがらないようにしていき、
おっぱいをやめることを卒乳というようです。

でも最近では「断乳」という言い方は、
おっぱいを断るというあまり良いイメージを持たないことから、
どちらの場合も卒乳と言うようです。

 

授乳の大切さと断乳(卒乳)の時期

赤ちゃんが1歳前後になると、
卒乳を意識するようになるママが多いようです。

周りから「もうおっぱいやめたの?」などと聞かれたりしますよね。
そうすると大抵のママは早く卒乳しなきゃと、
卒乳に対する意識が高くなるようです。

 

でも、実はこの時期(1歳半頃まで)の授乳ってとても重要なんです。
授乳がママと赤ちゃんのきずなを一番深めてくれるのがこの時期なんですよ。

赤ちゃんはまだ脳が未熟で、脳に受けた刺激や情報などを
うまく処理することが出来ません。

赤ちゃん

そのため、赤ちゃんの心は不安も大きくなってしまいます。
その不安を解消できるのが授乳なんですよね。

授乳することで赤ちゃんは安心し、精神的にも安定します。
授乳を長く続けると甘えん坊になるという話を聞いたことがありますが、
そんなことはないようですよ。

1歳前におっぱいをやめた子に比べ、
1歳半ごろまでおっぱいを飲んでいた子の方が
将来的に自立心が強くなることが多いそうです。

なので、卒乳を(断乳)を始めるのであれば、1歳半過ぎがお勧めです。
ママの言っていることもなんとなくわかるようになってくるこの時期が、
ママ的にも卒乳を進めやすく、子供精神的負担にもなりにくいと言えると思います。

 

断乳の進め方

理想的なのは、ゆっくりと計画的に進める「卒乳」だと思います。

おっぱいを欲しがっても、
「またあとでね~」「おもちゃで遊んでからにしよう」
なるべくおっぱいから気をそらすようにしながら、
授乳間隔を開けていくようにするとうまくいくと思います。

2-3週間ほどかけてゆっくりと進めて行けば、
赤ちゃんもストレスなくおっぱいを卒業できるでしょう。

 

うちの子(長女現在4歳)の場合、この方法でゆっくり進めていくつもりが
4日程で卒乳することが出来ました。

実はうちの子の場合、2歳から卒乳を始めるという
少し遅めのスタートだったので早く卒乳できたんですね。

言葉が通じることもあり、進めるのも本当に楽でした。
今のところ卒乳が遅れたことにより、
歯並びや、精神的にも問題は見られません。

 

でも、妊娠やお仕事の復帰などの事情で、
すぐに断乳しなくてはならないという場合もありますよね。

断乳の条件として大事なのが、離乳食の進み具合だと思います。

離乳食

一日2-3回食に進み、それなりの量を食べられるようになっていれば、
断乳を始めても大丈夫だと思います。

出来れば断乳1週間前に「もう○○日でやめようね」と声をかけ、
決められた日に「おっぱいバイバイね」と最後の授乳をします。

後は昼間おっぱいを欲しがって泣いても、そこはママも我慢。
たくさん遊ばせて赤ちゃんがぐっすり眠れるようにしてあげるのがポイントです。

3日目頑張れば、大抵の子はおっぱいをあまり欲しがらなくなります。
1週間もすればおっぱいを欲しがることもなくなります。

でも、断乳中に赤ちゃんやママが体調を崩してしまった時には
無理に進めず、一旦中断してくださいね。

 

まとめ

初めはどんな子も大泣きします。
ママも赤ちゃんが泣く姿を見て、もらい泣きしてしまったり、
心が折れそうになったりするかもしれません。

それでもうまくサポートしながら、進めて行けば絶対に卒乳出来ます。
無事卒乳出来たときには沢山褒めてあげてください(*^^*)

また、卒乳後ママのおっぱいトラブルも少なくはありません。
搾乳やマッサージなどママのおっぱいのケアも忘れずにしてくださいね。

Sponsored by Google

コメントを残す