赤ちゃんのおむつかぶれ 効果的な塗り薬とは

Sponsored by Google

赤ちゃんのお肌は刺激に弱く、とても敏感です。

赤ちゃん

風邪で一日お風呂に入れなかっただけでおしりがかぶれてしまって、
真っ赤になってしまったり…

ひどくなるとおしっこのたびに泣いたり、
おしりが真っ赤になってしまったり、見ているのもつらいほどです。

そこで今回は赤ちゃんのおむつかぶれを悪化させないためにできる事、
効果的な塗り薬
についてお話したいと思います。

 

おむつかぶれの原因と対処法

乳児期の赤ちゃんはおっぱいやミルクを飲むたびに
おしっこやウンチをすると言っても良いほど、排泄の回数が多いですよね。
特に新生児期はほぼ飲んだ回数ウンチをする子も少なくはないくらい。

うんち

その都度おしりふきなどでおしりを拭くわけですから、
お肌に負担がかかってしまうのは仕方のないことです。

それに合わせて赤ちゃんの皮膚は薄く、とても敏感なため、
症状の度合いは違えど、ほとんどの赤ちゃんが
おむつかぶれを経験する
と言っても良いくらいだと思います。

 

おむつかぶれの症状として、汗疹のような湿疹が出るものから、
おしり全体が赤くなるものまで症状は様々です。

放っておくと炎症を起こし膿んでしまうこともあるので、
おむつかぶれかな?と思ったら早めに対処してあげることが重要です。

 

おしりふきを頻繁に使うことで摩擦などから肌に細かな傷がつき
それが原因でかぶれてしまうこともあります。

ウンチの回数が多い時には、さっと表面のウンチをやさしく取り、
そのあとはぬるま湯などで流すようにするとおむつかぶれになりにくいですよ。

そのほかにも、ウンチが出ているのに気づかず、
長時間そのままにしてしまう
のも原因の一つです。

 

また、汗をよくかく赤ちゃんのおむつの中は、ムレムレ。
元気に動き回れるようになってくると、おしりにかいた汗によって
おむつかぶれになってしまうこともあります。

夏の時期には、おしり周りに本当に少量のシッカロールなどを
はたいておくのも良いと思います。

夏の暑い時期や、ウンチの回数の多い新生児期には
こまめなおむつ替えとおしりを清潔に保つことが大切ですね。

 

おむつかぶれに効果的な塗り薬

まだ症状が軽いうちはお家でケアできることがほとんどですが、
悪化してしまうと、おしっこのたびに泣いたり、
血がにじんできてしまったりと赤ちゃんにとって
排泄がストレスになってしまい、ウンチをしたがらなくなってしまう子もいるほどです。
そうならないためにも早めのケアが必要になってきます。

 

一番は小児科でお薬をもらっておくことです。
初めての時に、かぶれたかな?と思った段階で
お医者さんでお薬をもらっておけば、いざという時すぐに処置できるので、
お薬を処方してもらうことをお勧めします。

小児科で処方されるのが、ステロイド外用薬です。
ママ的にはステロイドは使いたくない!と思ってしまうと思いますが、
症状を悪化させないためにも、医師の指示通りにお薬を使うことも重要だと思います。

弱いお薬でいつまでも症状が長引いてしまうよりも、
医師の診断通り、お薬をうまく使って早く治してあげる方が
良い場合もあります。

 

また、比較的軽症でお家で様子を見る場合には、
非ステロイドのお薬で市販されているポリベビーがお勧めです。

インフルエンザやウィルスなどが流行している時期など、
診察を避けたい時に薬局などで購入できるものがあると助かりますよね。

 

また予防を含めた初期段階の場合、
油分の含まれているワセリンなどがお勧めです。

ワセリンを塗っておくことで、
おしっこやうんちの刺激から赤ちゃんのおしりを守ってくれる効果があるので、
オムツかぶれの予防としても使うことが出来ます。

 

まとめ

赤ちゃんのお肌は本当に敏感で、
あっという間に症状が悪化してしまうことも少なくありません。

おむつかぶれにならないためには、常日頃からお肌を清潔にしてあげること、
摩擦などの刺激を減らしてあげるなどのケアが大切ですね(*^^*)

Sponsored by Google

コメントを残す